« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月17日 (土)

七宝山系縦走

稲積山山頂から仁尾町曽集落までの、七宝山系縦走路を歩いてみました。

稲積山の近くに生まれ育ちながら、今の今まで稲積山を含む七宝山系の尾根筋に、こんなにいい縦走路があることを知りませんでした。

・・・先日のこと、運動がてら稲積山へ登りました。

眼窩に見える観音寺の町を眺めながら山頂で休んでいたところ、トレラン(トレールランニング)の人がやってきました。

その人は稲積山山頂までの来た道を往復することもなく、奥の道へと消えていったのです。

「うむ、きっと何かある!」と思い調べたところ・・・ありました、縦走路が!

ということでさっそく、高屋神社から稲積山山頂~七宝山尾根筋~仁尾町曽集落~そして海岸沿いの県道を歩いて出発地の高屋神社までの道を歩いてみました。

まずは、高屋神社奥の院がある、稲積山山頂へ。

1_2

雑木林は冬枯れで、登りながらも燧灘や観音寺の町がよく見渡せます。


2

いつ来ても、この石の階段はすごいな~。 

まるで遺跡です。

3

稲積山山頂からの眺め。

4

そしてここからが、未だ知らない道。

5

ところどころで雑木林が開け、このような展望が望めます。 

やっぱり、地球って丸いんだなぁ・・・と。

このぐらいの標高からが一番、地球の丸さを近くに感じることができるのかもしれませんね。

6

そして、また歩く、歩く。 

とっても美しく整備されている登山道で、びっくり! 

しかし所々の分かれ道で、どっちに行ったらいいのか考えつつ。 

でもよく周りを見渡すと、小さな看板や、赤のテープのマーキングがあるので、それと地図とで確認です。

7

とっ、今日の目的地が見えてきました。 

奥の山の山頂付近に、小さなハゲが見えます。 

あそこです。 

ここからが、少しのアップダウンの道。

8

写真も撮りながら・・・。

9

と、いきなり視界が広がり、到着! 

ここは、パラグライダーの滑走路です。 

燧灘に向かって飛び立つのって、どんなんだろう・・・。

10

でも、まだまだ歩きます。 

パラグライダーの滑走場から、海岸線に沿ってのびる県道まで降りて行きます。

11

曽集落は、温州みかんの産地。

右を見てもみかん、左を見てもみかん。

あ~できることなら、みかん畑の中を走るモノレールに乗って降りたい。

12

目の前に、海が近づいてきました。

いよいよ県道です。

これからは海沿いの道を歩き、スタート地点の高屋神社へ。

でも歩きながら思ったのですが、

我が家から車で10分足らずを走ったところに、こんなにいいアウトドアーのフィールドがあるとは。

幸せなことです。

高屋神社まで、自転車で行くことも可能なのですから。

車で何時間もかけて走って、アウトドアーのフィールドまで行く・・・。

最近そんなことについて少し考えていたので、ガソリンレスなトレッキングができることを知り、うれしくなりました。

もちろん近所だけではもの足りなくなり、新しいフィールドにも行きたくなるのは当然のことと思いますが・・・。

でも、地元の新たな発見とともに、海に山にいっぱい楽しめそうと知ったことが、うれしいのです。

今回の全行程、時間にして5時間半ほど歩きました。

今年11歳になる福ちゃん(犬)も、よくがんばりました。

よく歩いたので、その日の晩ご飯はちょっとだけ奮発をして、ペデグリーの缶詰を買ってあげました。

でも肥満気味のため、ローカロリータイプですけど。

で、私たちは、ビールで乾杯!

そう、発泡酒でも第3のビールでもなく、もちろんカロリーオフでもプリンタイオフでもなく、本当のビールで!

