« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月29日 (月)

2月の“フェアアイル日和”終了

“ワークショップ in 東京 2016”、そして岡山の“フェアアイル日和”と怒涛の2月。
岡山の教室も楽しく終了し、今はホッとしています。

東京でのワークショップのように皆さんとご一緒に同じキットを編みレッスンするのも楽しいですし、岡山の教室のようにそれぞれ編みたいものを持ち寄って様々な質問が飛び交うのもまた刺激的です。

今回も、手袋やくつ下に帽子の編み方、サイズ変更による編み図の動かし方、ゴム編みの目数の調節の方法、初めてのレッスンの方と、様々なことを勉強していきました。
そして、心を込めて作っていったフェアアイルが完成したりと、うれしいことも。
悩んだり、楽しんだり、うれしいことを皆さまとご一緒に感じられるっていいですね。
教室をせずに一人で家で編んでいたら、感じられなかったことばかり。
やはり、わたしにとって大切な場所です。

次は3月の教室、そして明日ホームページの更新から4月の教室の受付と、“フェアアイル日和”はまだまだ続きますが、ten old はこれより新たな準備を進めなくては。
そう、次の個展へ向けてです。

2017年でten old は活動20年となります。
一つのくぎりの年、ということになるのでしょうか。
いつもは夏前にデザインを考え、それから一気に作品を作っていたのですが、今年は早くから取りかかろうと計画。
さぁ、また頑張るぞ!と。
なんだか、いろいろと楽しみです。

|

2016年2月25日 (木)

ワークショップ in 東京 2016 終了、そして岡山の“フェアアイル日和”

月曜日に3日間の東京でのワークショップを終え、その日のうちに福ちゃんを預けている岡山へ。
新東名の浜松いさなJCTから豊田東JCTの延長区間が開通していたので、いつもより30分以上も短い時間で帰ることができました。
日付はまたいでしまいましたが無事に帰り付き、福ちゃんにもあえてホッ・・・。

“ワークショップ in 東京 2016”ご参加の皆様、お疲れ様でした!
お家に帰りつくと、ぐったりと疲れがでたのでは。
たくさんの方が集まる場所で編むのは緊張しますよね。
家のようにリラックスをして・・・なんて難しいこと。
でもそんな中、わたしの説明を一生懸命に聞いていただきながら、そして目の前にある編み図とにらめっこして夢中に編まれていました。

フェアアイルの編み込みは初めてで、糸の持ち方、編み方と、戸惑いながらも、新しい世界に好奇心いっぱいで取り組んでいた方。
経験はあるものの不安な部分もいっぱいあって、一つ一つをしっかりと学びたい方。
そして、もっと上手になりたいと望まれている方。
どの方も、キラキラといいお顔で頑張られていましたよ♪

ten old の教室はいつも、そのように編むことの意味、そしてその方法の長所と短所も一緒にお伝えをします。
また、別の方法もお伝えをし、それについても長所と短所を話します。
今回の東京でのワークショップも、いつもの教室のスタイルで行いました。
・・・・岡山の教室がラボ(研究所)のような様子になるのは、これが所以かもしれませんね・・・・・
一つの方法がその方に合わずストレスになるのならば、その人に合った違う方法をお伝えしhappyにフェアアイルを編んでもらいたいものです。
そうしているとどんどん上達して、かつて諦めたことも驚くほどあっさりとできるようになります。
基本はしっかりと習得しなければいけませんが、もの創りの中で大切なのは「その時その時の選択」だと思っています。
またそれが物創りの醍醐味ですよね。
今回も皆様にお伝えをした選択肢、楽しくフェアアイルを編むためにお役に立つことができたらとっても嬉しいです。

そして!この週末は岡山でのフェアアイル教室“フェアアイル日和”です。
さぁ皆さま、何をお編みになって、どんなことを勉強していきましょうか。
野球のノック練習のように飛んでくる質問が今から楽しみです!
寒いようなので、温かくしてお越しくださいね。

ということで、また明日26日(金)~28日(日)の間、岡山の教室のためten old の業務はお休みをいたします。
その間にいただきましたメール・ファックスの返信は、29日(月)以降となります。

東京でのワークショップのお休みに続きご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承お願いいたします。

重ね重ねとなりますが、
ワークショップ in 東京 2016 にご参加いただき、ほんとうにありがとうございました。
土曜日も、日曜日も、月曜日も、どの日もとっても楽しい毎日でした。
そしてまたいつか、新しい教材キットを作って東京に出向きたいと思っています。
皆様とご一緒にフェアアイルを編めることを楽しみにしております!

 
 

|

2016年2月15日 (月)

“ワークショップ in 東京 2016 ”が近づいてきました!

