2017年6月19日 (月)

6月の“フェアアイル日和”終了!

温度計では初夏の気温でしたが、とっても爽やかな風が吹き抜ける、気持ちのいい土曜・日曜でした。
そして6月もたくさんの内容をレッスンをしながらの、楽しいフェアアイル日和となりました。

ご参加いただける皆様はいつも、とても一生懸命に説明を聞いていただき、わたしも頑張ってお伝えをしなければ!と励まされています。

わたしは編み方の説明をするとき、「次はこうしてください」と一言だけで済ますこと少ないかもしれません。
この工程でこの作業をするのはなぜか、そしてそのときに大切なポイントも一緒にお伝えをするようにしています。
それはまた、フェアアイルの構造の本質部分までも一緒に説明をしたりするので、初めて聞いた方は「?????」となる方も多いでしょうね。
でもずんずんと何枚も編み進めていくと、頭の片隅に引っかかっていた記憶や、ノートの片隅に残ったメモをみて、「あの時の説明は、こうゆうことだったのか!」と気づいていただけることがあります。
とってもうれしい瞬間です。

そして時に恐縮しながら「何度も聞いてすみません」とおっしゃいます。
何度も聞いていただいていいのです。
それも、うれしいのです。
一生懸命に考えて、編んで、フェアアイルを好きで、楽しんでいただけているからこそなのですから。

そんな皆様とご一緒に過ごせる“フェアアイル日和”は、とっても大切な時間です。

そうして6月のフェアアイル日和も終了しました。

次の7月の教室は、今年前半の最後となります。
8月の教室はお休みになるので、9月の教室まで2ヶ月空いてしまいます。
来る冬には着たい!とがんばって編み進めている皆さん
この2カ月の間お家での作業に困らないよう、7月の教室では分からないところはしっかりと訊いてくださいね。

7月は15日(土)は定員いっぱいになりましたが、16日(日)はまだ席があります。
皆さまのご参加お待ちしております。
そして、暑さを忘れてフェアアイルを楽しみましょう!

|

2017年6月13日 (火)

6月の“フェアアイル日和”

フェアアイルセーターを編んだり、キットの用意をしたり、いつものten old の仕事をしつつ、とうとう重いお尻を無理やりあげて実家の納戸の片づけをしています。

いつから出し入れをしていなかったのでしょう?
小さな頃はよく飾っていたお雛さんが入った箱、法事などで使う大量の座布団、夏ごしらえの時の葦の戸、使わない食器、昭和のレトロ家電、おじいちゃんの手帖に父や叔父叔母の通知表に教科書・・・・。
まぁー、思いもしないものも詰め込まれていて、出てくる出てくる・・・。

そんな中でも私にとって懐かしいものも。
学生時代に作った作品です。
アクセサリーの授業で頑張って製作した、フェルトの帽子。
フェルトの粗材に蒸気を含ませ、帽子の木型にあてて形を作っていく・・・
懐かしい・・・。
大きなシャポーケースを開けて、帽子を見た途端、いろいろな光景がよみがえってきました。
大好きな授業で、この帽子もけっこう頑張って作ったなぁ・・・。
洋裁、ニット、帽子、革のバック、アートフラワー、染色・・・、学生時代はすべての授業が面白く、新しいテクニックを学べる喜びでいっぱいでした。

今はフェアアイルを皆様にお伝えする立場。
“フェアアイル日和”にご参加いただける皆様も、あの頃の私と同じように、新しい世界を知る喜びを感じるお手伝いができていれば、心よりうれしいことです。

さあ、6月のフェアアイル教室“フェアアイル日和”が今週末と近づいてきました。
また、フェアアイルを編んで楽しくレッスンをしていきましょうね。

そしていつもながらご迷惑をおかけいたしますが、岡山での教室のため16日(金)~18日(日)の間のten old の業務はお休みとなります。
その間にいただきましたメール・ファックスの返信、商品の発送などは、19日(月)以降となります。

どうぞ、ご了承お願いいたします。

それでは!会場のルヴィオで皆様のお越しをお待ちいたしております。

|

2017年6月 2日 (金)

