« 祭り2007 | トップページ | ニッティングベルトの補修 »

2007年10月31日 (水)

次郎笈

2007_3

あまりにも青空が素晴らしかったので、山へ行きました。

お気に入りの山、“次郎笈(じろうぎゅう)”へ。

次郎笈は、剣山から尾根筋につながった山です。

多くの百名山目的の登山客は剣山へと行き、次郎笈はというと、山のベテランといった雰囲気の人たちがちらちらと登ってくるだけです。

わたしはこの次郎笈への道が、大好きなのです。

登山口からロープウェイの終着駅の西島までは、樹林帯を約1時間ほど歩いて登るのですが、そこから剣山の北西斜面のトラバース道を行き、次郎笈へと続く尾根筋に出ます。

そして最後に、尾根から一気に登る大きな石混じりの急な道を登りきれば、次郎笈の頂です。

次郎笈の山頂から見渡せる風景も絶景なのですが、この行程の中のトラバース道と、尾根も素晴らしくよいのです。

剣山は石灰岩が多く含まれた山のようで、道に露出している岩や崩れてできた石が太陽の光を受けて白く輝き、道を明るくしてくれています。

そしてトラバース道を歩いている間ずっと、北西から西・南の方角へと剣山系の山々が見渡せるのです。

なんとも美しい景色です。

小さな四国ですが、山の深さを感じられます。

すると「ケーン」という鳴き声が、山々に反響しながら聞こえてきました。

鹿でしょう。

ひょっとするとニホンカモシカかも、と淡い期待をもちつつ山肌に鹿のかげを探してみます。

ですが、山は静まり返っていました。

きっと、谷の深いところでいるのでしょう。

足元の苔や草花や虫、樹木や立ち枯れをした木、そして空を眺めながらぽくぽくと歩きます。

いつもですと、休憩を入れつつのんびり歩いても、次郎笈の頂上までの往復を4時間ほどで歩くのですが、この度は気がつけば6時間も山の中にいました。

一日中ニコニコと笑顔な、楽しい秋の日でした。

2007_4

尾根筋から剣山を望む。
※1枚目の写真は、尾根筋から次郎笈を見たところです。

2007_5

紅葉を期待していったのですが、この時はまだ少し早かったようです。

2007_6

山道の脇に、リンドウがたくさん咲いていました。でも、何リンドウなのでしょう?

2007_7

空のスカイブルーと、紅葉した葉の赤からオレンジへと移るグラデーションが、美しく調和をしていました。

|

« 祭り2007 | トップページ | ニッティングベルトの補修 »

コメント

はじめまして!
雄大な山の写真に引き込まれてしまいました。
四国は学生時代に、リュックを背負って一週間ほど巡りました。主な観光名所を回るだけだけで精一杯でしたが、以外に山深いところなんだという印象でした。
こんな青空の下でのハイキングは、さぞ楽しかったでしょうね。 食の話題も、編み物のお話も楽しみにしております。

投稿: パプリカ22 | 2007年11月 2日 (金) 23時31分

パプリカ22さん、はじめまして!
リュックを背負っての旅、なんとも素敵ですね。
四国は気候が暖かいせいか、それとも何なのでしょう・・・、お遍路さん以外のバックパッカーもよく見かけます。
みなさん軽装で、身軽に旅を楽しんでおられるようでした。
パプリカ22さんにとりまして、四国はどうでしたか?

そうなのです、四国は山もとってもよいのです。
四国というと四万十川や吉野川、そして瀬戸内海の島々に、日和佐・大方町などのサーフスポットなどが有名だと思います。
ですが四国の面積の大半は山で占められていて、海から一気に立ち上がった山脈は、切り立った深い山々を作っています。
そんな四国の山々の中で、わたしは剣山系の山が好きです。
1時間か2時間ほど樹林帯を登れば、笹原に覆われた尾根筋へと出ることができ、その景色は実に雄大です。
空気が澄み視界が良いときには、南に太平洋、北に瀬戸内海が見えることもあります。
四国の小ささを感じますね。
そんな四国の楽しいところなども、このブログで紹介できればと思っております。
もちろん、フェアアイルの楽しみかたも!

投稿: ten old | 2007年11月 3日 (土) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 祭り2007 | トップページ | ニッティングベルトの補修 »