« 「彼らの激流」写真展 | トップページ | またまた、“ピクニック”でバック »

2010年4月23日 (金)

“ピクニック”で小さなバック

1

“ピクニック”の柄模様で、小さなバックを作ってみました。

小物作りの中に、フェアアイルの特徴的な技法“スティーク”を取り入れたく思っていたので、いろいろと試行錯誤をしながら出来上がったのが、このバックです。

作り方は、カーディガンを作る要領で、出来上がりました。

このバックのアクセントとなている、サイドのゴム編みにあるボタンを外せば・・・・・

2

こんな風に、平たくなります。

そこで、この特徴を活かせないかと色々と考えた末、“はっ!”とひらめいたのが編物用の小物収納バックでした。

3

我ながら、可愛くって、且つきれいに収納ができるバックができたと、とってもうれしくなりました。

こういった物が、欲しかったんですよねー!

輪針の収納に、カギ針をおしまいするポケット・・・カギ針が滑り落ちないようにフラップをつけて・・・。

とじ針や、メジャーをおしまいするポケットに、小さな小さなピンクッション。

ボタンを閉めればバックになるので、小さな小物だったらポイッと収めることもできます。

でも、出来上がって思ったのですが、ボタンではなくスナップの方がいいのかもしれませんね。

その方が、開け閉めが簡単なように思います。

でも、この平たくなる特徴を活かせば、色々な用途のバックにできるかもしれませんね。

それを考えるのも、おもしろいですね!

さあー、いかがでしょう!

もしかすると、もしかすると・・・!

|

« 「彼らの激流」写真展 | トップページ | またまた、“ピクニック”でバック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「彼らの激流」写真展 | トップページ | またまた、“ピクニック”でバック »