2020年7月13日 (月)

日々創作

2020_20200713103701

この一ヶ月、この小さな窓の前で、創作活動。

晴れて琴弾山がピカピカに見える日もあったり、しとしと雨の日、打ち付けるような豪雨のときも。

河原で鵜が羽を広げ乾かしていたり、目の端で空から川へ向かって影が走った!とみると、ミサゴが魚を取っていたり。

ちょくちょく川向うの道で、パトカーにつかまって違反切符を切られているシーンを見たり、追いかけられたりと、ドラマチック。。(?)

決して順調とは言えないデザイン出し。

考えてみれば、快調にデザインがでたことってほとんどなかったなぁ~と思いだし、、、わたしは(いまさら)むいていないのかも~とブルーにもなったり。。。

そんなこんな余計なことを思いつつ、じくじく考える。

そして、編んで、編んで、編む。

今日の夕方には、いいカタチになっているといいなぁ~と願いつつ。

 

 

 

|

2020年7月 7日 (火)

ホームページの『doll』のお部屋♪

Imgp1646

 

ten old のホームページ「Fair Isle Collection」の、「doll」のお部屋に入ると、楽しいことになっています。

ご覧ください♪

 

 

|

2020年7月 3日 (金)

シェトランドの写真

202007top1imgp1737s2

 

ten old ホームページのトップ画像と、そこから入っていった「編み人の部屋」のトップ画像、毎月1日の更新時に変わっているのお気づきですか♪

ラーウィックの街や港、アンスト島の海岸、野鳥と羊の島ノス島、そして、かわいい羊たち♪などなど。

すべて、昨年シェトランド諸島へ旅した時に、撮ってきた写真です。
もちろん、オット大村の作品。

やっぱりプロカメラマン、(目の前で言いたくないですけど)素敵な写真がいっぱい。

見ていると、島の風と、匂いと、流れる時間が、感覚として呼びおこされるよう。

また来月、新しい写真に代わります。
お楽しみください♪

 

202007top2imgp1902s2

 

 

 

|

2020年7月 1日 (水)

“ハナユキの森 のショール”新作フェアアイル

Nosh17781imgp1413s

 

― ハナユキの森 のショール ―

「ハナユキ」シリーズの三作目♪
ハナユキを森であそばせてみました。

冷たいけれど優しいそよ風にはこばれて、ハナユキが木立のあいだを舞いおります。
ひらひらふわふわと……


ピンク色の雪の結晶模様をそとにしてうちあわせましょうか、
それとも小さな雪と木立を?
羽織り方で、華やかな装いにもシックにもなるショールができあがりました。

ハナユキのショール』とも、
ハナユキのネックウォーマー』とも異なる表情の作品になっています。

 


 

|

2020年6月28日 (日)

梅雨の晴れ間

2020_20200628104301

デザインを考えるとき、床に「だぁーっ!」と毛糸を一面広げます。

「だぁーっ!」ってやると、色のおもしろい発見があります。

「この色・・、じっくり見るときれいだったんだなぁ~」

「そのあたりの転がった毛糸たち、色のかさなりがおもしろい・・」

なんてぶつぶつ言いながら、イメージがつかめるまで、ペタッと座って床に広げた色を見つづけます。

まる一日、こんなことをしている日も。

ふと光を感じ、窓を見上げたら、青空でした。

貴重な梅雨の晴れ間。

草ぬきでもしましょう。

 

 

 

|

2020年6月23日 (火)

紫雲出山からの景色

2020_20200623120301

今日も朝から、青空が見える良いお天気。

オットが「雑誌でワンカットいるから、紫雲出山に撮影に行くけど一緒に行く?」と。

家から車で30分で山頂につくけれど、近いと案外行かないものですね。

ということで、久しぶりに行ってみることに。

山頂に着くと、瀬戸内らしい景色と空気感。

島々がポコポコと点在し、晴天なのにもやっと白ずんでいます。

この霞んだ景色が、春夏の瀬戸内。

小さな漁船が幾隻か細い白波を引きながら行交い、遠くにタンカーがゆっくりと通っていきます。

ふと思い立って、いつもはいかない展望台へ。

その展望台からは、わたしたちが住む観音寺方面が見渡せました。

手前に見えるのは、この紫雲出山を下りたところにある小さな小さな港町。

その向こうの切れ込んだところが仁尾町。

横長の馬の背のような七宝山の奥が、観音寺。

「こんなところに、わたしは住んでいるのだな・・」

さぁ、家に帰って仕事をしなきゃ。

でも、また来よう。

 

