« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月30日 (水)

“ten old Fair Isle BOOK vol.2”追伸!

ten old ホームページ、ブログと、vol.2のセーター本のお知らせをしてから、たくさんの問い合わせをいただきほんとうにうれしい限りです。

ありがとうございます。

vol.2も、わたし(ten old)と大村で作り上げました。

この二人を命名して『Due Hands』。

「二人の職人」という意味です。

本職の方が作った本の装丁にはかないませんが(もちろんです!)、一生懸命に作り上げました。

と、まさしく個人的に作った本。

おそらく再版はなくこの版だになると思いますが、国内外とご住所をいただいている方々を含め、個展終了後にご注文を頂ける方にもお渡しできる冊数はあると思います。

海外からのご注文の方にも準備をしております。

ten old は、「路地の裏の裏にひっそりとあるニット屋さん」というよな存在です。

このような存在のten old を見つけてもらい、興味を持っていただいている方がいらっしゃることに、ほんとうにうれしく、心強く、勇気が出てきます。

ありがとうございます。

30日(水)には出発をし、岡山のセーター展の準備へと向かいます。

お越しいただいた皆様に喜んでいただけるよう、楽しい会場にしたいと思います!

それでは、岡山、そして東京と、会場でお待ちいたしております♪

| | コメント (4)

2013年1月29日 (火)

“ten old Fair Isle BOOK vol.2”!

Tenoldbook2_2

これが完成した『ten old Fair Isle BOOK vol.2』です!

長い間お待たせをいたしました。

いよいよ発売となります。

今回はいろいろと考え、2冊組にしました。

※詳しくはten old のホームページ

作品を掲載した写真集と、製図・編み図を集めたパターンブックとです。

わたしは常々思っていました・・・。

セーター本などの実用書を見ながらものづくりをするとき、作り方のページを開いていて・・・「うん?この部分はどうなっているのだろう・・・」と作品の写真のページで確認をして・・・、また作り方のページに戻って・・・。

と、物作りをしながら、何度もあっちのページ・・・こっちのページと繰り返していました。

分厚く1冊の本にするのならば、2冊に分ける方が便利なのでは、と。

こうして、2冊組となりました。

“Patterns”の方はより使う頻度も多いと思うので、ホッチキス止めの製本で開きやすくしました。

と、本の形態のことばかりお話をしてきましたが、肝心なのは内容ですよね。

“gallery(ギャラリー)”には、新旧の作品(セーター・小物・ショールなど)23点を掲載しました。

その他、フェアアイルの編み方や、ten old ならではのフェアアイルの工夫を説明した“Lesson(レッスン)”。

フェアアイルの故郷で暮らす人々たちを描いた“travel diary”も。※こちらは、大村が担当。

“gallery”の掲載作品は、次のようになります。

・№123   rain drops
・№138   スノーグース
・№139   花畑
・№13    赤のダイヤ柄ベスト
・№5     紺のオールドパターン
・№47    包む
・№114   grandmother ベスト
・№134   うらら
・№136   早春のカーディガン
・№137   Logbook
・№C46-12 Hairst の帽子
・№C86-7  雪日和の帽子
・№C119-10 skipperの帽子
・№C139-13 花畑の帽子
・№S97-3  ノルドのルームソックス
・№S83-4  beginのルームソックス
・№G47-11 包むの手袋
・№G121-20 ハナウタの手袋
・№G85-29 雪の声のミトン
・№G86-30 雪日和のミトン
・№SH86-3 雪日和のショール
・№SH115-1 owlのショール
・№B121-2 ハナウタのブランケット

と、23点。

この中には知っているお名前も、知らないお名前もあると思います。

知らない名前は、もちろん初公開の新作!

すでに発表済みの作品の多くのものも、新しく色を組み替えたり、形を変えたりと、新たに作り掲載をしました。

番号の一番台や十番台のものは、ten old の1年目・・・15年前の作品です。

まっすぐで直球の、ten old らしい“Fair Isle BOOK ”が出来上がりました。

さぁ、皆さんにいっぱい楽しんでいただけるでしょうか?

