« 5月の“フェアアイル日和” | トップページ | アートの日 »

2013年5月20日 (月)

5月の“フェアアイル日和”終了

日曜日は雨が降ってしまいましたが、土曜日は快晴となった5月の“フェアアイル日和”でした。

参加された皆さま、お疲れ様でした。
お教室の日までに習得したいところまで用意をし、それぞれのところをご熱心にお勉強されていましたね。

・『花色のバック』の教材キットを初めて編まれる方、そしてその続きをお勉強された方。

・予め編んできたスワッチからゲージをとり、そこからいよいよ希望寸法に仕上げるための目数・段数の割り出し方や、そしてきれいに柄模様を入れ込む方法。

・袖の丈方向に、フェアアイル柄をきれいに配置する方法やコツ。

・靴下の編み方やコツ。

・スティークの始末の仕方。

・色を変えるときの糸のつなぎ方と、その後なぜ結んだままで終わらす処理をするかの説明。

・長く糸が渡るときの、糸の絡ませ方。

・2色の糸で二目ゴム編みを往復に編むときの方法。

・色を組み合わせるときの、視覚的効果について。

・・・あとは・・・・・。

思い出すのも大変なほどさまざまなご質問をいただき、ご一緒にお勉強をしていきました。

今回はそのような質問に答えながら、合間でフェアアイルのゴム編みの色の重要性のお話をさせていただきました。
以前、ブログで書いた「フェアアイルのゴム編み」についてです。
フェアアイルをデザインするときの、奥の深さを感じていただけたのでは、と思います。

という感じで進んでいった5月の“フェアアイル日和”。
4時間という長い時間が、アッという間に過ぎて行ってしまいました。
いっぱい詰め込んでお話をしてしまったので、皆様方はとってもお疲れになられたのでは。
もしまたわからなくなっても、次に参加いただけるときに、何度でもご質問をいただいても大丈夫ですよ。
ゆっくりとでも、しっかりと習得していくと、確実にご自分の財産となっていきます。

さあ、6月はいよいよ教材キットが『スノーグースのbookケース』となります。
またフェアアイルの深い部分をお勉強できるように、濃い内容の教材となっています。
皆様、楽しみにしていてくださいね。

それでは、お家でも引き続きフェアアイルをお楽しみください。

|

« 5月の“フェアアイル日和” | トップページ | アートの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5月の“フェアアイル日和” | トップページ | アートの日 »