« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月23日 (月)

雪の丸笹山へ

20152

 
去年の夏から続いたセーター展の準備。
通常業務をしながら5ヶ月で新作を14点編みあげると、体のいろいろなところにダメージが・・・。
 
ということで疲れを取りに、雪の丸笹山へ。
やっぱり外は良い。
雪の上を一歩一歩と進んでいくのも気持ちがいい。
みんなもたのしそう。
 
明日からまた頑張ろう。
 
そして、ten old フェアアイルセーター展でも頑張ってくれていたオット大村は、明日から山岳写真家の梶山正さんと雪山取材。
ちょっとはウォーミングアップになったかな。
 
20152_2

|

2015年2月20日 (金)

2015 ten old フェアアイルセーター展

セーター展が終了し、四国に帰ってきてから1週間が経ちました。
・・・たった1週間?
という感覚です。
個展前からお待ちいただいている方、作品をお届けする方、その他いろいろなことでご連絡をしなければいけない方、と、これ以上お待ちいただくのは申し訳ないと、この1週間バタバタと対応をしていました。
でもちょっとここで、セーター展のレポートを。
Imgp16581s
今回で15回目となるten old フェアアイルセーター展。
岡山会場です。
 
がんばって良く言えば「味わいのあるレトロな建物」の2階が会場でした。
その建物の敷地に入るのに鳥居をくぐるなど、セーター展へ来るワクワクとした気持ちを盛り上げるシチュエーション。
後で話を聞くと、迷われた方も多かったみたいですね。
 
岡山は1回目からセーター展を開催していたり、教室をしているところで、言わばホーム。
古くからのお付き合いがある方、そして教室に通われている方などと多くの方にお越しいただきました。
そして近畿地方などの遠方からも。
寒い中、皆さまほんとうにありがとうございました。
 
Imgp1829bs    
そして、東京会場です。
 
岡山とはがらりと変わって、大きな窓ガラスから光が差し込む空間での展示でした。
東京では3回目の個展になりますが、この度は原宿へ場所を移してみました。
ご来場の方に話を伺うと、こちらでも会場までの道のりを迷われた方が少なからずいらっしゃったとのこと。
(今回は2会場共に、分かりにくかったようです。)
 
にもかかわらず、ほんとうにたくさんの方にお越しいただきました。
気が付けば外が暗くなっていて、時計をみれば閉店の15分前・・・と。
でも、今思い返すと、たくさんの方々とお話をしたのですが、皆様の顔と話したことも克明に覚えているものですね。
それくらい、わたしにとって刺激的な日々だったということでしょう。
フェアアイルのことを説明させていただき、ときには雑談に花が咲き、ずーっと楽しくおしゃべりをしていました。
 
Imgp1855bs_2
この度のセーター展は、メンズ作品も新作としてたくさん発表しました。
2年前は『ten old Fair Isle BOOK vol.2』の本制作の都合でレディースばかりだったので、最近ten old を知った方にはとても新鮮に感じていただけたようでした。
 
ten old のフェアアイルの始まりはメンズ作品。
当時は、力強くでもどこか可愛らしいニュアンスを含む作品が多かったように思います。
そしていつの頃からか、レディースとメンズと半分くらいの割合で新作をだしていくようになりました。
 
今回は4年ぶりにメンズ作品をつくりました。
メンズはメンズで、たまらない面白さがありますね。
実際に作品をご覧になった方も、そのデザインから受ける感覚の違いを、おもしろく感じていただいている様子でした。
『Life is good』や『シリウス』、『Ness』という作品に、とくに興味を持っていただけたようです。
 
そして全作品のなかで割合的にたくさんの点数があったのが、全面に柄が入った総柄作品。
その中でもレディースのジャケットの『ハナフル』と、まだ名前がない上の写真のショールにたくさんの注目をいただきました。
どちらも苦労をした作品、報われた気持ちです。
 
新作につきましては、今後ホームページの更新時に掲載していきます。
 
Imgp18691
今回会場では、ほんとうにたくさんの方からフェアアイルの編み方などのご質問を受けました。
知りたいという好奇心は素晴らしいものですね。
 
基本のテクニックをマスターすれば、それからが物創りの本当の楽しみが始まります。
上手くいかないことも、ちょっぴりの苦労も楽しいことです。
そう思える気持ちが、ステップアップへとつながるのでしょうね。
 
そして、ten old のフェアアイルをお買い上げいただきました皆様、誠にありがとうございました。
日々の中でご愛用いただき、そして怖がらず洗濯をしてください。
洗濯をすることで、フェアアイルセーターは柔らかくなり、よりしっかりとしたロフトを感じるようになります。
フェアアイルセーターは「育てる」セーターです。
シンデレラのガラスの靴のように、あなただけのセーターへとなります。
そして育ったフェアアイルセーターに再会できますことを楽しみにしています。
 
と、先週フェアアイルセーター展は終了したばかりですが、なんだかすでに次へのスタートを切ったように感じています。
今は、頭の中でやりたいたくさんのことがいろいろと回っています。
しっかりと整理をし、計画を立て、一つ一つ実現していきたいものです。
 
この場で皆様への感謝を綴っても伝えきることはできませんが・・・、ほんとうにありがとうございました。
18年というこんなに長い年月を続けてこられたのも、ten oldのもの作りを応援していただける方々がいるからだと強く思っております。
そして、同じ価値観を持っている方がたくさんいることも、大きな励みです。
 
心より、心よりお礼申し上げます。

|

2015年2月14日 (土)

3月の“フェアアイル日和”受付開始時間について

早いもので、3月のフェアアイル教室“フェアアイル日和”の参加受付日が明日となりました。

 
教室の申し込みは、いつもでしたら月頭の1日のホームページ更新後からとなりますが、この度はセーター展があったことで月の中頃の15日からとなります。
いつもと違う様子のため、受付開始時間のお問い合わせがありましたので、こちらでもお知らせをさせていただきます。
 
教室の参加受け付け開始時間
 
・メールの場合は2月15日(日)の日付に変わりましたら、ご都合の良いときにいつでもいただければと思います。
※携帯電話からの方は、PCメールで返信した場合でも受信できるよう、設定をよろしくお願いします。
※携帯の方によくあるのですが、お名前が書かれていない場合がございます。必ず、名前を書いてください。
 
・ファックスの場合は、2月15日(日)の朝7:00以降でお願いします。
※折り返しご連絡ができるよう、ファックス番号を必ずお書きください。
 
以上となります。
皆さまのご参加、お待ちいたしております。
 

|

2015年2月12日 (木)

『2015 ten old フェアアイルセーター展』 終了

Life_is_good
『2015 ten old フェアアイルセーター展』が終了しました。
2年ぶりの新作セーター展、岡山・東京会場とともに本当に多くの方にご来場いただきました。
ただただうれしく、感謝ばかりです。
楽しい記憶がぐるぐると頭を駆け巡り、幸せな心地のまま四国へと昨日帰ってきました。
 
ということで、個展期間中はten old の業務をお休みしていましたが、本日からまた再開いたします。
お休みの間にいただいておりましたメール・ファックスにつきましては、これより順番に返信をしていきます。
込み合っておりますので、申し訳ございませんが少々お待ちください。
 
そして、この度初めての試みの『Life is good』フォトエッセイ集(新作作品図録・有料)も、たくさんの皆様にお喜びいただけてほんとうにうれしく思いました。
 
個展で無料でお渡しするパンフレットの掲載作品は、写真が小さくまた作品も平面なものでした。
また皆様それぞれにお持ちのパソコンのモニター、またスマートフォンやタブレットの画面では正確な色をみることが難しいようで、それについても、どうにか実物に近い色合いを手元で見ていただけないものかと思案していました。
そのような理由から生まれたのが、フォトエッセイ集です。
 
ten old のフェアアイル作品には、一つ一つ名前がついています。
その作品の世界感を美しい写真で伝えつつ、そして実物の作品の色合いをみていただければうれしいです。
 