福ちゃん、ごめんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

march の ひつじ

March


『march』のカーディガンを編みました。

この作品のアイドル、子羊もたくさん編みました。

この子羊を編むたびにいつも思うのですが、『縦の構造となった柄模様は難しいな~・・・』と。

裏の渡りの距離は十分でているのだけれど、柄模様がなんだかタックを寄せたように・・・。

かといって、必要以上の渡り糸の長さをだすと、地色と柄になる色のとなり通し接する目が“ぼよん”と大きく開いたようになるし・・・。

難しいですね。

でも、たいていの場合はスチームアイロンをかけるとおさまるので、問題なく美しい編地となるのですが。

でも、編むたびにいつも「きれいに仕上がるかな・・・」と、ドキドキです。

フェアアイルの柄模様は見た目の違いだけではなく、編むときもその模様、その模様で、ちょっとちょっとの違う手の加減がいることもあります。

柄模様が美しくでるためにその柄模様にあった工夫をする・・・、こんなことを考えつつの作業もおもしろいものです。

さあ、今編んでるニワトリたちも、かわいくできるかな♪

| | コメント (0)

2012年3月 7日 (水)

『包む』のフェアアイルベスト

No471

『包む』を復刻しました。

この作品もまた廃盤色が多く含まれていたので、長い間お休みをしていた作品です。

でも、淡いピンク色のこの作品が大好きで、どうにかして復活できないものかと思い試行錯誤・・・。

結構、時間がかかりました・・・。

復活をさせるための色の組み替えは意外と難しく、オリジナルに近づけるよう、またオリジナルより素敵になるよう工夫をします。

でもやりすぎると、まったく別のものになってしまったりと・・・。

意外と時間がかかり、難しくもあります。

でも、前の『包む』より、ポップで可愛らしい『新、包む』が出来上がりました。

『包む』というお名前、不思議に思われた方も多くいらっしゃるかもしれませんね。

この作品は、春を表現しています。

温かさを感じられる、春の日差しを。

そして、その春の日差しに包み込まれた、幸せな気持ちをフェアアイルの中に編みこみました。

ということで、『包む』。

自分で言っていても、なんだか変ですね・・・。

でも、この作品が出来上がったとき、『包む』だ!って頭の中にうわっと出てきました。

ten old のフェアアイルセーターのお名前は、クイズみたいですね。

そのクイズみたいなお名前と一緒に、フェアアイルセーターを楽しんでいただければ、とってもうれしいです♪

| | コメント (0)

2012年3月 4日 (日)

spirit bear・Lucky Raft

Kumacanoe

またまた、“spirit bear”を作る、うれしいことがありました。

家族ぐるみでお世話になっているお友達が、結婚しました。

このブログでもたまにでてくる、ラフティングのツアー会社を経営している“Lucky Raft”のレレさんと、のぶこはんです。

といっても、去年のこと。

先日、結婚の記念の写真を撮るということで、その撮影風景のスナップを撮るために(もちろん、夫の大村が)家族で行ってきました。

ウエディングドレス姿を見るというのは、ほんとうに幸せな気分になりますね♪

のぶこはんは本当に美しく、あんなに笑顔のきれいな花嫁さんは見たことがありません!

もちろん、レレさんの笑顔も素敵でしたよ!

ということで、『Lucky Raft バージョン』の “spirit bear” を作り、プレゼントをしました。

ラッキーさんがツアーでも使っているダッキー(ゴムカヌー)をフェルトで作り、ウエディング姿のspirit bear を乗せて。

もちろん、パドルも作ってくまたちに持たせました。

後ろを漕ぐレレぐまの腰には、レスキューようのスローロープもまいて!

もう作っている間、おもしろくってたまりませんでした。

なんて楽しいのでしょう!と。

幸せを願うプレゼント!ということをすっかり忘れ、もう自分の世界にどっぷりと・・・。

でも、肝心のこのなぜ白熊をプレゼントしたのかを、いい忘れていました。

きっと、なんだろうと思っているかもしれませんね。

ということで、前回に書いた“spirit bear”について、もう一度。

♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-

“spirit bear”は、カナダ太平洋沿岸部の原生林に住む、白いくまのことです。

姿は白くても、種としては黒クマとなります。

ごく希少ながらも、数千年に渡って存在しているといわれています。

この土地に暮らしてきた先住民族の人々は、ワタリガラスとその白いクマを神話として語り継いできました。

その神話と共に、白いクマには強い精霊が宿り、人々を平和へと導く、絶大なる力と勇気の象徴として尊んでいます

♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-

ほんとうに、幸せになってほしい、お二人です。

このspirit bear が、いつまでもお二人を守ってくれるといいな、と願いつつ。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »