« 梅雨の晴れ間に | トップページ | 6月の“フェアアイル日和” »

2015年6月14日 (日)

そして、もう一仕事。

2015_the_sky

オットのフェアアイルセーターも洗ってきれいになりました。
でも、もう一仕事。
袖のひじ部分の、薄くなっているところの修繕。
 
9年ぐらい着続けているこの『the sky』のフェアアイルジャケット。
このぐらい長く着ると、いろいろなところに傷みがでてきますね。
今までも、擦り切れたゴム編みや、前立てのボタンホール、伸びてしまった身頃の裾のゴム編みなどなどの修繕をしてきました。
 
でも、最近とっても修繕回数が多いのは、袖のひじ部分。
毛糸が薄くなって繊維一本でどうにかこうにか保っている状況。
もう今にも切れて穴が開きそうです。
そんな箇所がそこかしこに。
このように傷んだところは切れて穴が開く前に見つけると、修繕が比較的簡単。
針に毛糸を通し、細くなった毛糸を辿るように、刺繍をするように刺していきます。
分かりにくいけど上の写真だと、赤茶に見えるところが昔の毛糸で、チャコールグレーが修繕をしたところ。
・・・同じ品番の毛糸で修繕をしたけど、9年も経つとこんなに色があせてしまうんですね。
 
両肘をよーく見ると、薄くなっているところがたくさん・・・・。
でも、今日はとりあえずこの方法で修繕。
これ以上に傷めば、もう奥の手しかないなぁ・・・。
面倒だからやりたくないんだけどなぁ・・・。
でも、その時は頑張りますよ!
まだまだ頑張ってほしい『the sky』。
来るシーズンも、オットをよろしくね。
 
 
※6月25日(木)~7月9日(木)の期間で、ちょっと早い夏休みをとります。
この間、ten old の業務はすべてお休みとなります。
 

|

« 梅雨の晴れ間に | トップページ | 6月の“フェアアイル日和” »