« 『来春』のフェアアイルベスト | トップページ | 3月の“フェアアイル日和” »

2016年3月 7日 (月)

福ちゃん、とは?

福ちゃんとは?
14歳になる我が家の愛犬です。

岡山や東京でのワークショップ、そして個展などでいろいろな方とお会いする場面で、「福ちゃんは柴犬ですか?」とか、「福ちゃんはお留守番ですか?」と、最近よく聞かれるようになりました。
ブログでちょくちょく登場する福ちゃん、皆さんに気にかけていただきうれしいことです。
 
福ちゃんは子犬の頃に保護し、そして我が家の家族になりました。
 
ある日、まだまっすぐに歩けないくらいの小さな雑種の子犬が、我が家の辺りに迷い込んできました。
首にはビニールひもが巻かれ、きつく縛られていました。
ビニールひもの端が2mくらい伸びていたので、どこかでつながれていたのでしょうか。
小さな子犬とはいえ、日に日に大きくなります。
とりあえず、首に巻かれている紐を切ってあげました。
でも・・・、さぁこの子犬をどうするか・・・・・・・・。
オットと協議の末、我が家で飼うことにしました。
わたしたちの結婚間もない、2ヶ月後のことでした。
 
ちょうどその頃、サッカー日韓ワールドカップで盛り上がっていたころ。
名前は「オルテガがいい!」とか、「ロナウドにしよう!」とか、訳が分からない名前の候補を真顔で言い出したオット。
女の子なのに!と、焦って思いつきで「・・・・・、福ちゃんにしよう!!」と押し切り決定。
今思えば、福ちゃんって男の子に多い名前のような・・・。
 
しかしこの福ちゃん、実は印刷物のメディアにときどきでたことがあるのです!
まぁ、オットの山雑誌の仕事がらみですが。
写真の端っこにでも、小さくっても、どうしても福ちゃんを載せたいオットの職権乱用。
でも、モンベルのカヌーカタログに見開きで登場したこともあるのですよ。
このカタログは、我が家の宝物です。
 
今日も福ちゃんは散歩に連れて行けと言わんばかりに、じっと見つめてきます・・・。
今日はどこへ散歩に行こうかなぁ、福ちゃん。

|

« 『来春』のフェアアイルベスト | トップページ | 3月の“フェアアイル日和” »