7月の“フェアアイル日和”受付がはじまりました。

気がつけば、もう7月の“フェアアイル日和”の受付開始となりました。

7月の教室は、1年の折り返し地点のような月となります。
早いものですね・・・、月日が経つのは・・・。
この言葉、何度も言ってますね。
カレンダーをあまり見ずに暮らしているので、ふと今日が何月何日と明確に意識したとき「えっ!もうそんな頃!」と驚いてしまいます。
 
8月のフェアアイル教室はお休みとなります。
ということは、7月の教室のあとは9月となるので、2か月の間が空きます。
来る冬の完成を目標にされている方は、ほんとうに暑くなる真夏が来る前に、レッスンをしながら頑張って編み進めておきましょうね。 
 
8月の“フェアアイル日和”のお休みまで、残り6月と7月の2回のみとなりました。
皆様のご参加お待ちしております。  
 

|

2017年6月 1日 (木)

『トロールの森』新作フェアアイル

162_2

 
 
「トロール(Toroll)」ってなにか、ご存知ですか?
それは、北欧の「妖精」。
 
トロールが棲んでいそうな、
深くて謎めいた森の雰囲気を、
フェアアイルのなかに表現してみました。
 
色数も、模様の種類も多く、編み応えのある作品です。
この冬の新たな装いとして、いかがでしょうか。
 
そうそう、
「ムーミン」の原本での名前は、
「ムーミン トロール」。
 
あんなかわいらしいトロールが棲む森だったら、
訪ねてみたいものですね。  
 
 
※この『トロールの森』のフェアアイルセーターは現品もあります。

|

2017年5月27日 (土)

shawl - special

2017_shawlspecial_2

2017 フェアアイルセーター展のときに岡山・東京と会場で編んでいたショール、

お越しいただいた皆様、覚えていますか?

それ、完成しました!

少し前に出来上がっていたものの写真撮影ができていなく、

ようやく皆様に完成品をみていただけます。

ten old の五つの作品の柄模様を組み合わせた、スペシャルなショールです。

何と何となに・・・の作品が編み込まれているか分かりますか♪

キットにはできないショールですが、この写真でお楽しみください。

|

2017年5月22日 (月)

5月の“フェアアイル日和”終了!

日差しは、夏のものとなってきました。
でも!
“フェアアイル日和”では、色とりどりのウールの毛糸で、楽しく編んでいます♪

この土曜・日曜と開催した教室では、ご主人様のフェアアイルを編み始める準備をされる方が多かったですね。
奥様がフェアアイルを編んでいるのを隣でみていると、だんだんと欲しくなられたご様子。
男性は女性よりも体が大きいので、編む分量もたくさんです。
「もう、大きいのを編むのは大変」とおっしゃりながらも、どこかうれしそうに取りかかられていました。
家族が愛用してくれるフェアアイルを作るって、とっても幸せな光景ですね♪
しっかりとお手伝いをいたしますので、がんばって編みあげましょうね!

さて今回は、どのようなことをレッスンしたのでしょう・・・思い出してみると。

希望寸法の身幅の目数に、柄をきれいに入れる方法。
そして、着丈の段数に、柄をきれいに入れる方法も。
ショールのゴム編みの目数の割り出し方。
スワッチの編み方。
フェアアイルの手袋の指の編み方と、大切なポイントについて。
ボタンホールについて。
スティークの始末の仕方と、コツ。
教材キットで『ハナエミのバック』を編み始められた方。
ポケットを作る場合についても、いろいろとお話をしましたね。

いろいろな疑問を解決しつつ、楽しくフェアアイルを編み進めてくださいね。

それではまた、6月のフェアアイル教室“フェアアイル日和”でもしっかりと、楽しくレッスンをしていきましょう。

|

2017年5月17日 (水)

5月の“フェアアイル日和”

最近、「Akimama」で掲載した福ちゃんの若かりし頃のカヌー姿をあらためて見て、やっぱり時は過ぎているのだなぁ・・・年老いた福ちゃんを見てしみじみとしたり・・・。
と、寂しく思うばかりでなく、意外と楽しかったことをたくさん思い出し、「福ちゃん!あんたはすごかったよね!」と顔をぐりぐり~ぐりぐりと撫でまわしたりして。

そして今編んでいるフェアアイルをふと見てみると、ここにも写真のように時間が詰まっているのだなぁ・・・と。
編み終わってからもその色柄模様を見ていると、何でもない記憶の一辺がフワッと思い出してきたりすることがあります。
「・・・このハートの連続模様を編んでいるときに、雨が降り出してきたんだ・・・」
おもしろいものです。
時間もいっしょに編み込んでいく手編みって、ほんとうにいいものですね。

そして5月のフェアアイル教室“フェアアイル日和”が近づいてきました!

たくさんの色で柄模様を編み込んでいくのに夢中で、いま楽しく編み進められている方。
ちょっと難しいところに差しかかっていて、ここで一段階ステップアップをしなくてはいけない方。
皆様、様々ですよね。

でも、そのようにいろいろな状況の方が集まってレッスンをしていると、
「もう少し編み進むとこんなところを気を付けなくてはいけないんだ」、
「前に編んだけど、こうやって編むのね・・・すっかり忘れてた」なんてことも。
言葉は無くても、知らず知らずのうちに励まされていたり、勇気をもらったりすることもあるのでは。

さぁ、5月の“フェアアイル日和”でも楽しく編んで、しっかりとレッスンをしていきましょう♪

そしていつもながらご迷惑をおかけいたしますが、今週末の岡山での教室のため19日(金)~20日(日)までのten old の業務はお休みとなります。
その間にいただきましたメール・ファックスの返信、発送等は、21日(月)以降となります。

どうぞその旨、ご了承お願いいたします。

それでは、皆様のお越しを会場でお待ちしております!

|

2017年5月11日 (木)

『Akimama』後編!

Akimama』に、カヌー犬福ちゃんのカヌーインプレッションの後編記事が掲載されています。

オット大村は、ten oldのフェアアイル作品の写真全てを撮っています。
でも、もう一つの本業は、カメラマンとライター。
その本業の掲載先の一つとして記事を書いているのが、アウトドア―カルチャーのニュースサイト『Akimama』。
今回は、我が家の愛犬福ちゃんを登場させるとあって、張り切って楽しい記事にしました。
ぜひ、ご覧ください♪

|

2017年5月 9日 (火)

『Anne』制作中

147anne

 
ただいま『Anne』を制作中。
 
色使い?柄の構成?なんでだろう、なんだか楽しいなぁ~♪
 
『Anne』は、最初のオリジナルを編んでから、これで2枚目。
2015年の個展で発表した作品なので、約2年ぶりに編むのかな。
 
『Anne』のゴム編みは、フェアアイル本体の色柄模様の甘い雰囲気とのバランスをとるため、濃いグリーンなどで編むことにしました。
なので、制作中のゴム編みがない『Anne』を見るのが久しぶりで、何とも新鮮な気分。
「かわいいなぁ~♪」なんて。
 
しかし難しい・・・、地色が薄いベージュ色のときは・・・。
色と光の関係性で、一目一目がよく見えて、編目の少しの荒が目に付いてしまう・・・。
気を引き締めて編まなくては!
 
と言いながら、今はもうお袖を制作中。
あと少しで本体が完成してしまう・・・。
味わいつつ、楽しみましょう♪

|

2017年5月 6日 (土)

福ちゃん「Akimama」に!

Dscf3538ss_2

 
知る人は知っている我が家の愛犬福ちゃんが、
アウトドア―カルチャーのニュースサイト「Akimama」に出ています。
 
カメラマン・ライターの親ばか福父が、
ワンコ目線でカヌー&カヤックのインプレッションをまとめた記事です。
でも、ここぞとばかりに福ちゃんの写真がいっぱい。
 
8月で16歳になる福ちゃん。
今はカヌー犬は卒業して、まったり生活。
しかし膨大な枚数の写真を見返すと、あんたはすごかった!
 
「Akimama」の“ワンコとカヌー”の記事は前編・後編となります。
後編も近々掲載です。
ぜひ!ご覧ください♪

|

«フェアアイルの洗濯♪