« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月28日 (日)

SILVER へ

2019amibaribagimgp9334

尾道へ行く一番の用事は、「SILVER」へ行くこと!

帆布でバックを作っている工房件ショップなのですが、どうしても一度バックを手にとって見たかったのです。

ふとしたことから「SILVER」を知り、ホームページにUPしている商品を「カッコいいバックをつくる工房だなぁ~」と眺めていました。
デザイン性、ナチュラル感、ハードな雰囲気と、抜け感と、いろいろな要素のバランスがとってもいいのです。
そして写真で見る限りでも、作りもしっかりとしていて、こだわった物創りをしてそう・・・。
う~ん・・・、誰かを思い出す・・・感じの人が作っているのだろうな~と。

そうして、もうこうなったら行くしかない!と尾道へ。

千光寺へのロープウェー乗り場近くにショップ兼工房がありました。
入ると、「あっやっぱりこの雰囲気・・・topivと同じだなぁ・・・」と。
黙々と作業をする作家さんの雰囲気も、工房の雰囲気も、そして、男の子が一人工房で遊んでいるのも一緒🎵
作っているものを見るだけで、不思議とわかるものですね・・・。

ゴッゴッゴッ・・と工業用ミシンの音がする中、ゆっくりと商品を見させていただきました。

写真ででも感じていたのですが、実物もやっぱりしっかりとした作り。
どのバックも、素敵なデザイン。

一番のお目当てのショルダーのバックを「やっぱりこれがいい!」と決めながらも、その隣に気になるバックが・・・。
高さというか深さは10cmちょっと、でも横幅は40㎝以上もあるなぁ~・・。
何に使うバックかとお店の方に尋ねたところ、
「テントのペグを入れるバックです。オーダーで作ったのですが、そのまま商品にしました。」と。

その横長のバックの雰囲気も可愛らしくって、気になって眺めていたら、
「あっ!40㎝の針が入る!」「ニッティングベルトも一緒に入るかも!」と思いつきました。

こうなったらどうしても欲しくなり、この横長のバックも購入を決断!
そして、ショルダーバックと横長のバックのオーダーをお願いしました。
(在庫数が多くないので、基本的には注文後の製作になるようです。)

そうして、そうして、楽しみにしていたバック2点が届きました。

針などの道具入れにと考えていたバックに、さっそく40㎝の棒針とニッティングベルトを入れてみて🎵
もう想像どおり!
全てがきれいに、ぴったりと納まりました!
感動!

厚手の帆布なうえに、さらに底部分は2重の仕立て。
針をしっかりと守ってくれそうです。
ニッティングベルトも、ここが私の居場所と言わんばかりに収まります。

物とは出会いだと常日頃感じています。
探しても見つかりません。
しかし、ふとした拍子に出会うのです。
でも、直感も大切です。

素敵なバックたちと巡り合えて、ほんとうに幸せです。

 

|

2019年4月25日 (木)

尾道へ

2019_11

先日開催した教室の前日の金曜日、せっかく本州へ行くのだからと、尾道へとある用事で行きました。

用事も大切だけれども、せっかくの久しぶりの尾道。
・・・17?18年ぶり?
昔よく歩いた山手の方を散策。

もうびっくり!
古民家を利用したカフェや雑貨屋やハチミツ屋やパン屋やら、いろんなお店ができていました。

わたしがよくいっていたころは、尾道の観光は映画のロケ地を巡る街歩き、が主だったと思います。
転校生…時をかける少女…さびしんぼ…
大林信彦監督映画世代の私にとっては、尾道の山手の迷路のような細い…細い道を歩くだけで、映画の中に入ってしまったような不思議な感覚になりました。
でも、むかしあったロケ地案内の看板も今はなく、映画のことも知らない若い世代の観光客の方が増えたのでしょうね。

商店街もそのころはシャッター通りになりつつあったのですが、おしゃれな新しいお店がたくさんできていてとってもにぎやか!
山手の方も、港の方も息を吹き返したようでした。
なににせよ、町全体が元気になってよかった、よかったと。

そしてわたしは、目的の場所へ!

2019_10

2019_12

|

2019年4月23日 (火)

4月の“フェアアイル日和”終了!

初夏のような温かさの土日。
フェアアイルニッティングを皆様とご一緒に楽しみました!

初めてご参加の方も、そして長く通われている方も、いつの間にか仲良くなってわいわいと賑やかな“フェアアイル日和”。
ほんとうに楽しい2日間でした。

でも、土曜日はとくにわたしがちょっとバタバタと・・・。
皆様それぞれのご質問に、しっかりとお答えできたでしょうか?
ちょっと心配・・

でも来月、反省点も生かしながら、フェアアイルがもっと好きに、おもしろく感じていただけるようしっかりとお伝えいたしますね。

さて今回もどんなご質問をいただいたか、思い出してみましょう。

・初めて参加された方には、糸の持ち方や、渡り糸が長いときの糸の絡め方。あと、糸を切ってつなげ方などの編み込みの基本について。

・2色で編む二目ゴム編みの編み方。

・肩下がりの作り方。

・ゴム編みの適正目数の割り出し方。

・希望寸法に作るため割り出した目数に、柄模様をきれいに入れ込む方法。

・脇のマチの作り方。

・編んでいる途中から、編む手のゲージが変わってしまった時の秘策(笑)

