« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月30日 (水)

1月のホームページ更新日のお知らせ

201512

 
寒くなって、福ちゃんの散歩ブームが再燃。
目と目が合うとよぼよぼと立ち上がり(14歳のおばあちゃんなもので)、キラキラとした顔で散歩に行こう!と誘ってくるから困りもの。
だから、できるだけ目を合わさないように。
・・・しかし・・・。
仕事の合間の散歩か―、散歩の合間の仕事か―。
そんな感じで過ぎようとする、2015年。
今年もみんな元気でよかった、よかった。
いろいろ楽しかったしね。
 
肝心な、来年1月のホームページの更新日につきまして。
 
2016年最初の1月のホームページ更新は、1月4日になります。
またそのとき、岡山の教室“フェアアイル日和”の2月の日程のお知らせと、参加受け付け開始となります。
 
2015年のten old はセーター展から始まり、岡山の教室、東京でのワークショップと、駆け抜けた1年。
たくさんの出来事を思い出してみると、すべて今年のことだったのかと驚くほど濃密な1年でした。
ten old の活動が楽しかったのも皆様のおかげと、感謝ばかりです。
ほんとうに、ありがとうございました。
 
ten old の2016年は・・・。
やりたいこと、表現したいことがいっぱいで、どこから手を付けていいかわからないほど。
でも、一歩一歩、しっかりと足の裏で大地を感じながら歩いて行こうと思います。
フェアアイル作品の発表、イベントなど、いろいろと進めていきますので楽しみにしていてくださいね。
そして皆さまとご一緒に、フェアアイルの楽しさ、素晴らしさを共有できれば幸いです。
 
2016年も、ten old をどうぞよろしくお願いいたします。
 
皆さまにとっても、心穏やかに、そしてお体も健やかな笑顔の年になるよう、心よりお祈りいたしております。

|

2015年12月27日 (日)

ゴム編みの色~・・・・・。

ちょっと休憩・・・。

ゴム編みの色、どうしようかな。
考えすぎだから、ちょっと離れてクールダウン。
 
しかし、いつも、いつも悩むのがゴム編みの色。
オリジナル作品が男性が着ることをイメージして作ったものだから、ゴム編みもそんなイメージで色組。
でも今作っているオーダー作品は、女性用のカーディガン・・・。
そのまんまのゴム編みの雰囲気だと、う~~んなんか違う。
ゴム編みの色を替えたい旨をお伝えし了解は得たものの、あの方に似合う色は、この色か、こっちの色か、悩む~。
 
何度か書いたけど、ゴム編みは脇役のように感じられているけど、フェアアイルにとっては大きな存在。
裾、袖口、衿ぐり、カーディガンの前立てに作るゴム編みは、絵で言うと額縁のようなもの。
絵画も日本画も、その額選びや装幀が大切と聞く。
ゴム編みの色合いや構成で、作品のイメージが大きく変わってくる。
わたしはそのゴム編みの効果を利用してのデザインづくり。
ゴム編みの色使いも計算に入れながらデザインするけど、これが、大変。
ゴム編みで表現できることは無限にあるけど、一つを選ばなければいけない。
 
う~ん・・・・・。
ほんとうに、どうしよう・・・・・。
もうちょっと、集中をして考えてみよう。
きっと素敵なカーディガンができる、と信じながら。
 

|

2015年12月22日 (火)

12月の“フェアアイル日和”終了

今年最後の“フェアアイル日和”が終了しました。
昨年まで教室として利用していたアートガーデンが閉館となってしまったため、今年の3月からルヴィオに会場を移し、新たに始まったフェアアイル教室。
思えば、あっという間でした。
小さな部屋ながら、楽しく勉強ができる空間。
多くの皆様に参加いただき、さっそくたくさんの思い出ができました。
お貸しいただいているオーナーさんに感謝です。

今年最後ということで・・・、というかいつものように熱く(?)楽しく進んでいったレッスン。
フェアアイルの基礎部分からお勉強された方、そして編む経験を重ねるごとに出てくる疑問にも一つずつお答えをしていきました。
次はどんな質問が来るのかな、と、わたし自身が楽しみだったり、ドキドキしたり。

2015年、フェアアイル日和に参加いただいた多くの皆様、ほんとうにありがとうございました。このフェアアイル教室は私にとっても大切な時間だと、あらためて感じています。
そしてこの教室を通して、もの創りの楽しさをより深めていただければと思います。
そしてこれからも、そのお手伝いをいたしますね。
・・・もっと精進をしなければ!

2016年の“フェアアイル日和”もどうぞよろしくお願いいたします。

※来年2月に開催する“ワークショップ in 東京”のため、岡山の教室は第4週目の土曜日とその翌日の日曜日の予定です。
1月のホームページ更新の時に、確定した2月の教室の日にちをお知らせいたします。

|

2015年12月17日 (木)

“ワークショップ in 東京 2016”開催します

L16_snow_and_tree

 
●“ワークショップ in 東京 2016”開催 : 教材キット『snow and tree のバック』
 
発表以来多くの反響があった『snow and tree 』のショール
それは、ten old も驚くほど。
美しく移り変わっていく色のグラデーション、幻想的に表現される大きな総柄模様への憧れをお持ちだからでしょう。
 
そこで“ワークショップ in 東京 2016”のテーマは『美しいフェアアイル模様を編むための基本』をテーマに、『snow and tree 』を小さなバックにアレンジして、教材キットとして勉強していきます。
 
大きな総柄模様は裏面の渡り糸が長く、その張り加減が難しいため、「編地が引き攣れて美しく編めない」というお悩みの声をたくさん聞きます。
そして渡り糸が長い場合、どれほどの間隔で絡め止めればいいのかも、悩むところ。
そんなことが怖くて、総柄模様の作品を編むのに躊躇されている方もいらっしゃるのでは。
 
また、このバックの底の「雪片模様」も、小さなモチーフですが、模様として見栄え良く編み込むのは意外と難しいのです。
大きな総柄模様から小さな模様まで、美しく編み込んでいくコツやテクニックを、ワークショップでお伝えできればと思っています。
 
さらに、フェアアイルのテクニックについて、いろいろなこともお話しする予定です。
 
詳細はten old のホームページをご覧ください。
ten old ホームページ:「ワークショップ in 東京 2016」
開催日 : 2016年2月20日(土)・21日(日)・22日(月)
受付開始日時 : 2016年1月23日(土) 午前10:00より
※『snow and tree のバック』の教材キットは、“ワークショップ in 東京 2016”限定となります。その後、岡山での教室でもお分けする予定です。
 
今シーズン2回目の“ワークショップ in 東京”はこのようなことをテーマに進めていきますが、でもやっぱり一番大切なのは「楽しくフェアアイルを編む!」です。
皆さまとご一緒に、編むごとに現れてくる色柄模様に、ワクワクと弾む気持ちを味わうことができればうれしいです。
フェアアイルを編むのは初めてという方も是非ご参加いただき、新しいニットの世界への扉を開いてくださいね。
 
それでは皆様のご参加、お待ちいたしております。

|

2015年12月16日 (水)

12月の“フェアアイル日和”

3月から“フェアアイル日和”の会場をルヴィオに移し、そしてあっという間に12月となりました。
今年最後の教室です。

教室では皆様とご一緒に、わたしも勉強させていただいています。
皆さまからのご質問に答えることで、頭の中にふわっとあることを言葉としてまとめることができます。
再認識したり、再確認したり、これってとっても大切なことですね。
やはりわたしにとって“フェアアイル日和”は、大切な存在です。

1年の締めくくりとして、いつもより熱く!?勉強をし、たくさん笑って、来年もいいことがあるよう福を呼び込みましょう。

そしていつもながらご迷惑をおかけいたしますが、この週末に開催する岡山での教室により12月18日(金)~20日(日)の間のten old の業務はお休みとなります。
その間にいただきましたメール・ファックスの返信は21日(月)以降となります。
どうぞよろしくお願いいたします。

それでは皆さまとご一緒にフェアアイルを勉強できますことを、楽しみにいたしております!

|

2015年12月14日 (月)

編む日々

130

 
この土曜・日曜日は、ほんとうに久しぶりに集中してフェアアイルが編めた。
といっても、土曜の朝はパソコンの前に座って、日曜日の朝は用事で隣町の川之江へ行っていたので、2日間ともに午後からだけど。
 
ほんのときどき・・・
ディズニーのシンデレラで、魔法使いのおばあさんが「Bibbidi-Bobbidi-Boo」と魔法の杖を振りシンデレラに魔法をかけると、足元からドレスがキラキラと現れてくる・・・
編んでいると、魔法使いのおばあさんが魔法の杖を振ったかのように、「サァー」と編みあがってくることがある。
それはほんとうに、シンデレラのあのシーンのように。
・・・感じる・・・・、だけなのだろうけど。
いつもと違う感覚、不思議。
あー、やっぱり編むのは楽しいなぁ。
 
と、こんなに編むことに集中できる時間があったのも、毛糸の荷物が届かないせい。
毛糸よ、お願いだから早くわたしの所に来ておくれ。

|

2015年12月10日 (木)

岬の道へ

2015_1

 
朝起きてとっても気持ちのいい光と空気だったので、久しぶりに岬の道へ。
車で30分とかからず到着。
荘内半島の先っぽにある、灯台へ続く遊歩道。
ぽくぽくと散歩。
 
2015_2
 
こんな風景をみると、瀬戸内もなかなかやるなぁ。
遊歩道の途中にあるベンチに腰かけて思ったり。
岬に来るとき大浜にあるパン屋さん「空と海」に立ち寄り買ったマフィンも食べて、こんな朝久しぶりだなぁと。
のんびりしながら灯台までの往復、約1時間半。
さあ、家に帰って今日の仕事を始めましょう。
この冬は個展がなく寂しいけど、ワークショップ in 東京というイベントがまだ一つあるから楽しみだなぁ。
さぁ、がんばろう。
 
2015_3

|

2015年12月 4日 (金)

年内のキットのご注文について

●お知らせ
 
年末年始と毛糸屋が冬休みに入るため、ご注文のキットの毛糸の発注ができなくなります。
そのため、12月12日~1月5日まで、キットの注文受付をお休みします。
 
12日以降にキットのご注文をいただいた場合、毛糸屋が休みに入る前だと対応できる場合もありますが、冬休業に入っていると来年1月5日以降の毛糸の発注となります。
 
キットのご注文をお考えの方は、お早めにお願いいたします。
尚、本のご注文やオーダーは受付しております。

|

『Butterfly』のフェアアイルベスト

148butterfly

 
ちょうちょが舞う、
森の奥の誰も知らない花畑・・・・・。
 
そんな絵本の1ページのような世界を表現しました。
 
ちょっと変わったカタチのベストですが、
着ると、肩の先を丸く包み込み、
女性らしいシルエットに。

|

2015年12月 3日 (木)

岡山の“フェアアイル日和”1月の受付がはじまりました。

このところ東京でのワークショップの話ばかりとなっていましたが、岡山のフェアアイル教室“フェアアイル日和”も熱く頑張っています。

イベントとして開催するワークショップではみんなで同じ教材キットを作りながら勉強するスタイルじゃないと難しいのですが、岡山で毎月開催する教室は違います。
皆さまがそれぞれ編みたい、勉強したいものを持ち寄り、そしてその細部のテクニックを学んでいくスタイルとなります。
もちろんご希望の方には、フェアアイルの基本が学べる教材キットもご用意しています。

岡山の教室に通われている方は気づいていないかもしれないのですが、実はずいぶんとハイレベルなことをされているのですよ。
でもそれも、家族のため、自分のために丈夫で美しいセーターに仕上げたい、という思いがあるからこそ頑張ることができるのだと思います。

これからも、楽しく、そしてしっかりとフェアアイルを勉強していきましょう。
皆さまのご参加、お待ちいたしております。  

|

“ワークショップ in 東京 2016”開催します

先日“ワークショップ in 東京 2015”が終了したばかりですが、
来年の2月20日(土)・21日(日)・22日(月)に今シーズン2回目の“ワークショップ in 東京 2016”を開催します。

この間「次の東京でのワークショップは、1年後ですか」とご質問をいただいた皆様、お茶を濁すようにしかお伝えできずごめんなさい。
まだその時点では本決まりではなかったもので。

実は2017年は、ten old として活動を始めて20年の節目の年になります。
ここのところずっと、新作を発表する大きな個展を2年ごとに開催し、その間の年に手袋や帽子などのこもの展を岡山でしていました。
ですが、2017年の記念の年の個展に向けて準備を早めようと思い、この冬はこもの展もお休みにしました。(ten old フェアアイルセーター展、2017年1月末頃に開催予定)
ということにより、来年2016年秋の東京でのワークショップは開催できないかもしれません。

そこでずいぶんと前倒しになるのですが、この冬のシーズンに2回開催しようということになりました。
可愛らしい、教材キットもできていますしね♪ 
一番寒い頃のワークショップとなりますが、次回も熱く?楽しくフェアアイルを勉強できればと思います。

新作の教材キット、勉強内容、申し込み方法などの詳細は、12月中旬にホームページやブログでお知らせをさせていただきます。
皆さまのご参加、お待ちいたしております。

|

ワークショップ in 東京 2015 終了、そして・・・

観音寺に帰ってきました。
ワークショップ in 東京が終了し、興奮が冷めないまま。

とっても楽しく、たくさん勉強をした3日間でした。
勉強する内容がたくさんで、参加いただいた皆様方はお疲れになられたのでは。
でも、もの創りの楽しさ、奥深さを感じていただけたのでしたら、わたしにとって一番の喜びです。

しかし皆さまどの方も、一生懸命に編んで、しっかりとメモを取り、わたしの説明も熱心に聞いていただきましたね。
眼をキラキラとさせ、フェアアイルに対する初々しい姿を拝見していると、頑張ってお伝えしなければ!という気持ちになりますね。
そしてわたしも、もっとフェアアイルを好きになろう!とよい刺激を受けました。

でもやっぱりten old の“フェアアイル日和”らしく、楽しいおしゃべりと、笑い声で、和やかで心地よい空気が流れるワークショップでした。
4時間という長そうで短い、そして濃い時間となりました。

ご参加いただいた皆様方、ほんとうにありがとうございました。
またご一緒にフェアアイルを勉強いたしましょう!

そして・・・。

|

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »