2017年7月26日 (水)

poco a poco の手袋とミトン

146poco_a_poco

 
最近、『poco a poco 』のキットの注文が続いたりオーダーを編んだりと、この作品を見る機会が多くありました。
すると「この色柄模様で、手袋とミトンを作ったらどんな作品ができるのだろう!」と、想像するだけでワクワク、ソワソワ♪
そして・・・、作ってみました。
『poco a poco 』の世界が凝縮されて、とっても可愛らしい手袋とミトンに♪
 
この手袋とミトンですが、訳あってまだキットにできていません・・・。
・・・訳とは・・・、撮影担当の大村(オット)がいろいろと取材に出たり執筆で忙しく、撮影をする時間が・・・・・(涙)
キットの準備ができたら、またこのブログでお知らせをいたしますね♪
 
しかし、フェアアイルの小物づくりは楽しいな~!
 

|

2017年7月17日 (月)

7月の“フェアアイル日和”終了

外の気温は35℃となる猛暑の2日間でしたが、
今年の前半最後の“フェアアイル日和”もたくさんの内容をレッスンして、
おしゃべりも笑顔もいっぱいで終了しました。

今回は特に、レッスンの内容をしっかりとまとめられてお越しになっていましたね。
次回の教室まで2か月間空くことになるので、
その間もスムーズに編み進められるよう、質問の内容や、次の工程に向けての準備をしっかりとしてお越しになっていました。

伺うと、ご主人様や、ご兄弟、ご両親などへ編まれている方が大変多くいらっしゃいました。
来る秋や冬にプレゼントできるようにと、真夏も頑張られるのですね!

となると、わたしもいつも以上に力が入ります!
ときには方眼用紙に編み図を描きながら、
ときには電卓を打って目数・段数をご一緒に計算しながら、
またときには編み針やとじ針を持って、編み方やとじかたの実演をしながら、
いろいろなご質問に答えていきました。
今回は、どんな内容のレッスンをしたかというと・・・・・。

ゲージをとるためのスワッチの編み方。
希望寸法に仕上げるためにゲージから目数・段数を計算して、その中に柄模様を入れ込んでいく方法。
Ⅴネックのゴム編みの目数の計算の仕方。
二目ゴム編み止めの仕方、そして美しい二目ゴム編み止めができるコツ。
ベストの脇から上の編み方。
セーターの肩の柄あわせの方法。
柄を組むときの基本的な考え方。
スティークの始末の仕方。

と、様々な内容でした。

さぁ、これで2か月間大丈夫ですか!
といっても、実際に編み進めていくと「聴いたはずなのに・・・?」ってなりますよね。
どうぞ、焦らずにじっくりとできる範囲で編み進めてくださいね。
そしてまた、9月に「?」の部分のレッスンをしていきましょう。

これから始まる猛暑の季節=「ウールの毛糸を見るのもいや~」という季節でもありますが、
心地のよい室温にしてフェアアイルをいっぱい楽しんでくださいね!
わたしもこの夏もたくさん編む予定です!

次回の9月の“フェアアイル日和”の日程の発表と予約開始は、8月1日のホームページ更新の時からになります。
9月からも、楽しくフェアアイルのレッスンをしていきましょう。
皆様のご参加、お待ちしております。

 

|

2017年7月12日 (水)

7月の“フェアアイル日和”

ウールの毛糸を持つ手も汗ばむこの頃。

知らない人が見ると、「真夏にセーターを編んる!?」と不思議な光景なのでしょうね。
でもそんな不思議なことをしているのは私だけではなく、
皆さまも「真夏のフェアアイルニッティング」を楽しまれているようですね♪
編んでいる様子をお知らせいただいたり、キットをご購入いただいたりと、暑い中でも熱心に進められていることが伝わってきます。
 
そうなんですよね、
来る秋や冬から着はじめたいなぁ、と思うと、夏に頑張らないといけないんですよね。
でも、外に出ても猛暑で暑いばかり・・・。
心地よい温度設定にエアコンを効かせて、お家の中での編み物が意外といいのかもしれませんね。
 
そして、今年の前半最後のフェアアイル教室“フェアアイル日和”が近くなってきました。
8月の教室はお休みなので、次回は9月になります。
その間の2ヵ月が困らないように、しっかりとレッスンをしていきましょうね。
 
ということでいつもながらご迷惑をおかけいたしますが、
岡山での教室のため明日の13日(木)~16日(日)の間のten old の業務はお休みとなります。
その間にいただきましたメール・ファックスの返信、また荷物の発送も17日(月)以降となります。
どうぞ、ご了承お願いいたします。
 
