« 湯町窯と出西窯と石見銀山 | トップページ | フェアアイルのゴム編み »

2013年4月12日 (金)

イタドリの季節

2013

今朝、農協の産直市へ行くと、イタドリが!

いつの間にか、イタドリの季節となっていました。

・・・不覚にも、あまりの安さに買ってしまいました。

3束も・・・。

いつもですと出かけた折に見つけると採ってくるのですが、ここ数年イタドリ採りのいい頃合いを逃すことが多かったので、太いのに瑞々しいキラキラとしたイタドリに「一束60円か・・・」と、・・・買ってしまいました。

さっそく塩蔵に。

去年のイタドリの塩蔵は、どうも塩が少なかったようで、酸味とえぐみの抜けがイマイチでした。

反省も踏まえつつ、今年は塩をたっぷりめに。

このイタドリ、高知県ではスーパーでも見かけるほど、一般的な山菜。

同じ四国なのに、香川県では全くなじみがありません。

(なのに観音寺の産直に並んでいるとは、珍しい。)

でも、隣のおばあちゃんが高知県出身ということもあり、イタドリの採り方、皮の剥き方、塩蔵し調理の方法と、いろいろと教えてもらいました。

それから10年ほど、イタドリのあまりのおいしさに、保存食として毎年塩蔵にするようになりました。

でもこの写真をフォトショップで加工しながら、「これ・・・同じような写真、前にも撮ったよな・・・」と思いつつ、ブログを見返して。

ブログで記録を残していくって、おもしろいですね。

たまに見返してみると思います。

今年のイタドリはどうでしょうか。

自分で採ってきたものではないのですが・・・。

でに、食するのが楽しみです!

|

« 湯町窯と出西窯と石見銀山 | トップページ | フェアアイルのゴム編み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 湯町窯と出西窯と石見銀山 | トップページ | フェアアイルのゴム編み »