 

|

2020年6月22日 (月)

6月の“フェアアイル日和”終了

“フェアアイル日和”を開催したこの土日は、空気も澄みカラッと良いお天気になりました。
前日までの数日、降り続いた雨。
強い雨の日もあったので、清々しいとっても気持ちがよい2日間となりました。

そして、久しぶりの、いつものフェアアイル教室。

編み込みの基本、フェアアイルの独特のテクニック、そして希望寸法の目数に柄模様をどのように入れ込むか、などなどたくさんの質問をいただきながら、いろんな内容のレッスンをしていきました。

もちろん、楽しいおしゃべりもしながら♪

お越しになった皆さまもリラックスをして楽しまれていたので、それが何よりと、ほんとうにうれしかったです。
そしてわたしは、やっぱり大きなパワーをいただきました。

フェアアイルって楽しい、もっと上手に編めるようになりたい、
そんなキラキラとした皆様の隣にいると、わたしも元気にならないはずはありませんよね。

がんばるぞー!と。

7月の教室は、今年前半最後になります。
8月はお休みになるので、次は9月ですね。

教室がお休みの間の2か月間が困らないように、計画立てて進めていきましょうね。

そしてもちろん、フェアアイルのビギナーさんもぜひご参加ください。

それではまた、“フェアアイル日和”でお会いいたしましょう!

 

 

|

2020年6月18日 (木)

6月の“フェアアイル日和”です。

この数カ月の間の“フェアアイル日和”は、お休みにしたり、少人数で時間を短縮したりと、
国の指針に基づき、教室を開催している岡山を含め近県の状況も把握し、と・・・でもどうしたものかといろいろと悩みました。

わたしが住む香川県、四国、そして岡山と、この2カ月近く感染者もなく落ち着いてはいるのですが、今まで通りにはいかなくなってしまった社会環境。
そのことは十分わかっているものの、でも少しづつ、ゆっくりと、前の楽しみをとり戻していってもいいのかと。

そして、6月のフェアアイル教室の日がこの土曜日、日曜日と、近づいてきました。

遠くの方は、まだお越しになりにくいと感じることもあるでしょう。今回は少人数での開催。

ですが、レッスンをしながら、フェアアイルを楽しみましょうね。

もちろん!しっかりと感染防止の対策をいたします。
除菌をし、換気をして、会場を整えて、皆さまのお越しをお待ちしております。
お会いできるのが楽しみです♪

 

|

2020年6月17日 (水)

梅が~!

20206

 

ある朝、「うん?」このニョ~とでている緑のものはなんだ?と思っていたら、

日に日に目に見えて伸びていくのです。

えっ、これから茶色くなって枝になるの?!

しかし、毎日伸びるんです。。。

どうしたものか。

盆栽について聞く人もいないので、調べるしかない。

なににしろ、植物って、すごい!

そして、おもしろい!

 

 

|

2020年6月16日 (火)

6月16日の製作ひとりごと。

小雀たちはいつの間にか巣立ち、親戚のように見守ってきたわたしたちは寂しく・・・。
でも!となりの家はよほどの優良物件らしく、もしかすると2Fに、もう一家族が入居するかも!という期待♪
・・・・・雀のはなしは置いといて。

どうにかデザインがまとまって、よかった、よかった・・・・・、のか。

考え出すとキリがなく「そもそも、この色がよくないのでは?」とちがう色の組み合わせで編み、
すると「そもそも、そもそものところ、最初の軸に考えた色がよくなかったのか?」と。

そもそも、そもそもと、頭の中が「そもそも」だらけになってぐるぐるとまわり、音楽でいうところのワンフレーズを、色を変えて10数パターンを編み・・・。
ようやく、これかなというものが見つかった。
少し、気持ちが楽に。

でもいつものことだけれど、新作デザインに自分自身が見馴れていなくって、「ホントウにこれでいいの~」とへんに考え出す。

このクセ、やめたい。

 

 

|

«製作ひとりごと