それでは!7月の“フェアアイル日和”にご参加の皆様!
会場をエアコンで涼しくして、皆様のお越しをお待ちしますね。
暑さに気を付けてお越しください。
そして、今年前半の締めくくりとして、楽しくフェアアイルのレッスンしていきましょう!
 

|

2017年7月 7日 (金)

七夕

今日は七夕。

七夕飾りをしたのは、もういつのころだろう。
折り紙を切って投網や吹き流しのようなもを作った記憶はあるものの、それはずいぶん小さな頃のこと。
もちろん、短冊に願い事を書くこともずいぶんとしていないな・・・。
 
いま短冊に願い事を書くとしたら、ふと考えてみる。
 
短冊を1枚もらったら、迷わず「福ちゃんの現在進行中の老後生活が穏やかでありますように」と書くなぁ。
 
もう1枚もらったら、「家族みんなが病気や怪我や事故もなく、穏やかに暮らせますように」と。
・・・神社に奉納する絵馬に書く文章みたい・・・。
 
欲張りに最後にもう1枚をもらったら、「ten old で楽しいことがたくさんできますように」かな。
 
・・・でもその願いをかなえるには、「今日1日、1日、やるべきことを誠実に実行していく」を心がける毎日だけれど、
大きな流れの計画を立てて、それに向かってしっかりと進んで行かなければ。
 
今年の計画、来年の計画、そして再来年の計画。
誰が準備をしてくれるわけでもなく、「楽しいことがたくさんできる」を叶えるのは、やっぱり自分次第。
今年も東京でワークショップをしよう!
次の個展に向けて、どんな新作をデザインしようかな。
Fair Isle BOOK vol.3は?
そして、ten old にとっては新たな試みも(じっくり、じっくりと進行中)
 
3枚目の短冊の願い事は、自分へのエールかな。
 
 

|

2017年7月 3日 (月)

9月の“フェアアイル日和”受付開始日

今年の5月6月はカラッとした気候の日が多くって過ごしやすいね~・・・
なんて言っていたら、急に34度の猛暑となった四国です。

そんな真夏の気温のなか、この数日夢中になって手袋とミトンを編んでいます。
「この作品を手袋にしたい!」
と急に思いつき、編み図を作って編み始めました。

思った通り、可愛い~♪

完成し撮影が終わったら、またホームページやこのブログにアップするので楽しみにしていてくださいね。

と、本題です。

9月のフェアアイル教室“フェアアイル日和”の受付開始日ですが、
8月1日のホームページ更新時からとなります。

(8月は猛暑の最中ということと、お盆などがあるため、教室はお休みにしています。)

猛暑の真夏は、ウールの毛糸なんてさわる気分にはならないもの。
でも9月の声を聴くと、この秋から何を編み始めようかと、急にそわそわとし始めますよね。
そんな編み物シーズンに突入する9月。
9月からもまたフェアアイルニッティングが楽しくなるよう、“フェアアイル日和”でしっかりとレッスンをしていきましょう!
皆様のご参加、お待ちしております。

ちなみに7月の教室も、16日(日曜日)にまだ少し空きがあります。
暑い8月も頑張ってフェアアイルを編むぞ~!という方、
レッスンのない8月に困らないよう7月の教室にご参加くださいね。

 

|

2017年7月 1日 (土)

『skiff 』新作フェアアイルベスト

167skiff

 
小さなボートのこと。
 
シェトランド諸島を訪れたあの夏、
港で少年たちは、
冷たい北の海をものともせず、
ヨットの操船の練習をしていました。
頬と指先を真っ赤にして。
 
そんな思い出を
「skiff 」の中に編み込みました。
 
女性も、男性も、素敵に着こなせる色柄模様です。
どうぞ、お楽しみください。

|

2017年6月19日 (月)

6月の“フェアアイル日和”終了!

温度計では初夏の気温でしたが、とっても爽やかな風が吹き抜ける、気持ちのいい土曜・日曜でした。
そして6月もたくさんの内容をレッスンをしながらの、楽しいフェアアイル日和となりました。

ご参加いただける皆様はいつも、とても一生懸命に説明を聞いていただき、わたしも頑張ってお伝えをしなければ!と励まされています。

わたしは編み方の説明をするとき、「次はこうしてください」と一言だけで済ますこと少ないかもしれません。
この工程でこの作業をするのはなぜか、そしてそのときに大切なポイントも一緒にお伝えをするようにしています。
それはまた、フェアアイルの構造の本質部分までも一緒に説明をしたりするので、初めて聞いた方は「?????」となる方も多いでしょうね。
でもずんずんと何枚も編み進めていくと、頭の片隅に引っかかっていた記憶や、ノートの片隅に残ったメモをみて、「あの時の説明は、こうゆうことだったのか!」と気づいていただけることがあります。
とってもうれしい瞬間です。

そして時に恐縮しながら「何度も聞いてすみません」とおっしゃいます。
何度も聞いていただいていいのです。
それも、うれしいのです。
一生懸命に考えて、編んで、フェアアイルを好きで、楽しんでいただけているからこそなのですから。

そんな皆様とご一緒に過ごせる“フェアアイル日和”は、とっても大切な時間です。

そうして6月のフェアアイル日和も終了しました。

次の7月の教室は、今年前半の最後となります。
8月の教室はお休みになるので、9月の教室まで2ヶ月空いてしまいます。
来る冬には着たい!とがんばって編み進めている皆さん
この2カ月の間お家での作業に困らないよう、7月の教室では分からないところはしっかりと訊いてくださいね。

7月は15日(土)は定員いっぱいになりましたが、16日(日)はまだ席があります。
皆さまのご参加お待ちしております。
そして、暑さを忘れてフェアアイルを楽しみましょう!

|

2017年6月13日 (火)

6月の“フェアアイル日和”

フェアアイルセーターを編んだり、キットの用意をしたり、いつものten old の仕事をしつつ、とうとう重いお尻を無理やりあげて実家の納戸の片づけをしています。

いつから出し入れをしていなかったのでしょう?
小さな頃はよく飾っていたお雛さんが入った箱、法事などで使う大量の座布団、夏ごしらえの時の葦の戸、使わない食器、昭和のレトロ家電、おじいちゃんの手帖に父や叔父叔母の通知表に教科書・・・・。
まぁー、思いもしないものも詰め込まれていて、出てくる出てくる・・・。

そんな中でも私にとって懐かしいものも。
学生時代に作った作品です。
アクセサリーの授業で頑張って製作した、フェルトの帽子。
フェルトの粗材に蒸気を含ませ、帽子の木型にあてて形を作っていく・・・
懐かしい・・・。
大きなシャポーケースを開けて、帽子を見た途端、いろいろな光景がよみがえってきました。
大好きな授業で、この帽子もけっこう頑張って作ったなぁ・・・。
洋裁、ニット、帽子、革のバック、アートフラワー、染色・・・、学生時代はすべての授業が面白く、新しいテクニックを学べる喜びでいっぱいでした。

今はフェアアイルを皆様にお伝えする立場。
“フェアアイル日和”にご参加いただける皆様も、あの頃の私と同じように、新しい世界を知る喜びを感じるお手伝いができていれば、心よりうれしいことです。

さあ、6月のフェアアイル教室“フェアアイル日和”が今週末と近づいてきました。
また、フェアアイルを編んで楽しくレッスンをしていきましょうね。

そしていつもながらご迷惑をおかけいたしますが、岡山での教室のため16日(金)~18日(日)の間のten old の業務はお休みとなります。
その間にいただきましたメール・ファックスの返信、商品の発送などは、19日(月)以降となります。

どうぞ、ご了承お願いいたします。

それでは!会場のルヴィオで皆様のお越しをお待ちいたしております。

|

2017年6月 2日 (金)

7月の“フェアアイル日和”受付がはじまりました。

気がつけば、もう7月の“フェアアイル日和”の受付開始となりました。

7月の教室は、1年の折り返し地点のような月となります。
早いものですね・・・、月日が経つのは・・・。
この言葉、何度も言ってますね。
カレンダーをあまり見ずに暮らしているので、ふと今日が何月何日と明確に意識したとき「えっ!もうそんな頃!」と驚いてしまいます。
 
8月のフェアアイル教室はお休みとなります。
ということは、7月の教室のあとは9月となるので、2か月の間が空きます。
来る冬の完成を目標にされている方は、ほんとうに暑くなる真夏が来る前に、レッスンをしながら頑張って編み進めておきましょうね。 
 
8月の“フェアアイル日和”のお休みまで、残り6月と7月の2回のみとなりました。
皆様のご参加お待ちしております。  
 

|

2017年6月 1日 (木)

『トロールの森』新作フェアアイル

162_2

 
 
「トロール(Toroll)」ってなにか、ご存知ですか?
それは、北欧の「妖精」。
 
トロールが棲んでいそうな、
深くて謎めいた森の雰囲気を、
フェアアイルのなかに表現してみました。
 
色数も、模様の種類も多く、編み応えのある作品です。
この冬の新たな装いとして、いかがでしょうか。
 
そうそう、
「ムーミン」の原本での名前は、
「ムーミン トロール」。
 
あんなかわいらしいトロールが棲む森だったら、
訪ねてみたいものですね。  
 
 
※この『トロールの森』のフェアアイルセーターは現品もあります。

|

«shawl - special