« イタドリの季節 | トップページ | 4月の“フェアアイル日和” »

2013年4月16日 (火)

フェアアイルのゴム編み

Photo


ゴム編みの色を決めるって、どうしてこんなに難しいのでしょう。
考えすぎて、1日が経っていることもよくあります。

ten old のフェアアイルセーターの場合、裾のゴム編みは最後に作ります。
別鎖から目を拾いそしてフェアアイルセーター本体を編み、そして鎖をほどきながら目を拾い、最後にゴム編みを編みます。
愛用すればするほど、ゴム編みは傷みやすい個所。
傷んだゴム編みを、ほっておいては可哀そうです。
そのような場合は、やはり修繕が必要。
そんな時、ゴム編みを最後に作っておいた方が、修繕がしやすくなります。

ですが、もう一つ利点が。

出来上がったフェアアイルセーター本体の雰囲気を見て、ゴム編みの色合いをどのようにしようか、と決めることができます。

フェアアイルセーターのデザインをするとき、フェアアイルの柄ばかりが作品の全てを作るように思えますが、このゴム編みの色をどのようにするかで、表現したいことが大きく変わってきます。

怖いですね・・・。

言ってみれば、「ゴム編み次第」と思えることも少なからずあります。

裾、手首、襟ぐりとあるゴム編みの面積は意外と大きく、それもすべてフェアアイルセーターの柄を閉じ込めるように端にあるので、見ていないようで意外とゴム編みの色分量が頭の中で作用し、その作品の印象を決めるようになります。

なので悩むのですね・・・、といいますか悩まなければいけないところなのです。
デザインをした色柄模様から表現したいイメージをしっかりと固め、

その上でこのフェアアイル柄のセーターを着る人を想像し、
そしてどのようなシーンで着てもらいたいか、などなど。

最初は頭の中でイメージをしたり、フェアアイルセーター本体に毛糸玉を並べて当てて雰囲気を探ります。
不精なわたしは、これで決着をつけようと懸命に頭を使うのです。
だけど不精をしたせいで1日が過ぎ、むなしいことに・・・。

で結局、観念してゴム編みのサンプルをいくつか作るのです。
結果、手間はかかるものの、これが一番早いのですね。
でもこれでも決めかねるときは、フェアアイル本体とゴム編みの写真を撮り、Photoshop で合成して確認をします。
ここまでの手間はたまにですが、手をかけるほど、完成した後の「これでよかったのか・・・」という迷いはなくなります。

今作っているフェアアイルセーターも、いつものように悩みました。
そして今回は、さっさとサンプルを3つ作りました。
不精なわたしでもやればできる、「エライ!」と自分に褒めてあげながら。

いつも、こんなふうにゴム編みを作っているのでした。

さて、上の写真のゴム編みは、どれに決めたのでしょうか♪

|

« イタドリの季節 | トップページ | 4月の“フェアアイル日和” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イタドリの季節 | トップページ | 4月の“フェアアイル日和” »