« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月24日 (月)

1週間ほど、お休みします。

梅雨の只中ですが、雨の少ない四国です。

でも、じめじめと・・・。

編む手の毛糸の滑りが悪く、なんとも悩ましいこの頃です。

と、突然ですが、

今週の6月27日(木)~7月6日(土)まで、ten old の業務をお休みにします

その間は、商品の発送、メールやファックスでのお返事などできません。

メール等いただける場合は、26日(水)の正午までにお願いいたします。

尚、7月のホームページの掲載は、7月の中ごろを予定しております。

急なことでご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご了承いただければと存じます。

| | コメント (0)

2013年6月17日 (月)

6月の“フェアアイル日和”終了!

この6月の“フェアアイル日和”は、強い日差しで夏日のようになるのかなぁ・・・と思いきや、15日(土)は前線通過ということで、不安定なお天気でした。
急に雨がザーッと降ったかと思うと、空が少し明るくなり小雨に、そしてまた・・・を繰り返す空模様。

15日にご参加いただいた皆様は、そのようなお天気の中でもがんばってお越しいただきました。
さぞご不便もあったことと思います。
ほんとうに、お疲れ様でした。

16日(日)は前日とは逆に晴天となり、暑い中お越しいただきました。
これもまた、大変なことです。

梅雨時で仕方ないこととはいえ、皆様ほんとうにお疲れ様でした。

今回も楽しい“フェアアイル日和”となり、わたし自身が一番にリフレッシュ!
とっても良い、2日間でした。

6月から仲間入りをした『スノーグースのbookケース』。
お楽しみいただけましたか?

この教材キットのテーマが「24㎝幅に仕上げましょう!」ということで、少し難しそうに思えたかもしれませんね。
ゲージをとって、希望寸法に仕上げていく。
それには、柄を動かして、きれいに柄模様を入るようにしなくてはいけない・・・。

これは、フェアアイルセーターを編んでいくと、いつかはぶつかる課題なのです。
しかし、コツをつかめば、これも楽しい作業。
パズルをするみたいで、楽しいのですよ。
わたしは、この作業が大好きなのです。
この『スノーグースのbookケース』には、その部分を解説したテキストがありますので、この教材キットを作る時だけではなく、フェアアイルセーターなどを作っていて困ったときにもご参考いただけると思います。

でも皆様、きれいにスワッチを編まれていましたね!
フェアアイルセーターを何度か編まれた方も、改めてスワッチを意識しながら作ってみると、いろいろと発見があったのでは?

さあ次は、24㎝幅のbookケースを作ってくださいね。
もちろん、ポシェットでもいいですよ。
でも、24㎝幅の♪

と、教材キットを編まれていない方も、とっても頑張られていましたね。
ずいぶんと編み進められていた方や、解らないところをしっかりとまとめてこられ、ご熱心にお勉強されていたりと。
ほんとうに充実した、“フェアアイル日和”となりました。

皆様、ほんとうにお疲れ様でした。

2013年の“フェアアイル日和”の前半は、7月のお教室でひと区切りとなります。
8月はお盆休みということで、お教室もお休みです。
後期は、9月からとなります。
9月の“フェアアイル日和”の日程は、8月1日にお知らせをさせていただきます。

前期のお教室は、あと1回となりました。
さぁ、どんなご質問を頂けるのでしょう?
暑い盛りのニットは大変ですが、今頑張れば、来るシーズンからフェアアイルセーターを愛用することができますよ♪

7月も、たのしい“フェアアイル日和”にいたしましょう!

| | コメント (0)

2013年6月12日 (水)

6月の“フェアアイル日和”

L1383book

四国は、空梅雨です。

6月の“フェアアイル日和”が近づき、「雨が降ると、お越しになる皆様に申し訳ないなぁ」と思っていたら、お教室の2日間はどうも晴れるようですね。
それはそれで、夏日のような日差しの中、お越しになられるのも大変なことです。
ほどよいお天気になることを願いつつ。

6月のお教室から、新しい教材キットが仲間入りです。

スノーグースのbookケース』。
テーマは、“24㎝幅に仕上げましょう!”です。

そのテーマに沿ったしっかりとした内容の、教材キットが出来上がりました。

・必要分量の毛糸。
(教材キットでは、お教室が始まってすぐに編み始められるよう、玉にしてお渡しをしています。)

・裏布や、ボタン、皮ひもなどの、小物パーツ。

そして、テキスト!

編み図も入れて、合計6枚からなるテキストが仕上がりました。

・ゲージをとるための、スワッチの編み方。
・ゲージから、希望寸法に編むための計算方法と、柄模様の動かし方と、そのコツ。
・bookケースの編み図。
bookケースの作り方と、ポシェットの作り方
・スワッチから、可愛い敷物の作り方

と、たっぷりの内容のテキストです。

教室をしていてよくいただくご質問が、希望寸法に仕上げるための各箇所の計算方法と、その目数・段数に柄を入れ込む方法でした。
それと、スワッチはどのように編むのですか、というご質問も。

スワッチを編み、ゲージをとり、そして希望寸法に仕上げるために目数・段数を計算し、その目数・段数に柄を入れていく。

そのように、フェアアイルを編むための1から始まることを、この教材キットにまとめてみました。
この教材キットで編むのは「bookケース」ですが、内容のすべてはセーターなどの大きな作品につながります

希望通りの寸法に仕上げることや、柄模様を自由自在に入れて編むことができれば、とっても楽しいですよね。

とっ、コツを学べて、たっぷりとお勉強できる教材キットですが、ただそれだけではいけません。
学ぶことができ、そして楽しく編み、出来上がった作品をウキウキと愛用できるフェアアイルでなくては!

という思いで出来上がった『スノーグースのbookケース』。
お楽しみいただければ、うれしいです。

今回のお教室のスタートは、『スノーグースのbookケース』の説明からとなります。
その他のご質問の方には、少しだけお待ちいただくこととなりますが、ご一緒に聞いていただければお勉強になりますので、どうぞご了承ください。
できるだけお待ちいただくことのないよう、手順よく進めたいと思っております。

ということで、この15日(土)・16日(日)は“フェアアイル日和”のため、岡山へ出向きます。
今回は、14日(金)の早朝から家を出るので、13日(木)の夕方から17日(月)の昼ごろまでの間の業務はお休みとなります。
いただきましたメールやファックスの返信、ご注文の商品の発送は、17日(月)以降となります。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただければありがたく存じます。

尚、16日(日)に1席キャンセルができたため、参加可能です。
※詳しくは、ten old ホームページで。

こちらにつきましては、ten old のキットをお持ちでしたら、ご参加いただけます。
14日(金)の夕方までにメールをいただけましたら(メールのみ可、ファックス不可)、出先からメールにてご連絡をさせていただきます。

※16日(日)のキャンセルの席のご予約が入り、定員いっぱいとなりました。

また、もしキットを持っていない場合や、『スノーグースのbookケース』のキットをご希望の場合は、明日13日(木)の14:00までに申し付けください。

それでは皆様、暑さ対策、日焼け対策万全で、アートガーデンへお越しくださいませ。
準備万端で、お待ちいたしております。

| | コメント (0)

2013年6月 2日 (日)

『スノーグース』のフェアアイル

138_2

白くて小さな・・・ボンボンのような花が今年もたくさん咲きました。

『スノーグース』は、白い小輪の花が咲くつるバラ。

プランター植えながら我が家のスノーグースは、毎年、お日様が「ぐん」と力を増す季節の到来を告げるように、元気に、次から次へと花ひらきます。

そんな季節の一場面を、フェアアイルセーターのに中に編みこんでいきました。

来年も変わることなく、スノーグースのかわいらしい花が咲くように・・・と、願いを込めながら。

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »