« おばあちゃんの恩返し | トップページ | 鍋つかみ »

2007年4月25日 (水)

まあるいパン

Photo_33

今日は朝食用のパンを作る日です。

仕事が忙しいときは無理をせずお休みをするのですが、朝食のパンはできるだけわが家で作ったものをと思っています。

一度にたくさん作って冷凍です。

まずは朝起きてすぐに、イーストを発酵させスターター作りです。

少量の小麦粉とイースト、砂糖と水を混ぜ合わせ、一時間ほどをかけて発酵させます。

その間に朝食や朝のことを済ませます。

もったりとした感じになっていればスターターも出来上がり、さあ次は手こねの作業です。

わたしはいつも500グラムの粉で生地をこねます。

それを2回、合計1キロの粉を使い40個の“まあるいパン”を作ります。

500グラムの粉で作る生地というのは、なんとも迫力がある生地となり、体重を充分にかけて力いっぱいこねなければ、きれいな生地になってくれません。

そして500グラムの生地をこねあげるのに約20分、それを2回戦するので40分間こねることとなります。

大変疲れる作業ですが、おいしいパンを作るためです。渾身の力を込めて作ります。

でも、美味しいパンを作るためにと頑張るのですが、一つ困ったことがあるのです。

40分間パンをこね終わって鏡を見ると、腕の筋肉がパンプアップしているのです。太い腕がさらに太く・・・

その姿はまるで、映画『ロッキー』の撮影に入る直前にスタローンが筋肉をパンプアップさせ、鏡に映る自分を眺めながら「オレ、かっこいい・・」とつぶやいている(想像ですが)・・・、そんな感じになってしまっているのです。

手作りパンのためとはいえ、なんとも複雑な心境です。

でもものは考えようです。

週に1~2回ほど通っている水泳で、このパンこね筋トレが生き、パワフルなクロールができることでしょう。

そしてわが家の家族に一言、私の太い腕と引き換えに出来上がった“まあるいパン”、美味しく召し上がれ!

|

« おばあちゃんの恩返し | トップページ | 鍋つかみ »