« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

次郎笈

2007_3

あまりにも青空が素晴らしかったので、山へ行きました。

お気に入りの山、“次郎笈(じろうぎゅう)”へ。

次郎笈は、剣山から尾根筋につながった山です。

多くの百名山目的の登山客は剣山へと行き、次郎笈はというと、山のベテランといった雰囲気の人たちがちらちらと登ってくるだけです。

わたしはこの次郎笈への道が、大好きなのです。

登山口からロープウェイの終着駅の西島までは、樹林帯を約1時間ほど歩いて登るのですが、そこから剣山の北西斜面のトラバース道を行き、次郎笈へと続く尾根筋に出ます。

そして最後に、尾根から一気に登る大きな石混じりの急な道を登りきれば、次郎笈の頂です。

次郎笈の山頂から見渡せる風景も絶景なのですが、この行程の中のトラバース道と、尾根も素晴らしくよいのです。

剣山は石灰岩が多く含まれた山のようで、道に露出している岩や崩れてできた石が太陽の光を受けて白く輝き、道を明るくしてくれています。

そしてトラバース道を歩いている間ずっと、北西から西・南の方角へと剣山系の山々が見渡せるのです。

なんとも美しい景色です。

小さな四国ですが、山の深さを感じられます。

すると「ケーン」という鳴き声が、山々に反響しながら聞こえてきました。

鹿でしょう。

ひょっとするとニホンカモシカかも、と淡い期待をもちつつ山肌に鹿のかげを探してみます。

ですが、山は静まり返っていました。

きっと、谷の深いところでいるのでしょう。

足元の苔や草花や虫、樹木や立ち枯れをした木、そして空を眺めながらぽくぽくと歩きます。

いつもですと、休憩を入れつつのんびり歩いても、次郎笈の頂上までの往復を4時間ほどで歩くのですが、この度は気がつけば6時間も山の中にいました。

一日中ニコニコと笑顔な、楽しい秋の日でした。

2007_4

尾根筋から剣山を望む。
※1枚目の写真は、尾根筋から次郎笈を見たところです。

2007_5

紅葉を期待していったのですが、この時はまだ少し早かったようです。

2007_6

山道の脇に、リンドウがたくさん咲いていました。でも、何リンドウなのでしょう?

2007_7

空のスカイブルーと、紅葉した葉の赤からオレンジへと移るグラデーションが、美しく調和をしていました。

| | コメント (2)

2007年10月25日 (木)

祭り2007

2007

秋になり、天高く澄み渡った空を、気がつけば見上げています。

風に運ばれて、どこかのお家の庭先の金木犀の花の香りが、鼻先をかすめていきます。

すると、「ドンドンドン、ドンドンドン」と、太鼓の音が聞こえるのです。

この太鼓の音は、私の脳が勘違いをした完全なる幻聴です。

秋空と、さわやかな風、そして金木犀の香りがすると、太鼓の音が聞こえるのです。

そして、気持ちが少し高揚してきます。

観音寺に生まれ育ち、すり込まれたものなのでしょう。

でも、今日は本当にお祭りの日。

幻聴ではありません。

琴弾八幡宮に宮入をしようとする“ちょうさ”が町を練り歩き、太鼓の音と威勢のよい引き手の人たちの声が聞こえています。

この“ちょうさ”とは、香川県の西に位置する観音寺・三豊周辺で祭りのときに担がれる太鼓台です。

大きさは高さ6㍍・幅4㍍、そして金糸の縫い取りをほどこした座布団や、七段重ねの真っ赤な布団、天辺にはトンボと呼ばれる飾りと1㍍もある房で飾り立て、13㍍もある4本のかぎ棒で重さ3㌧からなるこの“ちょうさ”を差し上げたりします。

このような“ちょうさ”が各地区で1台持っており、祭の日に神社の境内に宮入りするのです。

「ちょーさじゃ!ドンドンドン!ちょーさじゃ!ドドンドドン!」

この掛け声と、太鼓の音を聞いて大きくなりました。

今年のお祭りは、青空いっぱいの快晴。

きっと琴弾八幡宮の神様も、喜んでいることでしょう。

2007_2

| | コメント (4)

2007年10月14日 (日)

生姜糖

Photo

お土産というものは、うれしいものですね。

家族が島根県の出雲へ仕事で出ていたので、お土産にと『生姜糖』を買ってきてくれました。

2年ほど前の『 ku:nel 』で、この“來間屋生姜糖本舗”の記事が掲載されていて、それを読んで覚えていたらしく、「出雲へ行くのだから、絶対買ってこなくては!」と買ってきてくれました。

“生姜糖”は、砂糖と水から作ったシロップに生姜の絞り汁を加え、銅版の型に流し込んで冷やし固めて作った、素朴な味わいの砂糖菓子です。

袋から出した生姜糖は板チョコレートのようなシート状になっていました。

それをパキッンと割って、口の中へ放り込みます。

甘くって、口の中いっぱいにしょうがの香りが広がっていきます。

そして、はじめて食べるのに懐かしい味がしました。

『來間屋生姜糖本舗』は、江戸時代から今まで、生姜糖を一筋に作りつづけてきたお菓子屋さんだそうです。

生姜糖の材料もシンプルであれば、作る工程もシンプルです。

でもこのシンプルさ故に職人としての確かな腕と勘がなければ、この伝統ある生姜糖に成りえないのでしょう。

生姜糖が入っていた袋に、こう一言が添えられていました。

「甘い辛いも程よい故に」

程のよい・・・、なんとも深い言葉です。

程よいを知り、その程よいを300年と脈々と伝えつづけてきたのですから。

この言葉の裏に、頑固に一つのものを作りつづけている心が感じられるようです。

| | コメント (2)

2007年10月 6日 (土)

Lucky Raft

Luckyraft

先日、久しぶりに川下りをしました。

家族ぐるみで仲良くしてくれている、“Lucky Raft ”のれれれさんが誘ってくれたのです。

“Lucky Raft ”は、れれれさんが代表として活動をしているラフトカンパニーで、れれれさんのこのお名前はリバーガイドネームです。(以下、いつものように“れれさん”と呼びます)

「今度の日曜日、ダッキー(1~2人乗りのゴムボート)のツアーがあるんですけど、一緒にどーですかー?」という、上方商人の若旦那って感じのニュアンスで、れれさんからわが家にメールが届きました。

なんともありがたいお誘いです。

なぜか不思議なことにいつも、わが家の全員が煮詰まって悶々としているときに、グットタイミングで誘ってくれるのです。

この度も、当にそんな時でした。

Lucky Raft で陰になり日向になりサポートをしているのぶこはんや、吉野川のラフトガイドの草分け的存在のみっこさんにも会えるので、わたしとしてはとってもうれしいお誘いでした。

当日の空模様は曇りで、少し雨も落ちてきましたが、水の上で遊んでいる私たちにとって気にはなりません。

川の上は静かでした。

森から空へと、蒸気が立ち昇っていきます。

ふとカワガラスが飛び立ちました。岩陰で休んでいたのでしょう。

とっ、カワセミも飛び立ちました。このカワセミはどうも番ではないようです。

川に手を入れて水の感触を楽しんだり、ごろんと仰向けに寝て曇り空を眺めたり。

そして、パドルで水を掛け合って、はしゃいだり・・・。

約2時間ほどの、なんとも楽しい川下りでした。

上陸してれれさんが、「もうこのまま、大歩危までいってラフティングしますか!」

反対する人は誰もいません。みんな笑顔で「行こう、行こう」と、うなずいています。

午前中はのんびり川下りでしたが、午後は大歩危で激流下りです。

なんとも激しい、そして楽しい川三昧な1日でした。

本当に、本当にれれさんたちに感謝です。

そしてふとっ、れれさんやのぶこはんの穏やかでまったりとした人柄もあって、“Lucky Raft ”はアットホームなツアーができているのだなーと、この度の川下りで感じることができました。

今度は、高く澄んだ秋空の下で川下りをしたいものですね。

実は、秋の川下りって、最高なんですよ!

Luckyraft_3

| | コメント (0)

2007年10月 2日 (火)

大洲和紙

Photo_2

Photo_3

一年に一回の買出しに、愛媛県の内子へ“大洲和紙”を求めに行きました。

仕事柄一筆を書くことが多いのですが、いつの頃からか書く紙は大洲和紙の便箋となり、そして一年に一回買い出しに内子に行くようになりました。

良質なこの“大洲和紙”は美しく、書き心地も筆先が滑りすぎず、かといって滲まず、字を書くのが楽しくなるような和紙です。

(チラッと聞いたのですが、お札の紙は大洲のものだとか・・・、間違っていたらごめんなさい。)

手持ちの便箋や一筆箋が少なくなっていくと、とっても不安になってくるのです。

そうすると“いつ、内子へ行こうかしら”と、ワクワクとしてきます。

内子は古い町並みが残り、和ろうそくの原料で栄えた豪商の名残もそこかしこに見ることができる、古いものが大好きな人にとっては興味深いところです。

そのような古い民家や、うだつ、外壁に彩られたこて絵を見るのが好きなものですから、“紙を買いに行かなくちゃ”と思うと、ワクワクしてくるのです。

でも、この度は内子は大洲和紙を買うだけにして、伊予と土佐の国境にある松野町の“松丸”を見学に行きました。

松丸とは、宇和島と高知県中村市を結ぶ街道“松丸街道”のかつての宿場町で、かつては大変賑わっていたそうです。

今ではその名残を感じるのは一部でしかなく、街道を挟むようにあった古い家も片側が解体され更地となっていました。

少しさみしい光景でしたが、それでもゆっくりと通りを歩いていくと、坂本竜馬が生きていた時代の宿場町の繁栄振りを感じることができます。

(ちなみにこの松丸街道は、幕末に、坂本竜馬が土佐からこの松丸街道を通って宇和島へ入り、宇和島藩の若い武士に脱藩を促したと言われています。そんな歴史の舞台ともなった街道です。)

大きな作り酒屋とその白壁や大きな蔵、街道沿いの立ち並ぶ家の軒下の手の込んだ細工。

そんな通りを眺めながら、幕末の街道の風景を一生懸命想像しようとしてみます。

人の賑わいはどんなものだったのだろう、街道に漂う匂いは、どんな旅人が歩いたのだろう、そして竜馬も・・・。

でもわたしの知識では、想像も空しい結果に終わってしまいました。

大洲和紙を買いに行き、そして歴史に触れることができた、楽しい一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »