« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月25日 (土)

森のくまのベスト♪

154_2

 
フェアアイルっていろんな色をたくさん使っているので、その色の配置のバランスなど、よーく考えて構成しなければいけないのです。
 
と、唐突に話の始まりです。   
最近皆様にお送りするキットの準備をするなか、この『森のくまのベスト』の写真をよく見ていて、制作時のことをふと思い出したもので。
 
この『森のくまのベスト』は、くまの編みぐるみとお揃いの柄模様の作品となります。
色柄模様のマジックなのですが、小さなクマの同体で編み込んでいた木の模様の印象と、大きな面積いっぱいに編み込む木の模様とでは、ずいぶんと印象が違ってきます。
 
このことは、先日のセーター展でお越しいただいた方に、何かのきっかけでお話をさせていただいたのですが・・・、
そのときは、キッズの『northern lights』と、メンズのセーターの『northern lights』とを比べての説明でした。
 
キッズでは柄模様がドラマチックに感じるほど印象的に見えていたのが、大きなメンズセーターになると全体的にまとまりのある落ち着いた雰囲気になります。
一柄は同じ目数段数で、同じ色を使っているのに、その一柄が何個入るかで見え方が違ってくるって不思議ですよね。
そんなことも計算に入れながら、デザインの構成をしていきます。
 
で、『森のくまのベスト』です。
 
この場合も同じです。
くまの胴体では木が大きく見えていたのですが、ベストに編み込むと小さな木の連続模様。
遠くから見ると地模様のようになって、メリハリのない地味な印象になります。
そこで、薄いグレーの差し色で、明るくかわいい印象にすることにしました。
裾の小花模様、そして袖ぐりと衿ぐりのゴム編みに薄グレーを編み込んで。
でも、裾のゴム編みには、あえて薄グレーは編み込みませんでした。
裾のゴム編みに色を入れてしまうと、小花模様の印象が薄れてしまいますものね。
 
このベストも、色の量と配分、そしてバランスをいろいろと考え組み立てて、試行錯誤したなぁ・・・
と制作時のことを、キットを作りながら思い出していました。
 
『森のくまのベスト』をご注文いただいている皆様、もう少し待ってくださいね。
そしてお手元に届いたら、この『森のくまのベスト』を楽しく編んでくださいね。
 
 

|

2017年3月21日 (火)

3月の“フェアアイル日和”終了

3月も、楽しく編みレッスンをして“フェアアイル日和”が終了しました。

皆様、お疲れ様でした!
とっても頑張られましたね。
皆様の一生懸命なご様子を間近で見ていると、良い刺激をたくさん受けます。
「わたしも、もっと楽しんで、がんばろう!」と。
今回は、どんな内容をレッスンしたか記憶を掘り起こしてみると・・・、

ショールのゴム編みを美しく仕上げるために、その目数の割り出し方。
それから、2色で編む二目ゴム編みを美しく編むコツ。
と、二目ゴム編み止めの仕方。
希望寸法に仕上げるため、スワッチのゲージから、各寸法の目数・段数の割り出し方。
ベストの肩下がりの、引き返し編みの仕方。
Ⅴネックのゴム編みの目数の割り出し方の方法。
くまの編みぐるみの組み立て方。
フェアアイル初めての方には、編み込みを編む基本や、長く渡る渡り糸の絡め方などなど。

このようにレッスン内容をまとめてみると、ほんとうに様々な内容ですね。

それぞれ違うご質問に対して頭の中をすばやく回転させ答えをしていくので、まるで脳のトレーニングのようだなぁ・・・なんて、いつも思います。
教室が終わったあとは、スポーツをしたあとのような爽快感です!

もうじき桜の季節となりますが、まだまだウールにふれていても心地よい頃は続きます。
今の時期に、頑張って編み進めておきましょうね。
そして秋には完成させて、次の来る冬から愛用できるといいですね。
楽しく、頑張りましょう!

それでは次は4月の“フェアアイル日和”で、また楽しくフェアアイルを編みながら、レッスンをしていきましょう♪
どんなご質問をいただけれるか、楽しみにしています!

 

|

2017年3月14日 (火)

3月の“フェアアイル日和”

ユリカモメが集まってきました。
春です。
 
わたしが住む町は川の河口。
3月に入り、ポカポカとした陽気を感じ始めると、ユリカモメが集まってきます。
近隣にいたカモメたちが集まってきて、大きな集団を作り始めるのです。
そして、ユリカモメの白かった顔先が黒へと変わった頃、北へ向かって渡りが始まります。
この光景を見ると、いつも春が来たことを感じます。
 
春を感じると「ウールの編み物も、もうそろそろ終わりかな・・・」なんて、思っちゃいますよね。
でも、まだまだですよ!
シェトランドシープヤーンの優しい手ざわりが、温かくって心地よい時期はまだもうしばらく続きます。
次の冬がきたらすぐに、できたてのフェアアイルニットが着られるよう、今の時期に頑張って編み進めましょうね。
 
そして、3月のフェアアイル教室“フェアアイル日和”が今週末と近づいてきました。
さぁ、今回はどんなご質問をいただけるでしょうか。
楽しみです。
でも、もちろん“フェアアイル日和”はフェアアイルを皆さんとご一緒に編んで、楽しい時間を過ごすところ。
お家の環境から離れて気分転換にと、ゆっくりと編み物をしながら楽しんでくださいね。
 
