« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月26日 (木)

12月のホームページ更新について

●お知らせ

“ワークショップ in 東京”のため、12月のホームページ更新は12月3日(木)になります。
来年1月の教室の日程のお知らせ、また受付開始も12月3日(木)からとなります。

そしてもう一つ、楽しいお知らせも♪

※“ワークショップ in 東京”のため、11月26日(木)~12月2日(水)の間のten old の業務はお休みとなります。
この間にいただきましたメール・ファックスの返信は、業務再開の12月3日(木)以降となります。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承お願いいたします。

|

2015年11月25日 (水)

“ワークショップ in 東京” 編み針について

編み針には棒針、輪針とあって、皆様それぞれでお好みがありますよね。
また作品の周囲の長さによっても、編みやすい、編みにくいがあります。

今回の“ワークショップ in 東京”で編む教材キット『snow-snow のバック』は、小さな輪(短い周囲)を編むようになります。
ここで難しいのが、輪針を使用する場合のコードの長さの選択。

正直言いまして、わたしはどんなものでも(5本指の手袋の指先まで)ニッティングベルトを腰に巻き40cmの長さの棒針で編むので、いまいち輪針で編む感覚は分かりにくくあります。
ですが、教室などで多くの方が輪針で編んでいる様子から、いろいろと知ることができました。

ワークショップに参加される方にお送りした案内状に、持ち物の説明を記載しています。
小さな輪を輪針で編むときは、長いコード(100~120cm)のものを1本か、60~80cmのものを2本使用するか、どちらかを選んでください。
または不安な場合は、コードの長さは揃ってなくていいので、同じ号数の輪針を2本用意された方がいいでしょう。
お人によって、1本の方が編みやすい、2本の方が編みやすい、とありますので。
それも確認をしながら、フェアアイルを勉強をしていきましょう。

棒針の方は4本用意していただければ、大丈夫です。

ワークショップ直前となりましたが、輪針のコードの長さの選択で迷われていたらと思い、ちょこっと書いてみました。

|

2015年11月24日 (火)

“ワークショップ in 東京”へ向けて

さあ、近づいてきましたね。
“ワークショップ in 東京”!
今週末となりました。
わたしはというと、忘れ物はないか、準備はこれでいいかと、夢にも出てきそうです。

ten old のワークショップに初めて参加される方は、とくにドキドキとされているかもしれませんね。
どうぞ気楽に“フェアアイル日和”を楽しむようにお越しください。
そしてたくさん勉強しながら、楽しみましょう。

シェットランドシープヤーンの素朴で優しい手ざわりを、楽しむ。
編むごとに現れてくる色柄模様を、楽しむ。
新しく経験することを、楽しむ。
そして、ちょっと難しいなぁ・・・ということも、楽しむ。

参加いただける皆様にとって、楽しい1日だった!と思っていただけるよう、ten old も楽しみます!
それでは皆様、会場でお待ちいたしております。

●お知らせ
“ワークショップ in 東京”のため、11月26日(木)~12月2日(水)の間のten old の業務はお休みとなります。
この期間にいただきましたメール・ファックスの返信は、業務再開の12月3日(木)以降となります。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承お願いいたします。

 

|

2015年11月23日 (月)

11月の“フェアアイル日和”終了

今月の“フェアアイル日和”は、初めての参加の方、そして毎月通われている方とで進んでいった教室。

初めてご参加の方も、和やかに楽しそうに編まれていたので、ほんとうによかったです。 
整ったきれいな編目で素晴らしかったですね。

そして毎月通われている方は、この1カ月の間でものすごいスピードで編み進めれている方が多くいらっしゃいました。
「もうこんなに編まれたのですか!」とびっくり。
秋も深まり冬の気配が感じ始めたこの頃ですから、ちょっと編むスピードを上げられたのでしょうね。
それに、クリスマスまで残り1か月となりましたしね。
家に帰ってから困らないように、分からないところを勉強して、皆さん頑張っておられました。

ですが、ほんとうに楽しそうにフェアアイルを編まれているご様子に、とっても元気をもらいました。
そして皆さんの編む手を見ていると、気持ちが和み癒されました。
小さな頃に見た、編み物をする母の手のようでした。

今年のフェアアイル教室も、12月の1回を残すばかり。
12月は今年の締めくくりとして、フェアアイルをたくさん楽しみましょう。
といっても、いつも楽しいのですが♪

そして、いよいよ“ワークショップ in 東京”が今週末と近づいてきました。
ワクワク、ドキドキです。

|

2015年11月19日 (木)

LIVE へ

17日はLIVEで、岡山へ。

やっぱりすごい。
生で聞く演奏と、歌声、そしてパフォーマンスは。

演奏を聴きながらふと・・・、
これだけのパフォーマンスができるのにどれだけの時を経てきたのだろう・・・。
人生ともいえる、膨大な時間を感じた。

そして心に届くにはなぜだろう・・・と。
きっと発信する側が、演奏しながら、歌いながら、この時を楽しみ、愛おしく感じているから、
だから伝わってくるのだろうと。

SOUL POWER ってすごい。

ten old も、SOUL POWER で行こう。

|

2015年11月17日 (火)

11月の“フェアアイル日和”

今年の秋は四国剣山系の山にも行けず・・・、紅葉を見逃してしまいました。
きれいだったのかなぁ・・・、きれいだったんだろうなぁー。
しかし、暖かな晩秋です。
もうこの時期だと、寒波がひとつ来てもおかしくないのに。
でも、やっぱり編み物にはよい季節です。

さぁ、11月のフェアアイル教室“フェアアイル日和”も近づいてきました。
今編んでいるセーターをクリスマスのプレゼントに!と、がんばっている方もいらっしゃるのでしょうね。
きっと、暖かな心いっぱいの素敵な贈り物になりますね。
教室でわからないところなどをクリアーして、頑張って仕上げていきましょう。

そしていつもながら岡山で開催する教室のため、20日(金)~22日(日)の間のten old の業務はお休みとなります。
この間にいただきましたメール・ファックスの返信は23日(月)以降となります。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承お願いいたします。

 

|

2015年11月14日 (土)

寛永通宝の砂ざらえ

201511

 
これが銭形―寛永通宝を間近で見たところです。
近くの琴弾山の山頂から見た写真はよく掲載されているのですが、下で見るのは実際に銭形に来た人しかないかもしれませんね。
 
ちょうど1週間前に秋の砂ざらえがあったところ。
ほぼ毎日のように散歩に行って見ているけれど、「おっ!エッジが立ってる!」と思わずカメラでパチリ。
この角度だと、「寛永通宝」の「永」の字の、右の払いくらいですかね。
 
写真では分かりにくいのですが、この溝の深さは2メートル強。
けっこう深いのです。
しかし、松林の向こうはすぐ海。
風雨で字のエッジが丸くなったり、溝に砂が堆積し、字の陰影がはっきりしなくなります。
そこで春と秋の年2回、砂ざらえが行われるのです。
 
あー・・・、わたしも掘りました。
中学生の時・・・。
この寛永通宝のある琴弾公園の中、というかその端っこに建つ中学校に通っていました。
そりゃー掘りますよね。
懐かしいですね。
思い返せば、大きなシャベルで空に向かって砂をかき上げて、けっこうおもしろかったなぁー。
 
詳しくはわからないのですが、この砂ざらえはボランティアの力で掘られます。
興味のある方は是非。
砂ざらえの時しか、中に入れませんしね。

|

2015年11月 9日 (月)

忘れてた~

G10036_heritage_2_2

 
存在を忘れてた~・・・・・。
 
2015年の個展の時に会場で編んでいた『Heritage の手袋』。
会場でわたしが編んでいたのを、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。
その後、個展の片づけをバタバタとする中で仕舞いこみ、・・・忘れていました。
編みかけの小指の目に針が入ったまま、お休み状態・・・。
でも、今は急ぎでやらなくちゃーいけないことが・・・。
あ~・・・、また少しの間このままお休みをしていてもらおう。
ぜったい編むからね~!

|

2015年11月 5日 (木)

とりあえず一息、ほっ・・・

10月31日のワークショップ in 東京の参加募集が終わり、ほっと一息つきました。
昨日あたり、参加いただける皆様のところに案内状が届いたことと思います。

個展にしろ、企画的なワークショップにしろ、準備は何カ月も前から始まります。
準備に追われ大変なことも多々ありますが、とっても楽しいですね。
こんな風にすれば喜んでくれるかなぁ♪ここはこうした方が分かりやすくなるかも!
そんなことを考えながらの作業は、しんどい仕事でもやりがいがあります。

元々、裏方仕事が大好きで得意。
個展やワークショップの当日になると表に出なくてはいけないのですが、それは実のところちょっと苦手。
でも、そんなことは言ってられません。
大切な時間を作ってお越しいただける方々。
ワクワクとしたお顔の皆さまをみると、いつもスイッチがパチンと入ります。
さぁ、裏方仕事の集大成。
ワークショップでは、皆さま一人一人が主役です。
わたしはそのお手伝いを、しっかりとさせていただきます。

ワークショップは11月の末とまだまだ先のように思えますが、きっとあっという間にやって来るのでしょうね。
今から楽しみです。
そして、キャンセル待ちの方々に近々ご連絡をさせていただきますね。

・・・・・きのう、教材キットの新作を編みました。
かわいいです・・・。
こちらはまた次の機会に♪   

 

|

2015年11月 1日 (日)

『Heritage』のフェアアイルセーターと、手袋

100heritage

 
G10036heritage
 
今月のフェアアイルは『Heritage』のフェアアイルセーターと、手袋。
2006年・・・今から9年前に発表した作品です。
その後まもなく、使用糸の数色が廃色となってしまいました。
キットの問い合わせも多かったのですが、作品を構成する主な色が廃色になったため代替えの色も利かず、キットを停止していました。
そして、ようやくオリジナルの『Heritage』を再現することができ、2015年の個展であらためて発表をしました。
 
Heritage
「これぞフェアアイル」という伝統的な柄構成の作品。
色合いは、シックで優しく―。
裾から肩まですべて異なる模様を編み込んでいます。
フェアアイル柄を存分に楽しめる作品です。
プルオーバーセーター、手袋と、フェアアイルの醍醐味をお楽しみください。
 
※ホームページで11月のページが見れないときは、更新マークをクリックしてみてくださいね。

|

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »