« 3月の“フェアアイル日和” | トップページ | いつものように・・・ »

2014年3月17日 (月)

3月の“フェアアイル日和”終了

3月の教室は、ポカポカと春の日和の2日間。
そんな春の陽気に負けないくらい、温かな雰囲気の楽しい教室となりました。
もちろん、たくさんお勉強もしましたよ。

・減目をしながらのスティークの作り方

・渡り糸の絡ませ方

・ゲージをとってからの、ベストの身幅の目数、着丈の段数の割り出し方。

・スティークの始末の仕方

・・・などなど、その他もたくさん勉強しました。
あっ、あと、2色で編む二目ゴム編みをきれいに編むコツもご一緒に考えましたね。
皆様方の熱心にフェアアイルに取り組む姿に、感心をしておりました。
近くの席に座られた方通しが協力して考えられていたり、ときには励ましあったり、とっても素敵な光景でした。
わたしはお教えする立場なのですが、いろいろな面で皆様に助けていただいているからこそ“フェアアイル日和”は楽しい教室になるのだと、心より感謝しております。

と甘えていてはいけません。
4月の教室でもしっかりとお教えできるよう、もっと精進しなくてはいけませんね。

今から次の教室が楽しみです。

そして2つお知らせ。

●今週につきまして、いただきましたメール・ファックスの返信が、2~3日遅れることがございます。送っていただいたメール・ファックスは必ず返信をいたします。少し遅くなるかもしれませんが、ご了承ください。

●ゆうしん倶楽部からのお知らせ

ゆうしん倶楽部は、広告デザイン、イラスト制作の永年の経験を活かし、代表:夏目祐慎さんが名古屋を中心に様々なセミナーやイベントを展開しています。
その活動の一つが、クレパスで描く「ことばの音色アート」というイラスト教室です。

そしてこの度、「ことばの音色アート教室」と「ぬりえアート教室」が3月29日(土)・30日(日)と東京で開催されます。

詳しくはhttp://ameblo.jp/hanfactory/entry-10851058532.html

実はこの夏目さん、「ten old」 の名づけ親なのです。
活動を考え始めたときもその後もたくさん相談をさせていただいたりと、大変お世話になった方。
できることなら私も参加をしたいものです。
紙の上に無心でクレパスの色を重ねることで、自分の中のまだ知らない何かが現れてくるのでしょうね。
毛糸の色を重ねることで表現をしているわたしにとっても、まだ表現したことのない自分の中にある何かを知りたいものです。

ご興味のある方はぜひご参加ください。
子供の頃に帰ったように、無心に色を楽しんでみると、心が軽やかになるかもしれませんね。

|

« 3月の“フェアアイル日和” | トップページ | いつものように・・・ »