いつもながらご迷惑をおかけいたしますが、岡山での教室のため、17日(金)~19日(日)の間のten old の業務はお休みとなります。
その間にいただきましたメール・ファックスの返信、また発送業務は、20日(月)以降からとなります。
どうぞ、ご了承お願いいたします。
 
それでは!
岡山の会場ルヴィオで皆様のお越しをお待ちしております!
今回も、楽しみましょう。

|

2017年3月 3日 (金)

2017 PHOTO BOOK 『 knit & journey 』

2017photobook

ホームページやブログで『2017 PHOTO BOOK 』の販売をお伝えしてから、たくさんのご注文ありがとうございます。
パソコンやスマホの画面ではなく、手元でいつでも作品が見られるって、いいですよね。
わたしは本や印刷物が大好きなもので、2015年から作品展の図録として“PHOTO BOOK”を作り始めました。

この『 knit & journey 』のPHOTO BOOKの表と裏の表紙を見て、気づかれましたか?
ten old の始まりとなる、1997年のシェトランド旅の思い出のものが、写真のなかにあるのを。
シェトランド諸島の交通機関のタイムテーブル表と、ロンドンからアバディーンまでの鉄道のチケットと・・・。
鉄道のチケットをよく見ると「20 MAY 1997」とあります。
NikonのFM2を持って旅に出ました。

ten old が20年を迎えたということで、2017年の“PHOTO BOOK”は懐かしいシェトランド旅をテーマに、新作のフェアアイルとともに構成しました。
なかのシェトランドやフェア島の写真も、その時に撮影をしたものです。
帰国後、シェトランドやフェア島の写真は、ANAの機内誌「翼の王国」の第一特集で“フェア島紀行”の記事となりました(文章・写真:大村嘉正)。

思い出すと・・・あの旅で、フェアアイルが写っている印刷物は、それがどんなに小さな写真でも見つけて集めていました。
小さな、小さな写真でも、目を凝らしながら・・・、ときにはルーペで見ながらでも、柄模様と柄の構成を見つめていました。
その写真の大半は白黒でした・・・。
でも、白黒の印刷物なのに、色が見えるような気がしていました。
夢中だったのでしょうね。

あのころの情熱が、懐かしいです。

なんて、思い出話をしてしまいました。
新作13点の写真と、そんな思い出も詰まった21ページの『 knit & journey 』のPHOTO BOOK。
お楽しみいただければ、嬉しいです。
2015年のPHOTO BOOKも、ご一緒にどうぞ。

2015photobook

 

|

2017年3月 1日 (水)

4月の“フェアアイル日和”受け付けが始まりました。

4月は、新しいなにかが始まる季節。
楽しいことが未来に待っているような、ワクワクとした気持ちになります。
フェアアイルを編んでみたいけど・・なんて立ち止まっていたみなさん、始めませんか♪

4月のフェアアイル教室“フェアアイル日和”の受付が始まりました。

教室の会場がアートガーデンからルヴィオに移ってまる2年が経ち、3年目に入りました。
ルヴィオはおしゃれで温かな雰囲気で、とっても居心地がよい会場です。
わたしたちが和やかにフェアアイルが編めるのも、この会場の雰囲気のおかげかもしれませんね。

でも一つ・・・、ちょっと照明が暗いのが悩みでした。 
光量が少ない場所だと、黒色や紺色などの暗い色は見にくいですよね。
わたしも、そんなお年頃♪

ということで、先月より照明を増やしました。
前よりも、明るく編みやすくなったのでは。
目の疲れもなく、楽しくフェアアイルを編んでいただけるよう、これからも環境を整えていきたいと思います。

それでは!皆様のご参加お待ちしております!

|

『 knit & journey 』 PHOTO BOOK(図録)販売します

201702amibitotop_2

 
「2017 ten old フェアアイルセーター展」でご好評をいただきましたPHOTO BOOK(図録)。
セーター展にお越しいただけなかった方々からの問い合わせが多くありました。
そこで、そんな皆様にも見ていただきたく思い、
手元に残る、2017年と2015年のPHOTO BOOK(図録)を通販をすることにいたしました。
 
このPHOTO BOOK(図録)は、個展で発表した各ニット作品のイメージや世界観がより伝わる内容となっております。
また、2017年のPHOTO BOOKでは、ten old の始まりである「シェトランド諸島の旅』のエッセイが、
2015年のPHOTO BOOKでは、ten old のフェアアイル創作についてのエッセイを収録しています。
ご興味のある方は、ホームページの『フェアアイルセーター展 2017』をご覧ください。
購入方法などの詳細を記載しております。
尚、編み図は掲載しておりません。
 
このPHOTO BOOKでも、ten old のフェアアイルの世界をお楽しみいただければと思います。
 
2017photobook_3
 
2015photobook

|

『森のくま』のベスト

154_2

 
♪・・・♪・・・♪・・・♪・・・♪・・・♪・・・♪
 
森のくまさん、
あなたの服、とてもお似合いですね
 
いえいえ、
人にだって、きっと似合いますよ
 
そうかしら、くまさんだから映える柄じゃないかしら?
 
元をたどれば、
人も森がふるさとなのですよ
さあ、わたしとペアルックで、ピクニックに出かけましょう
ハチミツたっぷりの、
あまいお菓子をわすれないでくださいね
 
♪・・・♪・・・♪・・・♪・・・♪・・・♪・・・♪
 

|

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »