« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月22日 (月)

10月のフェアアイル教室、終了!

透明な青空の2日間でした。

家を出て「10月のお教室はどんな感じになるかな」と、少しドキドキしながら見上げた空でした。

すると心はわくわくと動きだし、会場に向かう道すがら気持ちは教室へと逸ります。

そして始まった10月のお教室、20日(土)・21日(日)とほんとうに楽しい時間でした。

9月はほとんどの方々が教材キットを編まれたので、最初の作り目から間違わないようにと無口になり、集中した雰囲気のスタートでした。

ですが今回は、参加いただいた方皆様が今編んでいるものを持ってこららていて、時間が来るや否や活発に質問が飛び交いはじめるお教室となりました。

ゲージをとるためのスワッチの編み方や、

ゴム編みの色のデザインを変えるのを一緒に考えたり、

2色で編む二目ゴム編みの編み方、

サイズ変更をした場合の柄の動かし方、

縦方向に目を拾うときの増目の仕方、

などなど、書ききれないほどたくさん。

そして活発なご質問とともに、楽しいおしゃべりも!

わたし自身大人になって教室に通ったことがないもので、お教室というものがいったいどのように進められているかはわからないのです。

でも ten old は、ten old のお教室でいいかなぁ、と。

「さぁ今月のお教室では、どのようにフェアアイルを楽しんでいただこうかなぁ」と考えるのも楽しいですし、そしてなんといっても皆さんの笑顔が見れるのがとっても幸せです。

ですが、このようにしてほしいというご要望がありましたら、お教えくださいね。

至らないところもたくさんあると思いますので。

しかしさすがですね、楽しいおしゃべりと笑い声が絶えない中、皆様しっかりと手は動いていましたから!

その様子を見ながら秘かに「すごいなぁ」と、感心していました。

そして、「あっ!」という間の4時間でした。

編み物の季節がやってきました!

ご興味がある方は、ぜひご参加くださいね。

フェアアイルが初めての方も、興味はあるものの少し恥ずかしい・・・と思われている方も、思い切ってご一緒しませんか。

たくさんの方との新しい出会いを、楽しみにしています。

今から、11月の“フェアアイル日和”が楽しみです!

とその間わたしは、セーター本作りにより拍車をかけて頑張ります!

| | コメント (0)

2012年10月18日 (木)

お祭り、そして“フェアアイル日和”

抜けるような青い空と、金木犀の香り。

この状況が重なると、観音寺っ子は太鼓の幻聴を聞くのです。

今年も例外なく、「あれっ・・・、太鼓の音がする・・・かも」と。

この20日・21日は観音寺の琴弾八幡宮の秋の大祭です。

いつもですと「お祭り!お祭り!」と浮かれるのですが、今年のこの2日間は“フェアアイル日和”!。

早いですね・・・、といいますか長かったような、9月のお教室から。

ほんとうに、バタバタとした毎日でしたから、今日が何時やらわからなくなる状態。

その間、やっぱり本の製作をしていました。

あと、2年ぶりの個展に向けても!

一緒に本の製作をしている大村の本業も色々と入り、わたし自身も「こんな作品も掲載したい!」「こんなページを入れれば、よりフェアアイルが楽しくなるのでは」と欲張って・・・。

そんなこんなで予定通りに進まなく、本が出来上がるのをお待ちいただいている方には申し訳なく思っております。

でもよいものが出来つつあります。

あと個展についても進めていました。

そして、会場・日程ともに決まりました。

今回は岡山と東京で開催します。

二か所での開催は初めてとなります。

セーター展の日程につきましては、また追って後日にお知らせをさせていただきます。

さあ、この週末は10月の“フェアアイル日和”

9月のお教室では皆様へのサプライズで、本に掲載予定の新作ショールをいち早く手に取って見ていただきました。

皆さんが喜んでいただけているお顔を見まして、本当にうれしかったです。

となるとまたまた調子に乗ってしまうのが、わたしの悪い癖。

10月のお教室でも、皆さんがフェアアイルをより面白く感じてもらえるものをお持ちいたしますね。

20日(土)・21日(日)と、また楽しく過ごしましょう!

そしていつもながら、明日19日(金)のお昼過ぎから岡山へ向かいますので、いただきましたメール・ファックスについてのご返信ができません。

その間に届いたものにつきましては、来週の月曜日以降の返信となります。

どうぞ、ご了承くださいませ。

それでは皆様、お会いできますことを楽しみにいたしております。

楽しい1日を過ごしましょう!

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »