« 10月の“フェアアイル日和”終了 | トップページ | “ワークショップ in 東京 2016 秋”について »

2016年10月18日 (火)

ワークショップ in 東京 『ハナエミ』の教材キット

1

 
11月の26・27・28日に開催する“ワークショップ in 東京 2016秋”では、
『ハナエミのバック』の教材キットを編みながらレッスンをします。
 
ten old の初期から作品を知っていただいている方には、「見たような・・・」と思われたかもしれませんね。
そうです、1年目に発表をした色柄模様です。
グラデーションを表現するためにたくさんの色を使っているのですが、そのうちの数色が廃盤色となってしまい、泣く泣く長く眠ることとなってしまいました。
そして眠らせているのはやっぱりかわいそうと、教材キットとして新しく色を組み作品にしました。
 
この作品の編む上での特徴は、やはり「裏の渡り糸の長い大きな柄模様」ということです。
渡り糸が長い柄模様は、その適度な長さが分からないと、攣れたり、緩んだりと、美しく編むのは難しいですよね。
またタテに構成された柄も、あるポイントを気をつけなければいけません。
 
この『ハナエミのバック』を編みながら「模様を美しく編み込むコツ」、そしてフェアアイルの基本のテクニックなどをお伝えしたいと思います。
詳しくは、ホームページをご覧ください。
 
と、大きな柄模様だからと言って上級者向けということではありません。
きっと、フェアアイルが初めての方にも楽しんでいただけると思います。
実はこの『ハナエミのバック』、裏もまたとってもかわいいのです。
小さな模様の連続なのですが、
編んでいる途中「あー・・・、菫の砂糖漬けみたい♪」と思っては、
ほっぺがキュッとなっていました。
 
“ワークショップ in 東京 2016 秋”の参加受け付けは、11月5日(土)午前9時からとなります。
この『ハナエミのバック』を皆様と編んでレッスンしながら、楽しい1日にいたしましょう。
 

|

« 10月の“フェアアイル日和”終了 | トップページ | “ワークショップ in 東京 2016 秋”について »