図録の作品の色合いは、昼間の自然光で見た色に合わせました。
会場はオレンジ色のスポットライトが当たっていたので、図録の方がより正確な色に近いです。
編んでみたいなぁ・・・など、気になる作品がある場合はお手元の図録をご参考ください。
 
そして、このフォトエッセイ集の製作者である夫・大村目線でみた、わたしの制作風景も綴られています。
合わせてお楽しみください。
 
尚ホームページでは、月頭の更新時に今年の新作を1点づつ掲載していきます。
 
個展の風景などは、また改めてお知らせをいたしますね。
セーター展にお越しいただけなかった皆様、楽しみにしていてくださいね。

|

2015年2月 8日 (日)

明日は、2015 フェアアイルセーター展 最終日

 

Dscf2408s

『フェアアイルセーター展 in 東京』も4日目が終わりました。

2年ぶりの新作セーター展。

2年前の記憶を呼び起こし、こんなに楽しいものだったのかと再認識するほど、充実をした4日間でした。

この4日間で2回お越しいただいた方も何人もいらっしゃいましたね。

ただただ、うれしく思うばかり。

ライフワークとなっている新作のセーター展をまたがんばって開催したいと思っても・・・・・・、次はやっぱり2年後かな・・・と。

2015年新作も、個展終了後にはご予約の方の手元にお渡しとなります。

見てみたいと思う方は、ぜひ明日の最終日にお越しください。

明日は長く続いたten old セーター展の最後の日。

わたし自身が思う存分楽しんで、そして終了後すぐに西へ向かって帰りましょう。

そして、また新しいten old へと進みます。

|

会場の『雪うさぎ』

Dscf2411s_2


皆さまが楽しそうにフェアアイルをご覧になっている様子。

雪うさぎは嬉しそうです。

|

2015年2月 7日 (土)

in 東京 3日目

東京でのセーター展も3日目。

折り返し地点となります。

岡山から続く個展の日々からいえば、明日の日曜日と月曜日の残り2日となりました。

長かったような、早かったような。

今日も本当にたくさんの方々とお会いできました。

以前にオーダーのフェアアイルを編み、そして懐かしいセーターを着てお越しいただいた方。

---わたしが編んだセーターだけど、その方のよき相棒となっていたフェアアイルが誇らしく、そしてなんとも言葉では足りない感動がありました---。

メールからキットをお買い上げいただき、そして初めてお会いし、編んだフェアアイルを旦那様が毎日着ているとちょっぴり困った様子にでも嬉しそうに話してくれた方。

これからフェアアイルを編み始めたいとキラキラとしている方々。

そして、高校のとき3年間担任だった大好きな先生、も!

今日も気が付けば閉店の夕方6時となっていました。

あという間の、とっても楽しい1日でした。

明日は、どんな日が待っているのでしょう♪

|

2015年2月 6日 (金)

ばら

Img_08921_2


今日は快晴。

気持ちのいい空でした。

今日も多くの方にお越しいただきました。

ありがとうございます。

セーター展で現物の作品を熱心に見ていくと、ウズウズと編み物モードになられていく方が多いみたいですね。

途中まで編み進めていたものの休んでいたり、キットを買って毛糸を眺めているだけで幸せな気持ちになって編み始める前に満足してしまっている・・・なんて話も伺いました。

でも、急に編みたくなって「おうちに帰って続きをがんばります!」と。

ということで、フェアアイルモードいっぱいで家に帰ってもすぐに編めるように、小物キットを用意しました。

ふと気が付いたのですが、同じ内容で同じ数の小物キットを用意していても、岡山会場と東京会場では売れていくものが違うんだなぁ…と。

岡山会場では手袋から先に売れていき、東京会場では帽子から売れていくようです。

これも遠く離れた2会場で開催している楽しさだなぁと思いました。

明日は土曜日です。

仕事がお休みの方々がいらっしゃっていただけるのでしょうか。

楽しみですね。

昨日ふと気が付くと、展示棚に折り紙でおられたバラが。

曲線が美しい、可憐なバラです。

どうもありがとうございました。

作品と一緒に並んでいてもらいましょう。

|

2015年2月 5日 (木)

やっぱり楽しい!

