« 雨 | トップページ | 9月のフェアアイル教室の空席について。 »

2014年8月25日 (月)

親指のあたま

この間、手の指のことを書いたなぁ・・・とセーターを編みながら手をみると、1本忘れてた。
左手の親指の先っぽを。

ただセーターを編んでいるだけなのに、タコだらけのわたしの両手。
シシャモがいたり、肥大した右手の人差し指、そして左手の親指の先っぽの「M!」。

わたしはニッティングベルトを使用して編むので、右手に2本の毛糸をかけて編み進めます。
左手は左の針を支えたり、編む目に針が入りやすいようにコントロールしたりと細かな動きも。

右手が花形の仕事ならば、左手は縁の下の力持ち、といったところでしょうか。
針による負担が意外と大きい手になります。

すると、左手の親指のあたまにもタコが。
それもただ丸いたこではなく、針にあたっているところが溝になり、ヨコから見ると「M」の形に。
皮膚がかたくなりその厚さも相当なのですが、しかもそれが「M」の字に・・・。

可愛く言えば「ハート♪」にも見えなくはないのですが、目の前にあるのは浪越徳次郎の親指のようでかわいくないし・・・歳がばれる・・・。

う~ん・・・・・。
まあ、いっかぁ。
Mでもハートでも。

8月15日から編み始めたメンズの新作プルオーバーセーターもきのう完成。
さぁ今日から、新作メンズベストを編みましょう。

|

« 雨 | トップページ | 9月のフェアアイル教室の空席について。 »