« 2008年12月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年1月24日 (土)

サミ子さんのバッグ

2009_2

“サミ子バッグ”、素敵でしょ!

写真は少し黄色かぶりをしてしまい・・・、実物はもっともっと可愛いのですよ!

このバッグは、禁酒會舘の1階にある“ラヴィアン カフェ”のマスターのお母さん、サミ子さんが作りました。

カフェのお給仕をする傍ら、一目一目丁寧に編み上げられたバッグです。

このバッグ、色の組み合わせがなんとも楽しいのです!

“サミ子バッグ”を一目見た次の瞬間にはもう、サミ子さんにバッグのオーダーをしていました。

サミ子さんにしかできないこの色使い・・・、傍らにあるだけで楽しい気分になるのです。

この“サミ子バッグ”に出会ったのは、昨年の12月の“Due hands”のときでした。

カフェの一角にあるギャラリーなので、カフェの様子もよくわかります。

そうすると、カフェのお客様が一段落し静かになると、今までお給仕をしていた女性がカギ針で編み物をはじめました。

音楽の流れていないカフェで、ゆっくりと、ゆっくりと針を編み進めています。

その空気がなんとも優しく、・・・懐かしく・・・、ただ ただ見ていました・・・。

そして、おもむろに伺ってみると、バッグを編んでそれを皆さんにお分けしているとのこと。

わたしがギャラリーを借りたその前の週は、そこで作品展をしたんです・・・とも話してくれました。

“Due hands”の1週間、サミ子さんの編んでいる手を見るのが、わたしの楽しみの一つになりました。

物を作っている人の手って、なんとも美しい・・・。

この“サミ子バッグ”がわたしのところに来てからは、カメラバッグとしていつも肩から掛けて出かけています。

そう、ワクワクとウキウキと心を弾ませながら!

| | コメント (0)

2009年1月22日 (木)

ワークショップの“輪針ケース”

2009

今回のワークショップは、この“輪針ケース”を4デザインご用意しました。

“Due hands”に並べるミトンの手袋を作っていたときに、「あれっ、もう少し小さく編むと輪針ケースになるかもー!」とひらめき、・・・作ってみました。

可愛いでしょ!

それに、中布を入れてしっかりと作っているので、使いごごちも抜群です。

今まで使っていた輪針ケースは、いろいろな号数の、そしていろいろな長さの輪針を一緒に入れていました。

4姉妹(デザイン)があれば、これでスッキリとお終いをすることができます!

この“輪針ケース”、ミトンを見てひらめいたように、親指を編めば本当にミトンの手袋となります。

ミトンの指先の減目方法をこの輪針ケースでわかれば、次へのステップアップ、ミトンの手袋が作れますね。

そして靴下の足先も、同じ方法です。

小さな、小さな柄模様のフェアアイルの“輪針ケース”。

渡り糸の短い柄模様なので、編み込み模様に慣れるのもいいですよね。

楽しく作って、そして使うたびにワクワクと楽しくなる・・・、手作りっていいですね!

| | コメント (0)

2009年1月20日 (火)

Due hands!

2008due_hands1

2008due_hands2

2008due_hands3

2008due_hands4

2008due_hands5

コーヒーの香り漂うギャラリーでの雑貨屋さんは、なんとも楽しく・・・、時間がゆっくりと流れ・・・、これまでの慌ただしさから開放された1週間でした。

お越しいただきました皆様とも、ときにはコーヒーを飲みながら、ときにはフェアアイルを編みながらと、楽しいおしゃべりに時間を忘れていくようでした。

今回の“Due hands”は、革小物作家の“topiv”さんとの2人展でしたが、違うジャンルの作家さんの作品をじっくりと感じることができ、刺激になる日々でもありました。

雑貨屋さんの空気感が大好きな私にとって、革小物にかこまれて・・・、ニット小物にかこまれて・・・、温かな雰囲気に出来上がった雑貨屋のお店番は、なんとも心地よく幸せなものです。

たくさんの皆様方にお越しいただけました“Due hands”でしたが、

小物ばかりが並んだ、テン・オールドでは初めてのスタイルとなった展示は、いかがでしたか?

わたしは・・・?

もちろん!小物は眺めても楽しく、作るのもとっても楽しいですものね!

50点近い小物を集中して作るのも初めてで、新しいデザインにも挑戦したりと、とっても勉強になり、とっても楽しい“Due hands”となりました。

各お手元へといったフェアアイル小物たちは、ちゃんとお役に立てているのでしょうか?

この寒さから、温めて差し上げられているのでしょうか?

日々ご愛用いただくなかで、心も“ほわっ”と温ったかになるような・・・、そんな相棒になるといいなぁ・・・と願っております。

2008due_hands6

2008due_hands7

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年7月 »