« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月23日 (火)

7月の“フェアアイル日和”終了!

本当に暑い2日間でしたね。
そのような中ご参加をいただき、お家に帰って疲れはでていませんか?
お教室では、外の暑さには負けないくらい、熱心に頑張っていらっしゃいましたので。

そうそう今回のお教室では、『花色のバック』のスティークや、セーターのお袖のスティークを初めて切られた方もいらっしゃいましたね。
不安ながらも、どこか楽しそうな・・・、となりでいるわたしもワクワクとした気持ちになりました。
もう何百回とスティークを切ってきたわたしには、「ドキドキ!」も「ワクワク♪」もなく寂しいことです。

皆様のその「ドキドキ」が、とってもうらやましいです。

でもその感覚を隣でいることで感じることができ、なんだかうれしいですね。
スティークを切られたみなさん、楽しかったでしょ!
これを体験されると、フェアアイルの虜になってしまいますよ!

また、ご参加いただいた皆様それぞれ楽しそうに編まれていましたね。
いただく質問に答えつつ、疑問は解消されましたか?

8月のフェアアイル日和はお休みなので、次は9月となります。
2ヶ月の間があきますが、お盆など何かと忙しい頃もありますので、ゆっくりと編み進められ、また9月にご一緒にお勉強できればと思います。
※9月のお教室の日程の発表は、8月1日にホームページで掲載いたします。

もちろん、初めてのご参加の方もお待ちしております。
フェアアイル日和では、半数ほどの方が初めてのご参加のことも多くあります。
もちろん、フェアアイルセーターが初めての方も。
お気になさらず、ご参加いただければうれしいです。

さぁ、ten old は9月のフェアアイル日和の前に、『東京スピニングパーティー』のワークショップが待っています。
おそらく、初めてten old と一緒にフェアアイルセーターを編む方が多いのでしょうね。
わたし自身ドキドキ・ワクワクと、とっても楽しみです♪

そして・・・内緒の話ですが、今空想している小さな計画も進めようかと・・・。
わたしの夏休みはもう終わったので、8月はten old をバリバリと頑張ります!

それではみなさん、暑い暑い頃ですが来るシーズンに向けて、フェアアイルセーターもお楽しみくださいね。

| | コメント (2)

2013年7月18日 (木)

“フェアアイル日和”からのお知らせ

間近に迫りましたが、7月21日(日)のフェアアイル教室にキャンセルがあり、連絡をくださいましたらご参加いただけます。

ただし、家を留守としますので、メールのみとなります。

ファックスではご返信できません。

また『スノーグースのbookケース』のキットも、1点ご用意できます。

もちろん、手元にあるキットをお持ちになられて、お勉強されてもよいですよ♪

ご都合のよろしい方は、メールにてご連絡をいただければと思います。

折り返し、持ってきていただきたい道具等、返信をさせていただきます。

皆様とご一緒に、楽しくフェアアイルセーターを編みましょう♪

| | コメント (0)

“レター”のショール

Sh1294_2

『レター』の色柄模様で、ショールのキットを作りました。

この『レター のショール』は、セーター展などで私が羽織っていたもので、多くの皆様からご好評をいただきました。
「編みたい!」と、たくさんの方々におっしゃっていただけたのですが、その時はまだキットの用意ができてなくて、ほんとうに申し訳なく思っていました。

そして、ようやくキットとしてお披露目です!

同じデザインなのに、色柄模様の占める大きさが違うと、ベストとはまた雰囲気が異なりますね。
このショールには、5コの四つ葉のクローバーを編み込みました。
写真の中にも、一つ見えています。

「何コ編み込もうかなぁ・・・」と迷うのも、また楽しいものですね。
わたしは欲張りなので、5コも♪
皆さんだと、四つ葉のクローバーを何コ入れますか?

編んでも楽しく、そして日々の中で洋服にもコーディネートもしやすい色柄模様のショールです。
どうぞ、この『レター のショール』もお楽しみいただければ、とっても嬉しいです。

| | コメント (0)

2013年7月17日 (水)

7月の“フェアアイル日和”が近づいてきました。

恐ろしいほどの猛暑の日々・・・、ほんとうにつらいところです。
でも、夏バテ知らずのten old は、7月20日・21日のフェアアイル教室もはりきりますよ!

さあ、参加される皆様方は何を編まれるのでしょう。
この時期にフェアアイルセーターを頑張って編み進められると、来るシーズンからさっそく愛用できますね。

8月のお教室はお休みなので、9月まで2ヶ月も間が空いてしまいます。
その間もお家で編み進められるよう、何なりとお聞きくださいね。

今回も、初めてご参加になられる方々がいらっしゃいます。
おそらく緊張されているのでは。

そうですよね、わたしも同じ立場ならきっと緊張していると思います。

でも、ワクワクも、ドキドキも素敵なこと。
“フェアアイル日和”の時間を、気楽にお楽しみくださいませ。
しっかりと、サポートさせていただきます。

そしていつもながらでご迷惑をおかけいたしますが、お教室の間はいただきましたメール、ファックスの返信ができません。
今回は、7月19日(金)の昼から23日(火)の夕方まで、お教室等のため留守にいたします。
その間に頂きましたメール等につきましては、23日(火)夕方以降の返信となります。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承くださいませ。

お教室当日も猛暑と考えられます。
ご参加いただける皆様は、会場までの道中、暑さ対策万全でお気をつけてお越しくださいませ。
それでは、岡山のアートガーデンでお待ちいたしております。

※7月19日(金)に1件仕事が入り、早朝から出かけることになりました。
お問い合わせの返信は、18日(木)の夕方に頂きましたものまでとなります。その後のメール等につきましては、23日(火)の夕方以降となります。ご迷惑をかけいたしますが、ご了承くださいませ。

P.S 東京スピニングパーティーのワークショップでも、岡山でのフェアアイル教室同様、手元にある作品も持っていこうと思ってます。
4時間という長い時間なので、『早春のバック』を編んだり、ten old の作品を見ていただいたりと、ゆっくりと、気楽に、楽しくお過ごしくださいね。
もちろん、フェアアイルセーターについて学んでいただけるよう、しっかりとお伝えをさせていただきます!
皆様のご参加、お待ちいたしております。
ご一緒にフェアアイルを編めますことを、楽しみにいたしております。

| | コメント (0)

2013年7月10日 (水)

東京スピニングパーティー

20131jpg

20132


東京スピニングパーティー』に参加することになりました。

このイベントで、9月6日(金)にten old のワークショップを開催します。

詳細は、東京スピニングパーティーのホームページをご覧ください。

また参加申し込みは、東京スピニングパーティーへとなります。

思えば、ten old のイベント参加は初めてですね。

何度かこのようなイベントへのお誘いがあったものの、スケジュールの都合が合わず、かなわないことばかりでした。

でも今回はいろいろとご縁があり、参加の運びとなりました。

岡山でお教室“フェアアイル日和”をしているものの、また違ったわくわくがありますね。

東京スピニングパーティーでのワークショップの内容は、皆様とご一緒に『早春のバック』を作りたいと思います。

Photo_3


この作品は“フェアアイル日和”を始めた、1年半前に作った教材です。

岡山でのお教室に参加いただいた皆様は、もう作られた作品ですね。

(今現在この『早春のバック』の教材は、終了いたしました。)

今年2月の東京でのフェアアイルセーター展の折、このバックも展示していたのですが、ご覧いただいた多くの皆様からご興味をいただいた作品でもありました。

今回は初めての東京でのワークショップということもあり、まずは作りやすく、そしてフェアアイルセーターの編み込みなどがたくさんお勉強でき、何より仕上がった後に楽しんで愛用できるものをと考え、『早春のバック』に決めました。

ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひぜひご参加ください。

ご要望がありながらも四国で住むわたくしにとりまして、東京でのワークショップはなかなか叶わないものでした。

今回このような機会をいただきました、東京スピニングパーティー主催の皆様には感謝ばかりです。

どうぞ皆様、ten old と一緒にフェアアイルセーター三昧の楽しい1日をご一緒に過ごしましょう!

お会いできますことを、楽しみにいたしております。


| | コメント (0)

2013年7月 7日 (日)

今日から、ten old 開始!

早めの夏休みをいただきまして、ありがとうございました。

個展以外で、こんなに長くten old をお休みしたのは、活動以来はじめてです。

とっても素晴らしい、夏休みとなりました。

さあ、今日からten od 活動開始です。

もりもりと、フェアアイルセーターを編むぞ!

近々ブログ等で、急に決まったイベント参加について、お知らせをさせていただきます。

20131

2

2_2

Photo

Photo_2

1

3

2_3

1_2

2_4

山あり、川あり、散歩ありの、このような夏休みでした。

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »