« “ノルド”で くつ下 | トップページ | エビ捕り! »

2008年9月 1日 (月)

夏の終わりに

Photo

秋の風を感じた日の昼下がり、家族で近所の海へ行きました。

夫は海へカヤックを出し、福ちゃんは趣味のカニ穴掘りに夢中です。

わたしはといいますと、小さなデジカメで夏の終わりをパチリ、パチリと・・・。

・・・この砂浜から望む海を、いったい何度眺めたのでしょう。

体を動かすために海へ行き、気分転換にと海へ行きます。

歩いて10分、自転車で5分、ここへ通うのは生活の一部のようです。

そんな暮らしをしているからでしょうか、

それとも、小さな頃から見てきた心象風景だからなのでしょうか、

空いっぱいに開いた景色がないと、だめなのです・・・。

それも、半島や瀬戸内海に浮かぶ島々が見える、観音寺の海でないといけないのです。

山も好きでよく出かけるのですが、やっぱり次の日に海を見てホッとします。

夏の終わりの燧灘は、真っ青な空の色を写しとり、キラキラとしていました。

2

|

« “ノルド”で くつ下 | トップページ | エビ捕り! »

コメント

9月に入りましたね。
これから涼しくなるんでしょうか・・・今日も蒸し暑かったです。全国的には大雨で酷い被害の出ている所も多くあるようですが、高知は雨が少ないです。今年、台風が来てませんよねぇ。水不足も心配ですね。

ten oldさんは、海派なんですね。私は山派です。海より山の方が落ち着くんです。
そう感じる気持ちって、どこから来るんでしょうね。不思議だなといつも思います。

これから、編み物も楽しみ易い季節に移行していきます。楽しみだなぁ。 時間、頑張って作り出さなきゃ!!

投稿: みか | 2008年9月 1日 (月) 17時28分

今日は本当に蒸し暑い日でしたね。
この数日、涼しい日が続いていたので、ことの他辛く感じました。
でも四国に雨が降らないのには、困ったものですね。
香川では、水不足も深刻になりつつあります。
水害で大変な事態になっているところもあるのに、なんともこの異常気象を歯痒く思います。

みかさんのおっしゃるとおり、これからは“編み物”の季節となりますね。
凛とした空気の中、針を進めていくのは、なんとも心地の良い時間ですよね!

そして、山登りにも最高な季節がやってきます!
今年は、山頂キャンプで満天の星を見ることが出来たらいいなぁ・・・、何てことも考えたり・・・。
でもその前に、お仕事を頑張らなくては!


投稿: ten old | 2008年9月 1日 (月) 21時28分

tenoldさん、こんにちは。トップ変わったんですね!とても素敵見やすいです。近くの海岸ってあそこかしら?最初なんて読むか読み方わからなかったんですよね。「彼らの激流」読みました!カヤックのことよくわかって読みやすかったですよ本をたくさん読む私でもアウトドアは全くの門外漢ですからこんな世界もあるのだと興味が持てました。ただ場所がなんとなくてよくわかんないんですよね。山だから特定しにくいのかしら。。それと臆病者の私は危険なんじゃないかなと少ししり込みしていまいます。本に出てくる人たちはツワモノぞろいですからね。丁度息子が帰省しているので貸しています大学は高知の人がとても多いらしく今度聞いてみるそうです。お友達にも宣伝しといてね!と言っておきました。

投稿: 真由美 | 2008年9月 3日 (水) 11時28分

真由美さん、そうなのです。
この1ヶ月をかけまして、HPを一新するべく頑張っておりました。
テン・オールドの作品数が年々増えていき、それによって検索しにくくなっておりました。この度、皆様により分かりやすく系統立ててご覧いただけるよう、新しく作り変えた次第でございます。
前よりもまた、楽しんでいただけましたら、うれしく存じます。

それから『彼らの激流』をお読みいただけたようで、ありがとうございました。
ここに描かれている舞台は、四国のちょうどへそにあたる部分となります。国道32号線沿いに流れる吉野川、大歩危・小歩危と呼ばれる渓谷で暮らす彼らのお話です。
あっ!そうそう、先月(8月17日)放送のTOKIOの『鉄腕ダッシュ』に、“彼ら”が出ていたのですよ。
TOKIOの山口君が体を張ったロケをしにやってきていたのですが、そのサポートをしていたのが“彼ら”でした。

1日の内で、自然の飛び込み台から何本飛び込めるかという、なんとも大変な企画だったと思います。
その放送の中で、『彼らの激流』に出てくる、テルさんと、サトシさんが、山口君のサポートをしていました。
もしかすると、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

『彼らの激流』は、そんな彼らのエキストリームな世界のお話ですが、限界集落と呼ばれる田舎での暮らしも、細やかに描かれています。
この本が、真由美さんの息子さんにも、楽しんでお読みいただけましたら、とってもうれしいです。


投稿: ten old | 2008年9月 3日 (水) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “ノルド”で くつ下 | トップページ | エビ捕り! »