« 『ten old ワークショップ in 東京 2017 冬』 | トップページ | Jamieson & Smith A Shetland Story »

2017年10月10日 (火)

『old memory のボタンのバック』 教材キット

1668old_memory_1

 
1668old_memory_2_4
 
“ワークショップ in 東京 2017 冬”の教材は、『old memory のボタンのバック』です。
 
今年のワークショップはどのようなものを皆さんに編んでもらおうか・・・・と、
いろいろと考えました。
 
1日限りのしかも4時間という短時間では、ベストなどの大きなものは無理だし・・・。
でも、フェアアイルの技法は学んでほしいし・・・。
 
と考えた結果、
「やっぱり、フェアアイルの技法をお伝えするのは、ボタンのバックが一番」。
 
「さぁ次にどんな色柄模様だと、楽しく編んでいただけるかな」と、
これまた悩んだ末、『old memory 』にしました。
 
色数が少なめなので、糸をつなぎ替える回数も少ないですし、
また簡単な柄模様なので編みやすいですね。
 
でも、糸が長く渡るときにする大切な作業「糸を絡める」も要所要所に出てくるので、
しっかりと編み込みの練習していただけます。
 
『ボタンのバック』はこれで3作品目となる、人気の教材キット。
小さなバックですがこの作品を編んでいただくことで、
フェアアイルの独特な技法や、大切なポイントをたくさん学んでいただけます。
そして、ショールやカーディガンを編むうえでの理解が深まります。
 
フェアアイルに憧れてはいるけれど何から始めたらいいのか・・・というビギナーさん、
そして、フェアアイルをもっと知りたいという方も、
みなさんぜひご参加ください!
 
『old memory のボタンのバック』を編んでレッスンをして、
楽しい“フェアアイル日和”にいたしましょう!
 
 
 

|

« 『ten old ワークショップ in 東京 2017 冬』 | トップページ | Jamieson & Smith A Shetland Story »