« ume juice | トップページ | oil sardine »

2007年5月28日 (月)

わたしのおうち

1_13

ある日のことです。

家の外に置いてあるバケツの中を覗くと、かえるがいました。

そのバケツで水を汲みたかったので、― 日陰の涼しいところで、休んでいるところをごめんね ―と言いつつ、バケツからかえるをつかんで、小さな鉢に植えてあるグリーンネックレス(多肉植物)の上に置きました。

すると、グリーンネックレスのとなりにあるバラの幹から、もう一匹のかえるが急いで飛び降りてきました。

しばらくの間、2匹のかえるが見つめ合っています。

なんだか2匹の話し合いがまとまったのか、バケツの中にいたかえるが跳ねてどこか行ってしまいました。

すると、バラの幹から降りてきたかえるが、グリーンネックレスの上へ飛び移り、いそいそと緑の中へ収まり、清ました顔をしています。

なんてかわいらしい光景なのでしょう。

グリーンネックレスの粒と、色も、存在も、同化しています。

2匹のかえるが顔を合わせていたとき、「ここは、私のおうちなの」と言っていたのかもしれません。

あとで、かえるがお出かけをしている間にグリーンネックレスを覗いてみると、きれいな真ん丸い空間がありました。

固まった土の様子からみて、長くからの住人なのでしょう。

かわいい、小さなお隣さん、楽しい気分でいっぱいです。

2_14
「そこ、わたしのおうちなの・・・」「ボクの体は大きいから、君の家には入れそうにないよ」

3_6
「あー、よかった!話のわかるひと?で」

4_3
「わたしのおうち、素敵でしょ!」

|

« ume juice | トップページ | oil sardine »