雪の天気予報もハズレた今日。

でも、雨でもやっぱり嫌ですね。

そんな日にもかかわらず、初日のセーター展お越しいただきました皆様、ありがとうございました。

ゆっくりと、熱心に作品を見ていただき、そして時には編み方のコツなどもお伝えしながら、何気ない雑談にも花が咲き、ほんとに楽しい1日でした。

とうことで、なんだか写真を撮るのを忘れてしまいました。

実物の作品を見ていただけるのは個展の時だけ・・・。

その機会を大切にするように、丁寧に見ていただける方ばかりで、ただただうれしく感謝ばかりでした。

しかし驚いたのは、ひょいと四国の川の友達が会場に現れたこと!

「どうしたの!」と。

普段は仕事のことはあまり話さないので、このように作品をじっくりと見てもらうのは初めてかもしれません。

ちょっと気恥ずかしかったりして。

でも、いい時間でした。

やっぱり楽しいですね、個展って。

苦労も忘れました。

今日お越しいただいた方の中には、会期中にもう一度来ます!とおっしゃっていただける方もいました。

時間が許せるのでしたら、何度でもお越しくださいね。

この機会とばかりに、いろいろとご説明をさせていただきます。

明日は、どんな方と、どんなお話ができるのでしょう。

いいお天気になれと願いつつ。

|

2015年2月 4日 (水)

フェアアイルセーター展 in 東京 始まります。

 

Img_08891

ガレリア原宿での展示準備も無事終わりました。

そして明日から5日間のten old フェアアイルセーター展が始まります。

会場の正面写真です。

目印は、『108羽のニワトリ』のベスト。

ten old のセーター展に必ず登場する看板ベスト。

でも、明日のお天気が心配ですね。

雪の予報。

思い返せば、2年前も、4年前の個展も、一日は雪の日があったなぁ・・・と。

お越しいただける皆様、足元を十分お気を付けください。

それでは、ガレリア原宿でお待ちいたしております。

|

東京へ

Img_08671

「いつ見てもカッコいいなぁー」と太陽の塔にあいさつし、

Img_08731

でっかい富士山にも会え、

Img_08811

昼ごはんに三島コロッケカレーを食べ、

東京につきました。

うん、完璧!

さぁ、これからセーター展 in 東京の開催に向けて展示開始!

●お知らせ

フェアアイルセーター展のため、その期間の前後を含みten old の業務をお休みいたします。
 
休み期間 : 1月23日(金)~2月11日(水)
 
この休み期間にいただきましたメール・ファックスの返信はできなくなります。
返信ができるのは業務が再開した2月12日以降から、順番に対応していきます。
尚、メールを見ることはできますので、急を要する場合はこちらからご連絡をさせていただきます。
※ファックスは見ることができません。
 
また、この期間中の『ten old Fair Isle BOOK vol.2』やキットのご注文も、業務を再開した2月12日からの対応となります。
 

|

2015年2月 1日 (日)

フェアアイルセーター展in 岡山 終了

Img_0863s_2


フェアアイルセーター展 in 岡山が終了しました。

あっという間の5日間。

お越しいただきましたたくさんの皆様、本当にありがとうございました。

楽しい毎日で、頭の中の記憶を一つづつたどるとどれも素敵な時間ばかりでした。

つくづく思ったのですが、このような時間を持てるよう、また個展をしなくっちゃ!と。

そして、頑張るぞー!と。

重ね重ねとなりますが、本当にありがとうございました。

皆様に感謝のハートを送ります。

そして、次は in 東京!

ドキドキ、ワクワク。

さあ、どのようなお話ができるのでしょう、楽しみです。

皆様のお越しを会場でお待ちしております。

|

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »