« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月27日 (土)

フェアアイルセーター製作メモ3

きのうから、金木犀のにおいに町がつつまれている。

青く高い空を見ていると、秋祭りのちょうさの太鼓の音が聞こえてくる。
もちろん空耳。
八幡大社の秋のお祭りはまだまだ先。
これも、観音寺っ子のあかし。
 
やっぱり新作創りは予定通りにいかないなぁ・・・。
いつものことと言えばそうなのだけど、今年はできるだけ計画通りに進めようと努力。
でも、やっぱりなぁ・・・。
まぁ、編む以外のことができないほど詰め込んだ製作計画。
こんなもんだな、うん。
ある程度は順調だし。
 
で、今作っているプルオーバーは、あと袖1本とゴム編みで完成。
9月中には終わらそう。
 
しかしゴム編みはおもしろいもの。
セーターでは地味なパーツだが、フェアアイルの中ではこのゴム編みの色次第でいろいろな効果を引き出せる。
セーターの総面積では意外と分量が多く、また端っこにあるため絵でいうと額縁のような存在になる。
 
個性的な印象に。
ゴム編みの色を引き締めてフェアアイル柄を強調する。
ゴム編みもグラデーションにして重厚なイメージに。
などなど、どのような作品にするかを考えてゴム編みのデザインを決める。
フェアアイル柄だけでは表現しきれない創作イメージを、ゴム編みの色で追い込んでいく。
 
今こうして制作時に自分がやっている・・・考えていることを書いてみるとこうなのだが、実際はそこにある作りかけのセーターが教えてくれる。
「わたしにはこんな色遣いのゴム編みが似合うと思うの」、と。
やっぱり、フェアアイルは面白いのだ。
 
さぁ、がんばろう。
 
 

|

2014年9月22日 (月)

9月の“フェアアイル日和”終了

つくづく、少しづつでも体力維持の運動をしていてよかったと。

9月の教室も、4時間のスポーツをしたあとの爽快感を感じながら終了しました。

今回は初めての参加の方が多かった2日間。
それも皆様方は遠方からのお越しで、大変お疲れになったことと思います。

いかがでしたか、緊張されましたか?
でも幾間もなく、その他のご参加の方々と楽しくお話をされていましたね。
そのような光景を拝見すると、とっても嬉しいものです。

教室の4時間は、ほんとうに短いです。
実際に編める量も少なく、またその時間内ではお伝えしきれないことばかり。
でも初めての方も通われている方からも、懸命に質問をいただきました。

基本となる、フェアアイルの柄の配置についての説明。
2色での二目ゴム編みを、往復に平編みをするときの編み方とそのポイント。
ニッティングベルトでの編み方、そのコツ。
スティークの始末の方法、2種類の説明。
脇のマチの作り方。
長く渡る糸の絡ませ方2種類の説明。

などなど・・・。

一度にすべてを習得するのは難しいことです。
でも、一つ一つ段階を踏んでステップアップするのも楽しいものです。
焦らずに、楽しみながら上達をしていきましょう。

10月の教室では、またたくさんフェアアイルを勉強いたしましょう。
どのような質問をいただけるか楽しみです。
そのために、今日も歩いて走ってしておきましょう。

 
 

|

2014年9月17日 (水)

9月の“フェアアイル日和”

2か月ぶりのフェアアイル教室“フェアアイル日和”が近づいてきました。
8月はお休みだったので久しぶりです。

今回の土曜・日曜日とともに、初めて参加される方もいつもより多くいらっしゃいます。
皆様方は、遠方よりのご参加。
4時間という長いようで短い時間ですが、フェアアイルについてのわからないところが解消され、またより楽しさを感じていただけるよう努めたいと思います。
でも、気楽な気持ちでお越しくださいね。

もちろん毎回参加いただき頑張って編まれている皆さんにも、この冬から愛用できるよう完成に向けてご一緒に勉強をしながら編み進めていきましょう。

と、ウールのシーズンが始まったばかりですが、このシーズンの教室は9月を入れてあと4回です。
1月・2月は個展開催のためお休みとなります。
12月の教室の次は、2015年3月になります。

ここでお知らせ。
まる3年近く教室で利用していた“アートガーデン”が、今年12月いっぱいで閉館となります。
とっても素敵な空間で、毎月アートガーデンに行くのを楽しみにしていたので、本当に残念でなりません・・・。

という事情でten old のフェアアイル教室“フェアアイル日和”も、来年2015年3月から場所を移します。
岡山市内中心地の、路面電車やバス利用をされる方には、とっても便利なところです。
また移動に伴い、教室の価格も変更いたします。
詳しくは、3月の教室の募集をするときにホームページでお知らせをいたします。
また、教材キットも一新します。
『花色のバック』や『スノーグースのbookケース』を勉強されたい方は、年内の教室参加をお勧めします。

と、いろいろとイベントや教室など動きがあるこれから。
またホームページやブログで順次お知らせをしていきます。
東京でのワークショップも、準備を進めています。
楽しみにしていてください。

そしていつもながらご迷惑をおかけいたしますが、この週末の教室(20日土曜・21日日曜)のため、19日金曜日から岡山へ出向きます。
よって、19日(金)~21日(日)の間のten old の業務はお休みとなります。
その間にただきましたメールやファックスの返信は、22日(月)になります。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承くださいませ。

それでは9月の教室に参加される皆様。
秋の良い日和のなか、またたくさんフェアアイルを勉強いたしましょう。
そして、いっぱい楽しみましょう。
アートガーデンで、お待ちいたしております。

|

2014年9月15日 (月)

フェアアイルセーター製作メモ2

今日の午前中は発送する荷物を作らなくてよかったからウォーキングへ。

6キロのウォーキングと軽いジョギング、プラス琴弾八幡さんの石段登り、占めて1時間の運動終了。
 
午後は引き続き、ゴム編みを編む。
昨日の午後、出かけてしまったからなぁ・・・。
 
ゴム編みを編みながら、ふと思い出す。
教室やいろいろなところでけっこうある質問。
二目ゴム編みの裏目が、表にボコボコとでてきてしまう、と。
 
どうしてそのようになるのか、編みながら考える。
そして、裏目が出てこない方法を考える。
そんなことを考えながら編んでいると、なんだか編目がおかしくなってきたぞ・・・。
いやいや、今考えるのはやめよう。
集中、集中。
 
でもいつかの教室のとき、逆転の発想でいい方法がわかったことがあったのだが、なんだか忘れてる・・・。
今晩、布団に入って目をつむってから考えよう。
 
今日はオットが取材に出ているから、わたしが犬の散歩に行かなくては。
これから行こう。
お待ちかねの散歩だぞ、福ちゃん。
帰ったらスーパーに買い物に行って、夕飯の支度。
もう時間がないからメインは既製品にして、煮物と和え物だけつくろうかなぁ・・・。
ふぅ~・・・。
 
そして夕飯の後、今日中にスティークの始末を終えよう。

|

2014年9月11日 (木)

フェアアイルセーター製作メモ1

カーディガンの袖1本が編み終わる。

只今作っているのは、女性用カーディガン。
あとは、もう1本の袖とゴム編み。
う~ん・・・、あと3~4日はかかるかなぁ。
 
しかしこの新作の中の一柄、簡単な柄のようで難しい。
タテ方向に構成された柄のため、編みあがった編地にタテの影が現れやすい。
たった1目の裏の渡り糸も気をつけないとね。
 
それとこの柄のベース色も荒れを感じる原因かなぁ。
ベージュで、しかも若干のメランジとなっている糸。
実際は編み目が揃っているのに、糸の個性で揃っていないように見える・・・。
 
でも、その素朴な雰囲気をあらわす効果をねらったのだからこれでよし。
とする。
 
さあさあ、編もう。
目標!今月はあとレディースのプルーバー1枚と、ベスト1枚。

|

2014年9月 8日 (月)

シンジル

って、タイトル、大袈裟だな・・・。
といっても、ほかに表す言葉が見つからない。

わたしはフェアアイルのデザインをするとき、紙にスケッチは描かずに、いきなり編み出します。
頭の中で構成したデザインをただ編むだけなので、やっていることは色鉛筆で絵を描くのと同じ・・・(だと思っているのですが)、そのようなスタイルで色柄を組み立てスワッチを編みあげます。
 
一つのデザインを完成させるまでに、まずすんなりといくことはなく、頭の中にある色の組み合わせを探しては編み・・・違うと感じほどく。
また違う色を持ってきて編んでは・・・ほどき、と見つかるまで繰り返す。
その間、頭の中ではつねに色を描き出しているので、顔も熱くなり頭はオーバーヒートのような状態に。
 
そんなこんなで1か月半、頭をデザインモードに切り替え考えたたくさんのデザイン。
編み始めるのは、全てのデザインを出し切った後からとなります。
 
そして只今、その考えたデザインをセーターやベスト、カーディガンなどに制作中。
ここで「シンジル」というタイトルの話に。
 
いつも失敗するのです。
デザインをおこしたスワッチを見ながら作品を編んでいると、ふと頭をよぎることがあります。
「うん・・・?このさし色でいいのかな・・・」、「この柄の間隔でいいのかなぁ・・・」と思ってしまうのです。
そして、いま思いついたことで編んでしまう。
 
編んでみると、やっぱり違うんだなぁ・・・。
結局、ほどく・・・。
 
いま思いついたことは、たぶんあの時に考え、試したはず。
編んではほどきを繰り返す中で、思いついたことは全て試してデザインを追い込んでいった・・・。
目の前のスワッチに表現していないということは、それは違うと判断したから。
やっぱりあの時に集中して考えたことを信じないと。
 
最近はこの「シンジル」を信じ、編む作業のときは編むことに集中できるようになりました。
でも、ついついやりそうになるのですが。
 
なんだか、お坊さんの修行のよう。
 

|

2014年9月 4日 (木)

ありがとう

20142

 
「川にでも行く?」と、オットがさそってくれました。
 
もくもくと、ただひたすら編み続けた8月。
 
一休みが必要と感じたのでしょうか・・・。
 
もちろん「うん!」。
 
行先は、高知の山の中の清流へ。
 
サップボードとカヤックを車に積み出発です。
 
9月のあたまというのに気温26℃、澄んだ水は21℃ほど。
 
水にふれると、解放されていく感覚になるのはなぜでしょう。
 
ゆらゆらと水の上に浮かぶ感覚をあじわいます。
 
そして、楽しく遊ぶ家族を眺めます。
 
家でいるときは仕事をしているので、目線は編んでいる針先かパソコンのモニター。
 
思えば、オットと話しをしているときもそうだなぁ・・・。
 
今日のわたしの目は、家族のあそぶ姿を思う存分に見ていてもいい日です。
 
ありがとう、たのしい1日でした。
 
20143
 

|

2014年9月 3日 (水)

9月20日(土)の教室の空席について。

2か月ぶりの教室が、9月20日(土)・21日(日)に開催します。

この両日、1席づつのキャンセルがでたため、ご希望の方は参加いただけます。

フェアアイルに興味がある方、また編み進めていてわからないところがでてきた方、皆さまとご一緒に楽しくフェアアイルをお勉強いたしましょう。

ten old フェアアイル教室についての詳細は、ホームページをご覧ください。

そして、10月18日(土)の教室は定員となりましたが、19日(日)は空があります。

|

2014年9月 2日 (火)

『紺のオールドパターン』のベスト

 

Photo_2

 
そして9月のフェアアイルをもう1点。
 
紺のオールドパターン』のベストです。
 
この作品は『ten old Fair Isle BOOK vol.2』にも掲載しているベストなのですが、実はten old の活動1年目の1997年に作った作品です。
 
むかし、むかしのシェットランドニッターがこの素晴らしい幾何学模様をデザインしたときの感覚を、少しでも感じることができればと、色を変えて作りました。
 
たった4色で構成されたデザイン。
だけど、深い印象を感じ、且つ無駄のない完璧なグラフィック。
 
わたしをシンプルな思考にしてくれる、原点のような大切な作品です。
 
そして11月ですが、もちろん岡山でのフェアアイル教室『フェアアイル日和』も開催します。
岡山と東京でのワークショップ、楽しい11月になりそうです。
 

|

2014年9月 1日 (月)

『モネ』のショール

Photo

 
9月になりました。
編み物シーズンの始まりですね。
 
今月のフェアアイルは『モネ』のショール
 
このショールは今年の1月に開催したこもの展『てとてとあしと』で発表した作品です。
カーディガンで作っていた『モネ』。
ショールにするとより大人っぽい雰囲気になりました。
 
思えば去年の今頃、このショールを編んでいたのだなぁ・・・と。
一生懸命になりすぎていて、作っていたころの記憶が少ししかありません。
 
この7月末から8月末にかけても、新作とオーダーを、プルオーバー2枚、ベスト2枚作ったのですが、気が付けば目の前に完成品があった・・・というような感覚です。
集中し過ぎていたのでしょうか。
以前、教室の方に言われたことがあるのですが、ほんとうに“鶴”が編んでくれたよう。
 
といった感じで、来年のセーターに向けて邁進しております。
 
そしてもう1点、少しだけお知らせいたします。
 
今年の11月末に、いつもの岡山での教室とは違うワークショップを企画しています。
場所は東京。
皆さまとご一緒に編む教材作品も、新しく制作しました。
只今は、その準備も進めているところです。
詳しくは、10月のホームページの更新の時にお知らせをいたします。
ワークショップの参加募集は、10月の中頃になると思います。
 
フェアアイルをとおして、皆様と楽しい時間過ごせるのは何よりうれしいこと。
そのための準備の時間もまた楽しいものです。
 
新作のセーター展、そして東京でのワークショップ、また岡山の教室『フェアアイル日和』と、お会いできる方々と素敵な時間が共有できるようしっかりと準備をしなければいけませんね。
そしてわたし自身さらに勉強をしながら経験を積み、皆さまのフェアアイルライフが楽しいものになるように励みたいと思っています。
 
いろいろ楽しいことが待っている、編み物シーズンが始まりました。
 

|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »