« 2009年10月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月28日 (水)

稲積山、初登頂!

1

観音寺の中心部から北東の位置に、稲積さん(いなづみ)があります。

・・・香川県の人は山や神社仏閣の名に“さん”を付けて、人の名前のようにいいます。たとえば金毘羅さん、八幡さんなどなど・・・

我が家から自転車で走れば裾野まで15分ほどで着くその山は、屏風のように町を囲んでいます。

そしてその地形によって、台風などの風雨から観音寺を守り、災害の少ない穏やかな土地柄となっています。

そんな親しみがある山なのですが、登ったことがなかったのです。

稲積さんの山頂には高屋神社があり、登山道もしっかりとしているのですが、近いと行かない物ですね・・・。

でも、今日は違いました!

朝11時ごろに突然、「そうだ、稲積さんへ行こう!」と。

そうなれば動きが速い我が家。

さっさとおにぎりとお茶を用意して、準備を整え、稲積さんへ!

2

つづら折に上がっていく山道、新緑が美しい雑木林です。

観音寺にもこんな所があったんだなぁー・・・。

尾根筋に出てから10分ほど歩くと、突然長く伸びる石の階段が。

3

高屋神社の鳥居へと続くこの石段は荒々しく・・・、でも威厳のある美しい姿です。

4

1時間かからずに登頂。

観音寺をこんなに真下に見るのは、初めてでした。

・・・とっ、ここでお弁当。

5

福ちゃんもお腹がすいているようです。

まぁー、いつものことですが・・・。

6

それにしても、広い景色だなぁー・・・。

7

下山も、足取り軽く。

こんな写真も撮りつつ、

8

楽しかった“稲積さん登山”でした!

9

運動をした後の水は、「甘露、甘露」と福ちゃん。

さあ、次はどこへ行こう!

| | コメント (0)

2010年4月27日 (火)

ある日の夕方

2010425

気持ちの良いある日の夕方、いつものように家族みんなで歩いて近所の海へ。

上機嫌で砂浜を走り回る福ちゃんと、遠ーくでやってしまった福ちゃんの落とし物を拾う旦那と・・・。

まぁー、いつものように、いつもの感じの、まったり夕方でした。

| | コメント (0)

2010年4月26日 (月)

タイム

20102

今年も、我が家の“タイム”が満開になりました。

ホームセンターで苗を買ってきてから8年・・・、

自分たちの居場所を広げながら、元気に育ってくれています。

我が家の料理の名脇役となり、頼もしい存在でもあるこの子たち。

今年も元気にきれいな花を咲かせてくれて、とってもうれしいです。

あまりにもタイムの花が可愛かったので、我が家の福ちゃんと一緒に“パチリ”と写真を。

2010

「福ちゃん、こっちおいで。写真を撮るよー」と呼びかけると、

「そうなのー、写真ねー」と、タイムと福ちゃんがきれいに収まるナイスポジションに座ってくれました。

やっぱり我が家一番の、フォトジェニック!

でも座っているお尻をみると・・・、

2010_2

う~ん・・・。

やっぱり、お尻でふんでいました・・・タイムを・・・。

別にいいんですけど・・・。

我が家の福ちゃんは“座布団犬”なので、ふかふかとした気持ちいいところに座りたいらしいのです。

たとえば・・・、わたしの足の甲の上などなど・・・。

福ちゃんのお尻にふまれたタイムよ、ごめんね。

20101

| | コメント (0)

2010年4月25日 (日)

またまた、“ピクニック”でバック

4

実は、こんなバックも作っていたのです。

コロンと丸いシルエットが可愛らしい、小さなバックです。

こんな小さなバックの中にも、スティークの要素が入っているのですよ!

セーターの衿ぐりや、ベストの袖ぐり部分と同じように、スティークを作りながら減目をして、バックの口部分を作りました。

小さな小物の中にも、フェアアイルの楽しさをいっぱい盛り込みたいと思い、考えたのがこのバックです。

フェアアイルの特徴的技法“スティーク”を経験されたい方、

スティークをハサミで切り開く勇気がない方、

衿ぐりや、ベストの袖ぐりなどの、スティークを作りながらの減目が分からない方は、

前回アップしたボタンのバックや、この丸いバックのような小さな物からスティークを経験されると、いいのかもしれませんね。

でもやっぱり・・・、小物作りは楽しいものですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

“ピクニック”で小さなバック

1

“ピクニック”の柄模様で、小さなバックを作ってみました。

小物作りの中に、フェアアイルの特徴的な技法“スティーク”を取り入れたく思っていたので、いろいろと試行錯誤をしながら出来上がったのが、このバックです。

作り方は、カーディガンを作る要領で、出来上がりました。

このバックのアクセントとなている、サイドのゴム編みにあるボタンを外せば・・・・・

2

こんな風に、平たくなります。

そこで、この特徴を活かせないかと色々と考えた末、“はっ!”とひらめいたのが編物用の小物収納バックでした。

3

我ながら、可愛くって、且つきれいに収納ができるバックができたと、とってもうれしくなりました。

こういった物が、欲しかったんですよねー!

輪針の収納に、カギ針をおしまいするポケット・・・カギ針が滑り落ちないようにフラップをつけて・・・。

とじ針や、メジャーをおしまいするポケットに、小さな小さなピンクッション。

ボタンを閉めればバックになるので、小さな小物だったらポイッと収めることもできます。

でも、出来上がって思ったのですが、ボタンではなくスナップの方がいいのかもしれませんね。

その方が、開け閉めが簡単なように思います。

でも、この平たくなる特徴を活かせば、色々な用途のバックにできるかもしれませんね。

それを考えるのも、おもしろいですね!

さあー、いかがでしょう!

もしかすると、もしかすると・・・!

| | コメント (0)

2010年4月20日 (火)

「彼らの激流」写真展

Kareranophoto

先週の17日(土)より、夫(大村 嘉正・オオムラ ヨシタダ)の写真展が始まりました。

場所はイオン高松1F、モンベルクラブ高松のサロンです。

長年を掛けて撮りためた、ホワイトウォーターカヤックをする“彼ら”の写真を展示しています。

ホワイトウォーターカヤックというスポーツの域を越え、瀬の中で光と水の粒と一緒に舞う“彼ら”は美しくもあります。

イオン高松に出向いた折は、少し覗いてみてください。

きっと、新しい世界を知っていただけると思います。

会期は、5月10日までです。

| | コメント (0)

2010年4月 6日 (火)

お絵かき

Photo

坂東英二じゃーないけれど、ゆで卵です・・・。

ゆで卵好きの我が家では、晩ご飯の一品にゆで卵てんこ盛の日が、たまにやって来ます。

他のおかずを食べつつも、各々好きなようにゆで卵を食べて、残ると生卵と区別をするために、・・・こんなことになってしまいます。

そして、なんとなくデジカメでパチリ。

癖みたいです・・・。

えんぴつを握れば、何かを書いてしまいます・・・。

でも、きもい絵しか書けません・・・。

何も考えず、えんぴつが動くまま書くと、こんな絵になっています・・・。

そして今・・・、冷蔵庫の卵置き場で立っているこの卵たちは、冷蔵庫の扉を開けるたびに、・・・私を見ます・・・。

| | コメント (0)

2010年4月 4日 (日)

鉄人28号!

28

実は・・・、観たんです。

セーター展の搬入日、神戸に早く着いたものですから、「鉄人28号」を見に行こうとふっと思いつきました。

でも、どこにあるのか知りません。

「長田って言ってたから、こっち方面かなぁー」と、ざっくり向かいました。

ざっくりは、やっぱりざっくり・・・。

見つけられませんでした。

もう搬入時間も近づき、タイムリミット間近です!

あーあ・・・、諦めようと車を走らせていると、ビルの隙間から青いお尻らしきものがチラッと目の端で見えました。

あっ!と思って引き返し、そのビルの間を進むと、・・・いました。

鉄人28号が!

すっごく大きくて、なんと言っても姿がカッコいいのです。

でもなんだか、鉄人28号を見れたことより、見つけられたっていう事の方がうれしかったですね。

だってあの青いお尻を見た瞬間、これから始まるセーター展で、いいことがありそうな・・・!

そんな予感をしたものですから!

| | コメント (0)

2010年4月 1日 (木)

2010 フェアアイルセーター展 -フェアアイル日和-

Koten02_2 

Koten01

Koten03

Koten04

大変遅くなりました・・・。

“2010年 ten old フェアアイルセーター展”の様子です。

初めての神戸ということもあり、「まあ、のんびりと店番でもしようかしら・・・」と思っていました。

そうすると、想像を越える多くの方々にお越しいただき、びっくりとうれしさいっぱいの4日間となりました。

でも、小さな、小さな会場だったので、お客様が集中するとすぐにいっぱいになる状況で・・・。

特に、初日にお越しいただいた方々には申し訳なく存じます。

しかしその分、近い心の距離でいっぱいお話ができたように思います。

短い会期でしたが、二度三度と足を運んでいただきました方々、

会場で楽しくお話をしながら編み物をされた方々、

「フェアアイルセーターが出来上がりました!」とっ、テン・オールドのキットを編まれて、その出来上がったセーターやカーディガンを着ていただきました方々。

お話と笑い声の絶えない、頬とお腹の筋肉が痛くなるほどの(笑いすぎ・・・)なんともたのしい4日間でした。

皆様には、ただ、ただ、感謝の気持ちでいっぱいでございます。

本当に、ありがとうございました。

このたびの個展で11回目となり、ten old として活動をはじめて13年目となります。

さあ、これからも皆様に楽しんでいただけますよう、ten old は張り切ってまいります!

どうぞ、楽しみにしていてくださいませ!

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年5月 »