2016_snow_and_tree_3

 
いよいよ今週末となった“ワークショップ in 東京 2016”。
わたしの準備は、バッチリです♪
参加される皆様方はいかがですか?
針選びなどで、わからないことはありませんでしたか?
 
フェアアイルというと、特別な編み針を使うのかな・・・、
そんなことはないのです。
棒針、輪針と、使い慣れた針が一番です。
でも輪針は、コードの長さが大切となってきますね。
案内状の説明を参考に、用意をしてくださいね。
 
ten old のワークショップに参加経験のある方、そして初めての方。
北の方から、南の方から来ていただく方。
多くの皆様が集まって、フェアアイルを編んで同じ時間を共有する。
そんなひとつひとつの出会いが、なんて素晴らしいことなんだろうと。
感動です。
 
と、ワークショップの前から思いに浸っていてはいけませんね。
そのように皆様にこそ感じていただけることが肝心。
フェアアイルが、もの創りがより楽しくなるよう、長いようで短い4時間という講習時間を進めていきたいと思っています。
 
そして2月20日(土)~22日(月)に東京で開催するワークショップのため、
2月18日(木)~23日(火)の間のten old の業務はお休みとなります。
その間にいただきましたメール・ファックスの返信は、24日(水)以降となります。
また発送業務もお休みとなります。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご了承いただけますようお願い申し上げます。
 
それでは、ご参加いただく皆様、どうぞよろしくお願いいたします。
お会いできますこと楽しみにしております!

|

2016年2月12日 (金)

ちょっとお出かけ

2016

 
青空の気持ちいい昨日、
梱包用の材料などを買いに、隣の隣の隣町までちょっとお出かけ。
とうぜん福ちゃんも一緒なので、福ちゃんの機嫌を取りつつプチドライブ。
 
最初のお散歩ポイントは、三野町の津嶋さん。
わかります?
橋をたどっていった先にある小さな島。
その森の中から、社の屋根がひょっこり見えているのを。
そうなのです、島全体が神域となっていて、そこに祭られている本殿に行くには、この赤い橋を250メートル渡らないと参拝ができないのです。
 
津嶋神社は子供を守ってくれる神様。
夏に2日ある大祭の時にしか、この橋を渡って参拝することができません。
いつもは?というと、橋の踏み板を外しているので、骨組みだけになっています。
なので、渡ることはできないのです。
 
わたしも小さな時、おじいちゃんとおばあちゃんに連れられて毎年参拝していました。
あの長い橋を渡れるのが楽しくって、「津嶋さんのお祭り行くよ」ていわれるとワクワクしたものです。
なんていう私の個人的な郷愁は関係なく、福ちゃんはただ散歩ができるのが楽しいようでしたが・・・。
 
そして材料を買って、次のお散歩ポイントへ。
 
ここも気持ちのいい大好きな場所。
坂出の沙弥島です。
小さな入り江の砂浜はいつも静かで、
浜に立つ一本の大きな木が風景を特別なものにしてくれています。
福ちゃんとワンワンと走り、ときどき海を眺めて、心地よい時間。
もう少しのんびりしたいけど、さぁ、そろそろ帰りましょう。
帰って、一仕事しなくては。
 
2016_2

|

2016年2月 4日 (木)

3月の“フェアアイル日和”受け付けが始まりました。

節分も終わり、春へと向かっていくのでしょうね。
そして何となく、ウールのニットの季節も終わっていくような・・・・。
でもそんなことはありませんよ♪
毛糸をさわっていて心地よい季節はまだ続きます。

3月の“フェアアイル日和”の受付がはじまりました。
フェアアイル教室でも、たくさん勉強をしながら、編み物を楽しみましょう。

そして、毛糸が届き準備が間に合えば、3月の“フェアアイル日和”から『snow - snow のバック』と『snow and tree のバック』の2点の教材キットもお分けしたいと思っています。
教材ということで、教室に参加していただきレッスンをしながらのキットとなります。
新しく仲間入りする教材キットでも、楽しく勉強していきましょう。
(『散歩のボタンのバック』の教材も、引き続きご用意できます。)
毛糸が届き用意が整いましたら、またブログやホームページでお知らせをさせていただきます。
楽しみにしていてくださいね。

 
L1255snowsnow_1
 
L16_snow_and_tree    
 
 

|

2016年2月 1日 (月)

『RUN』のフェアアイルベスト

59run

 
2月のフェアアイルは『RUN』。   
 
『RUN』は、少ない色数で、シンプルに表現した作品です。
それだからでしょうか、
弾むような軽快な印象となりました。
 
お日様のような黄色が印象的な、春らしいフェアアイルベストです。

|

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »