« 10月の“フェアアイル日和”終了 | トップページ | 『poco a poco 』の手袋とミトン♪ »

2017年10月27日 (金)

“ワークショップ in 東京 2017 冬”について

“ 2017 冬”で、東京でのワークショップは何回目になるのでしょう・・・?
『散歩』、『snow-snow』、『snow and tree』、『ハナエミ』だから・・・5回目?でしょうか。
主に1年に1回の開催。
個展のない冬は、秋と冬と2回開催したこともありますね。
1回目はとうぜん多くの皆様にとっては、ten old のワークショップは初めて。
わたしも東京では初めてだったので、ドキドキしながらの開催でした。
そして、2回目、3回目と回を重ねながら、毎回参加していただく方も多くみられるようになりました。
もちろん、初めての方もたくさんいらっしゃいます。
一度でも参加いただいている方は、ten old のワークショップの講習の進め方や雰囲気をご存知ですが、初めての方にとっては何かと不安ですよね。
ということで毎回の恒例となりましたが、いただいた問い合わせや、前回も掲載したQ&Aをリライトして説明をさせていただきます。
 
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
Q. マフラーや帽子は編んだことがあるのですが、大丈夫ですか?
A. 棒針で表編みができれば、楽しみながら編んでいただけると思います。
Q. 教材キットの『old memory のボタンのバック』は、難しいですか?
A. フェアアイルの特徴的な技法「スティーク」を学べるバックですが、ニットテクニックはごく一般的な基本の編み方で編んでいきます。
でも「編み込みを編むので精一杯・・・」という方もいらっしゃると思います。
ということで!ビギナーの中のビギナーさんのために、ボタンが付かないバックも用意しています。
こちらについては、またブログでお知らせをしますね♪
Q. 多色使いの編み込みはしたことがないのですが、フェアアイルを編むことはできますか?
A. 「編み込み」と一口に言っても、いろいろな種類の編み方があります。
ですが、そのなかでもフェアアイルの編み込みは一番簡単だと思います。
手に持って編む糸は常に2本(2色)だけで、ぐるぐると輪に表目だけで編みます。
基本的には、平編みで往復に編むこともなく、裏編みもありません。
 
Q. フェアアイルはあの長い棒針で編まなければいけないのですか?
A. わたしはニッティングベルトを使用するので、棒針3本で編みます。
ですが日ごろ棒針を使っている方でも、ぐるぐると輪に編むことに慣れていない方は、4本針がいいでしょう。
またフェアアイルを編まれる方の中には、輪針で編まれている方も多くいらっしゃいます。
輪針を使い慣れている方は、輪針で編んでください。
針の素材は、竹製でも、アルミ、スチール製など、編みやすいものをお使いください。
 
Q. 編み込みをする場合の糸の持ち方の決まりがあるのでしょうか?
A. ちなみにわたしはニッティングベルトを使って編むので、右手の指に2本の糸をかけて編みます。
ですが、他にもいろいろと糸の持ち方があります。
右手と左手に2本の糸を振り分けて編む方、また左手に2本の糸をかけて編む方と、人によって編みやすい糸の持ち方はそれぞれです。
というように、糸の持ち方に決まりというものはありません。
初めての方は、このワークショップでご自身のやりやすい糸の持ち方を見つけていきましょう。
またそのお手伝いをさせていただきます。
 
Q. ニッティングベルトを持っていって勉強をしてもよいですか?
A. どうぞお持ちください。
ニッティングベルトに慣れていないときにいきなり大きなセーターだと大変ですが、バックなどの小さなもので編む練習するのがいいですね。
また、ニッティングベルトで編むコツなどもお教えいたします。
 
Q. なんだか初めてお会いする皆様の前で編むのが緊張します・・・。
A. そうですよね。
でもそれは皆様も同じ気持ちのようですよ。
緊張されて頭が真っ白になって家ではできていることができなかったりと、そのような光景をよくお見受けします。
でも大丈夫です。
岡山での教室もそうですが、ten old のワークショップはお一人お一人の進むペースを大切にしています。
たとえ同じご質問も何度でもお教えいたしますので、安心してください。
 
Q. 参加申し込みの時、希望日を第1希望日、第2希望日、第3希望日と書いてもいいですか。
A. はい、ご都合のよい日が複数ある場合は、第1希望日、第2希望日・・・とお書きください。
第1希望日の予約が取れなかった場合は、第2希望日の定員が空いていたら、第2希望日で受付をいたします。
 
☆ 「old memory のボタンのバックのレッスン」がメインとなるワークショップでそれが前提となりますが、
レッスンの進み方の余裕があると感じた場合、ワークショップ後半でお手持ちのキットのわからないところなどお教えいたします。
スティークがよくわからない、減目をしながらスティークをするのはどうしたらいい?、スティークの始末の仕方をしりたい、
などなどのフェアアイルの技法についてお答えをさせていただきます。
そのようなご質問をいただいた場合、ご参加の皆様も聞いていただければ、よりフェアアイルのことを知っていただけることと思います。
 
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 
岡山でも教室を開催し皆様にフェアアイルをお教えするようになってから、より大切にしている言葉があります。
それは、「楽しむ!」こと。
20年前にフェアアイルのことが知りたくシェットランド諸島の島々を巡り、いろいろなニッターさんに話を伺いに行きました。
「これで合っているのか。正解か」と質問をするわたしに彼女たちは言いました。
「あなたが言っている方法も正解よ。
でも作り方はなんだっていいのよ。あなたにあう方法だったら。」
「そんなことより楽しみましょうよ。だってフェアアイルを編んでいるのよ。こんな楽しいニットは他にはないわ。」
 
その言葉を胸に長年フェアアイルを編んできました。
そんな日々の中で、彼女たちが言う「楽しむ」は、ただ楽しいという単純な意味だけではないことを知りました。
もちろん、色とりどりの毛糸を使って編み込んでいくフェアアイルは楽しいものです。
でもそこに至るまでに古のシェットランレディーが、考え、工夫をしてきた苦労も感じるのです。
工夫も、苦労も、「楽しむ」。
フェアアイルには心をギュッとつかむ魅力があります。
 
教室などでお教えする機会が増えた今、基本テクニックをお伝えするだけでなく、心がけていることがあります。
正解は一つだけでなく、「その方に合う方法を一緒に見つける」ということです。
彼女たちの言葉をかりれば、フェアアイルというこんなに楽しい編み物をしているのだから、ストレスなく存分に感じてほしいのです。   
東京でのワークショップでも、そのお手伝いをさせていただきます。
 
さぁ、ten old とご一緒にフェアアイルを勉強してみませんか?
皆様のご参加、お待ちいたしております。
そして、楽しい“フェアアイル日和”にいたしましょう。   

|

« 10月の“フェアアイル日和”終了 | トップページ | 『poco a poco 』の手袋とミトン♪ »