« ガタパウトチェア―とウクレレとウエットスーツ | トップページ | レター »

2007年8月15日 (水)

Glass

Photo_4

グラスを2つ、買いました。

ふと立ち寄ったギャラリーで、倉敷芸術科学大学の学生さんの作品展が行われていました。

ガラスを勉強されている方3名と、染色を勉強している方1名との、4人展の個展でした。

4人それぞれの個性を出し合い、素晴らしい作品が並んでいます。

倉敷といえば“倉敷ガラス”が有名ですが、彼らもこれから大きく羽ばたこうとしている、希望あふれる若き作家たちなのでしょう。

そんな作品の中で、なんだか心が吸い付くように離れないグラスがありました。

しっとりとした、柔らかくもさえ感じるガラスの質感が、心を和ませてくれているかのようでした。

手のひらにこのグラスを包み込めば、溶けてなくなりそう・・・、そんなことを思わせるグラスです。

そしてなんといっても、“隙”があるところも気に入りました。

研ぎ澄まされた緊張感はなく、ただ柔和にそこにあるのです。

さあ、楽しみが一つ増えました。このグラスをどのように使いましょう。

コップとしてだけでなく、グリーンを活けても涼やかで、可愛くなりそうです。

それに夏の夕食の、小鉢にしてもよさそうですね。

でもこのグラスで一番やりたいことは・・・

このグラスで“モヒート”を作りたいのです。

ラムベースのカクテルなのですが、モヒートに欠かせないミントとライムがこのグラスの中で、きっと美しく映えることでしょう。

|

« ガタパウトチェア―とウクレレとウエットスーツ | トップページ | レター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ガタパウトチェア―とウクレレとウエットスーツ | トップページ | レター »