« 『Hairst のミトン』 | トップページ | 5月の“フェアアイル日和” »

2013年5月14日 (火)

つばめ

我が家の玄関のドアは、いつも開けっ放し。

・・・いつの頃からか、こんな習慣になっていました。
もちろん、出かけるときはドアを閉め鍵をかけます。

ドアを開けていると、風が入ってきます。
今の季節は、咲き誇るバラの香りも風に乗ってやってきます。
夏は、あのムンとした夏のにおい。
秋には、金木犀の香り。

そして・・・、
ダンゴ虫も、
アマガエルも、
カニだって入ってきます。

でも今年、初めてのお客がありました。

一つがいのツバメが、騒がしい声とともに玄関から家の中に入ってきました。
この夫婦は新居をどこにしようか、物件探しのようです。

まぁ、珍しいこともあるもの―と、かわいらしく思いながら出たり入ったりするのを眺めていました。
ですが、どうもうちが気に入ったみたいで、一向に違う物件に向かう様子がありません。

我が家は数日留守にすることも多く、家の中に巣を作ってしまうと、玄関のドアを開け放したまま出かけなくてはいけなくなります。
そうなると困るな…ということで、でもドアは開けたまま、シフォンのショールを掛けて侵入を阻止!
でもそのショールの下から、見事に抜けてくるのです。

そんな攻防を数日続けていたある日の朝、台所の床に鳥らしきものの糞が・・・。

「もしや!」とあたりを見渡すと、冷蔵庫の上に一羽のツバメが。

どうも、昨日の夕方ドアを閉める前に玄関に入っていたようで、そのまま一晩我が家に泊まったようです。
すぐにドアを開けてツバメを玄関まで誘導し、まぶしい朝日の中、外へ出てもらいました。

すると一羽のツバメが素早く寄り添い、騒がしい鳴き声とともに二羽は飛んでいきました。
もう懲りて来ないんだろうなぁ・・・、少しさみしく・・・。

なんて浸っていたら、賑やかに二羽のツバメがまた家に入ってきました。
気に入ってくれたのはうれしいけど、困ったものです。

そんなことがありつつも、やっぱり我が家の玄関のドアは、開けっ放しです。

|

« 『Hairst のミトン』 | トップページ | 5月の“フェアアイル日和” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『Hairst のミトン』 | トップページ | 5月の“フェアアイル日和” »