« ゆうしん倶楽部“ことばの音色アート”東京教室開催! | トップページ | わたしの道具 »

2012年4月 8日 (日)

小さなジョン・レノン

Photo

ある日テレビを見ていると、『イマジン』を歌う“ジョン・レノン”のミュージックビデオが流れていました。

まっすぐと前向き、私たちに語るように歌う姿がありました。

そして歌うジョン・レノンが着ているセーターを見ると、黒色の薄いニットに、胸には赤いりんごのアップリケが・・・。

「あっ、わたしも小さな頃、同じセーターを着てた!」

とっ、古いアルバムを引っ張り出してきてページをめくっていくと・・・、やっぱりいました。

りんごの大きさと位置が違うものの、ジョン・レノンと同じようなセーターを着た、小さなわたしが。

上の写真は、小さな頃のわたしです。

ジョン・レノンのセーターも、はいているジーンズも、母が作ってくれたものです。

生まれてから高校生頃になるまで、わたしが着るものはほとんどが母の手作りでした。

・・・とっ、話はセーターからジーンズに逸れるのですが、このジーンズには我が家に伝わるちょっとした話があります。

わたしが小さな頃は、ちょうどジーンズが一般的になってきたとき。

ですが小さな2~3歳用の子供のジーンズなんてまったくありませんでした。

という時代に、母が作ってくれたジーンズ。

小さな田舎町だったということもあって2~3歳児がジーンズを穿く姿は珍しく、町を歩くと小さなわたしの周りに人だかりができた・・・と、親戚が集まって昔を語るとき、よく母の思い出とともに出てきます。

わたしは、うっすらとしか覚えていないのですが・・・。

ジョン・レノンが着ているのを見てこの黒のセーターを編んだのか・・・、今はもう聞くことができません。

でも、きっとそうなのでしょう・・・。

この写真は、ちょうどジョン・レノンが『イマジン』を歌った数年後に撮った写真ですから。

生まれたばかりのわたしを抱きながら『イマジン』を聞き、何を感じ、そして思ったのでしょうね・・・。

母が編んでくれたセーターと手作りのジーンズをはいた小さな頃のわたしが写る、自慢の写真です。

|

« ゆうしん倶楽部“ことばの音色アート”東京教室開催! | トップページ | わたしの道具 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゆうしん倶楽部“ことばの音色アート”東京教室開催! | トップページ | わたしの道具 »