« 夕日 | トップページ | フェアアイルセーターにスリット »

2013年9月 1日 (日)

フェアアイルセーター、『palette』

No142palette_2

まるでパレットの上に出した絵の具のように、たくさんの色と柄が楽しいフェアアイルセーター『palette』。

そして、少し形の変わったフェアアイルセーター。

フェアアイルセーターは作る過程の独特な技法ゆえ、平面的な仕上がりと着こなしになります。
そこで、立体的にフェアアイルセーターを着たいと思い、作ったのがこの『palette』。

プルオーバーセーターの作り方を少しアレンジをして、下の写真のように前身頃の胸部分に衿ぐりのホールを大きく作りました。

No142palette4_3

平らにしておくと、不思議な形ですよね

このセーターを着ると、前身頃と後ろ身頃をはぎ合わせた肩線は、背中へとまわります。
後ろ姿は丈が長くなってドレープができ、
ショールを羽織ったようなゆっくりとしたシルエットに。
前身頃は裾線がウエストぐらいの位置に上がり、ボレロのようになります。

丸首のフェアアイルセーターは、どうしてもスポーティーなイメージになりますよね。
でもフェアアイルのプルオーバーも、女性らしくおしゃれに着たいものです。
というところから生まれたのが、このセーター。

そして、この作品を作って出来上がってからのアドバイス。
いつも着ている身幅より、1サイズか、2サイズ大きく作り、だっぷりとゆっくりめの大きさに作ると、素敵に着こなせますよ。
そして、編み目もきつくハイゲージでは編まないで、すこ~しゆっくりとした編み目で仕上げるとしなやかな編地になり、後ろのドレープが
美しくでてきます。

このおもしろい形のフェアアイルセーター、『palette』をぜひ編んでみてください。
そして、おしゃれも楽しんでくださいね。

そして、ten old からのお知らせです。

9月6日(金)に開催する『東京スピニングパーティー』でのワークショップのため、この日にちの前後をとって東京に出向きます。

ということにより、
9月4日(水)~9日(月)の間の、ten old の業務はお休みとさせていただきます。
この間にいただきましたメール、ファックス等は、すぐに返信することはできません。
返信は、9月10日(火)よりとなります。

そして、ten old フェアアイル教室『フェアアイル日和』の10月の参加申し込みについては、お寄せいただきましたメール・ファックスの日にち・時間の早い方から受付とさせていただきます。
参加申し込み受付の返信は、こちらも9月10日(火)よりとなります。

いろいろとご面倒をおかけいたしますが、上記の旨よろしくお願い申し上げます。

|

« 夕日 | トップページ | フェアアイルセーターにスリット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夕日 | トップページ | フェアアイルセーターにスリット »