不安な気持ちとわくわくと、入り混じった心境です。

でも本作りを通して、とっても良い経験ができました。

出来上がったばかりですが、この本も次へのステップとして、また新しくまっすぐに歩いて行く勇気が湧いてきました。

岡山・東京でのセーター展は本の掲載作品、そして掲載作品以外の新作を含めたくさん展示をします。

ぜひ会場までお越しいただき、ゆっくりとご覧くださいませ。

皆様とお会いできますことを、楽しみにいたしております。

| | コメント (2)

2013年1月27日 (日)

『Hairst』 のミトン♪

Hairst

セーター展へ向けて出発直前のこの期になっても、しぶとくミトンを作りました。

う~ん、かわいい♪

満足!

| | コメント (0)

2013年1月22日 (火)

カラフル三角♪

2013dm_3

2013フェアアイルセーター展のDMに登場するカラフルな旗・・・、ただいまマイブームです。

新作のセーターを編んでいたとき、・・・現実逃避でしょうか・・・三角を作りたくなりました。

そう、直角三角形を。

何気に15目を作り、ガーター編みで3往復。

そして減目をしながら、山形に。

「う~ん、むちゃむちゃ かわいい!」

調子に乗っていろんな色で5個ほど作ると、何かが見えてきました。

「旗だ!」

「そうだ、この三角をいっぱい作って、旗にしよう」と。

そして、「フェアアイル レシピ」の葉書きをかわいらしく彩ってくれました。

今回のDM、とってもお気に入りなのです。

現実逃避から生まれたアイデア。

してみるものですね、現実逃避も。

そのあとは・・・、もちろん現実に戻ってセーター作りをがんばりましたよ。

| | コメント (0)

2013年1月20日 (日)

2013 ten old Fair Isle セーター展

Hagakipic2013

この葉書き、お手元に届いている方もいらっしゃると思います。

今回は『Fair Isle レシピ』というテーマで、セーター展を開きます。

ten old のフェアアイルを記した「Fair Isle BOOK」が完成したこともあり、このタイトルにしました。

本の中は、ten old のフェアアイルの作り方「レシピ」をいっぱい詰め込みました。

そして完成した本と一緒に、セーター展では掲載作品や、その他の新作を楽しんでいただければと思います。

12月にブログで「今から籠ります」と書いてから、本当に家に引きこもりセーター製作と個展準備の毎日を過ごしていました。

いつもの個展の準備とは違って、今回は本を作る作業も入り、新作も作り・・・、初めての2か所開催の準備を進め・・・

と時間があっという間に過ぎていくのを恨めしく思いながら、時計の針が進むのと競争するかのように作業をしていました。

そして何とか一息が付き、ふとカレンダーを見てみたら「もう10日後には岡山へ行くんだ!」と気づき、また焦り始めてしまいました。

今年で13回目の個展。

でも何度となく同じような準備をしていても、やっぱり個展直前までバタバタとしてしまいますね。

ということで、本の販売も個展からとしました。

新年早々の販売も考えたのですが、個展の準備を抱えながら本の注文受付・発送は無理だと考え、まずはセーター展の準備を優先させて本発売は個展からと。

楽しみにしていてくださった皆様には、販売が遅くなってしまい大変申し訳なく思っております。

慣れない大変な作業が続き苦しくも思いましたが、でも本当に良い経験ができました。

そして、よい本ができました。

さぁ、そしてセーター展です!

本の掲載作品や、その他新作を揃えて、楽しい会場にしたいと思っています。

2月の寒いころの開催ですが、ぜひお越しくださいませ。

そして、ゆっくりとお腹がいっぱいになるまでお楽しみください。

少量ですが、小物のキットも用意しております。

そしてフェアアイルの作り方などの質問などありましたら、気軽にお声をかけてくださいね。

編んでいるものがあれば、持ってきていただいてもいいですよ。

その時は、初日以外の昼過ぎ・・・夕方近くの方がゆっくりとお答えできると思います。

でも、今回はいつもよりドキドキとしますね。

本があるからでしょうか?

2か所開催だからでしょうか?

でもとりあえず、わたしが一番にセーター展を楽しむことにします♪

※本の販売(個展会場販売・通信販売)についての詳細は、近々お知らせをさせていただきます。

久しぶりのブログ、楽しいですね。

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »