« 2017 PHOTO BOOK 『 knit & journey 』 | トップページ | 『ハナエミ』のカーディガン。 »

2017年4月25日 (火)

お直しと修繕の日々

3枚のお直しと修繕をしました。
それぞれ久しぶりに再会するセーターや手袋です。
懐かしく、そして大切にしてもらっている様子をしみじみと感じました。

1枚はお直しで、裾と袖口のゴム編みの長さを短くするというもの。
丸首のプルオーバーの、裾と袖口のゴム編みを短くすると、ぐっと印象が変わって女性らしいシルエットになりました。
『赤のフェア島』だったのですが、これも素敵だなぁ~♪
しかしこんなとき思うのが、やっぱり本体の裾から編みだしたゴム編みで作っていてよかったな、と。

2枚目は、袖口のゴム編みの端が擦り切れていたので、その箇所の修繕です。
袖口のゴム編みは、一番痛む箇所です。
書き物をしたり、パソコンのマウスを動かすときに、机で擦れるからでしょうね・・・。
こんな時の修繕はやっぱり、傷んだ箇所の数段下までゴム編みをほどき、新たに編み直すのが一番ですね。
擦り切れている箇所の数段下も、おそらく毛糸がてかてかとして痩せていると思います。
そんな部分も思い切って編み直した方が、修繕後も長く持ちます。
頻繁に修繕するのは面倒ですものね。

そして、手袋の修繕です。
指の先に穴が開いていたので、やはりいつものようにハサミで切って!

Photo

 
以前にも手袋の指の修繕の記事をブログに書き、手袋の指を切った写真を掲載したのですが、この写真と修繕方法が衝撃だったのかいろんな方から驚いたという声をいただきました。
慣れていない方が見ると、衝撃写真ですよね。
でも、毛糸を解こうにも解きにくいし、穴が開いているので毛糸は切れているし・・・、これが一番早いのです。
あとは、目を拾って編み直すだけ。
 
また、皆様方のお手元に戻って、来る冬から愛用いただけるのだと思うとうれしくなりますね♪
 
Photo_2

|

« 2017 PHOTO BOOK 『 knit & journey 』 | トップページ | 『ハナエミ』のカーディガン。 »