« ぶどうと器 | トップページ | 大洲和紙 »

2007年9月27日 (木)

MAHAROとTOPIV

1

“MAHARO & TOPIV 2人展”に、行ってきました。

高知市内にある、トピブさんのショップで開催していました。

トピブは、古代ビーズを使ったオリジナルのアクセサリーを製作する作家さん。

マハロは、そのトピブさんのお兄さんで栃木県の益子でショップを持ち、手縫いで革物を製作している作家さんです。

つまり、“兄弟展”ということになります。

マハロさんとは初対面、トピブさんとは久しぶりにお会いしたのですが、物つくりをされている方とお話ができるって、楽しいですね。

3人それぞれ作るジャンルが違うことで、新しい世界も知り、そして苦労もわかり、いっぱいお話ができてすっきりしました!

物作りというものは、一人でコツコツと作業をしていくので、ふと孤独を感じたり、煮詰まったりと、気持ちをベストな状態に保つのに苦労をします。

そんな時にこのような作家さんたちとお話ができると、“わたしも頑張らないと!”と元気が湧いてきます。

トピブのショップ内は、平常よりアクセサリー作りの工房も兼ねているのですが、この2人展の間はマハロさんの即席工房も作られていました。

目の前で物が作られていく様子って、なんて楽しんでしょう。

お話をしながらでも、手は革を縫っています。

そんな様子を眺めていると、小さな頃、母が洋裁をしているのを、あきずに延々と眺めていたのを思い出しました。

どんどんと形になっていく様子は、まるで魔法を見るようでした。

でも何より、わたしはその物を造る手を見ていたように思います。

物つくりが上手な人の手の動きには、無駄がありません。

すばやく、美しく、そして音も立てず・・・。

本当に楽しい1日でした。

トピブさんの新作の、アンティークビーズの腰ベルトのアクセサリーも素敵でしたし、マハロさんの作品もたくさん見ることができました。

お二人の作品はどれも、工夫を感じる素敵なものたちばかりでした。

わたしも負けずに、頑張ろ!

2

3

|

« ぶどうと器 | トップページ | 大洲和紙 »

コメント

ten oldさん、こんにちは。高知ってそちらから高速でどのくらいかかりますか?今度は高知にもいってみようと思います。手作り大好きです!私はプロでもないしほんと趣味程度なのですが、、、無駄の無い美しい音もしない手の動き!ん~憧れです。少し涼しくなってきましたね観音寺はどうですか?無理のないようtenoldさんもがんばってくださいね。

投稿: 真由美 | 2007年9月27日 (木) 10時39分

そうですねー、観音寺からですと高速で1時間もあれば余裕で到着します。
高速ができたことで、高知県が近くになりました。
ただ、トンネルが多いので(とっても長いのが何本も、しかも片側1車線の対面トンネルもあります)、なんだか恐い感じはあるのですが・・・。
時間の余裕があるのでしたら、往復のどちらかは吉野川沿いに通る道、32号線を走るのも気持ちがいいです。
観音寺から高知まで2時間半ほどかかるのですが、大歩危小歩危の渓谷も美しく、春の芽吹きの頃、5月の新緑、秋の紅葉と気持ちのいいドライブができますよ。
どうぞ、四国を楽しんで下さいませ。

投稿: ten old | 2007年9月29日 (土) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MAHAROとTOPIV:

« ぶどうと器 | トップページ | 大洲和紙 »