・手袋の指の編み方と、コツ。

・くつ下のかかと部分の編み方。

・スティークの始末の仕方。

などなど、ほんとうにいろんな内容のご質問をいただきました。
なので、今回はいつも以上にバタバタと。
でも質問をいただける私とすれば、おもしろかった~♪

これから、どんどんウールのニットの季節とかけ離れた頃となっていきますが、でも!楽しくレッスンをしていきましょうね。

来月も皆様と過ごせる“フェアアイル日和”を、楽しみにしております!

 

|

2019年4月18日 (木)

カメラ

2019_9

新しいカメラがやってきました。
新しいといっても、中古です🎵ややこしいですね・・
カメラが使いこなせないわたしにとっては、中古で十分。

リコーのGRを10年ほど使っていたのですが、液晶画面がとうとう真っ暗になってしまいました。
長年使ってきたカメラは、オットが「GRがいいんでない」なんて言うので選んだんですが、
そして今回も「いい中古がでてるよー」と見つけてくれました。
しかも状態が良い割には格安!

ということで、富士のX10に!

物を買うとき心に問いかけることは、「もってて、ワクワクするか?」です。
機械の性能が一番なのでしょうが、それだけではさみしいです。
このカメラはなんだか可愛らしく、電源の入れ方からカッコよく、とっても気に入りました。
一番大切な写真の写りは・・・。
オット曰く「前のよりは断然きれいに映るよ」とのことなので、きっといいのでしょう。

前のカメラは、福ちゃんばかり撮っていました。
福ちゃんはもういないから、新しいカメラでは何をとろうかなぁ~。
とりあえず、さっそくカメラをもって出かけたいなぁ~
あっ、明後日から“フェアアイル日和”だった🎵

 

|

2019年4月16日 (火)

4月の“フェアアイル日和”

桜の花も散り、いよいよ緑濃い季節がやってきます。
じつは・・冬が好きなもので、ちょっぴりさみしかったりもします。
賑やかだった鴨たちも、北へ渡っていってしまい寂しくなりましたしね・・。

冬が過ぎていったからといって、しみじみしている場合ではないのです!(わたしだけ…ですね・)
まだまだウールの糸での編み物が楽しい季節🎵
毛糸好きなわたしたちにとって、季節は関係ないですよね🎵
あっ…でも、猛暑の頃の編み物は嫌ですけど・・・。

さぁ、4月のフェアアイル教室が近づいてきました。
今回はどのような質問をいただけるのでしょう。
楽しみですね。
またしっかりとレッスンをしながら、楽しい“フェアアイル日和”にいたしましょう!
わたしもしっかりと準備をして、岡山へ向かいますね!

そしていつもながらご迷惑をおかけいたしますが、岡山での教室の期間を含む19日(金)~22日(月)の間のten old の業務はお休みになります。
その間にいただきましたメール・ファックスの返信、荷物の発送は、23日(火)以降となります。
どうぞ、ご了承お願いいたします。

 

 

|

2019年4月15日 (月)

「ほどく」ということ

先日、「ほどくことになってしまった~」というお話を書きました。
そんななかで、「そういえば・・・、教室に参加される皆様の様子を見ていると、ほどき方も様々だなぁ」と、ふと思い出しました。

皆さんはどんなほどき方をされているのでしょう?

ちなみに私は、ほどく段数がたった1段でもこの間のように20段くらいほどくとしても、針をすべて抜いてからほどき、そして針で目をひろっていきます。

教室である方は、針をすべて抜いてからほどくと、そのあとひろうときに目を落としてしまうことがよくあると・・・
どこまでほどいたのかが、分からなくなることもよくあるとも・・・
なので、1目ほどいては針にとり、1目ほどいては針にとり…とくりかえし、ほどく段数が何段かあったとしても1目1目ほどいていくと言っていました。
1段や2段くらいほどくのでしたらまだいいのですが、5段6段やそれ以上になるととっても大変なことです。

それでは、どうして「ほどいた目をひろうとき、落としてしまう目があるのか?」ということが解決できれば、ほどく作業ももっと楽になりますよね。

フェアアイルは柄を編み込んでいます。
わたしはこの柄があるおかげで、とってもひろいやすく感じています。
ですが、この柄があることが問題となり、ひろい難さを感じる方もいます。
たぶんですが、そのように感じている方が目を落としやすいのではないかと・・・、
教室で皆さんの様子を見ながら思いました。

ときどき「どのようにほどくとスムーズで、目を落とさずにひろえるのですか?」という質問をいただきます。

そんなときはこのように答えます。
「ほどかなければいけない段までほどくのではなく、ひろいやすい段までほどいてくいださい」と。

つまり、「柄が複雑に入っている段で目をひろうのが大変ならば、その数段下に無地1色の段があれば、そこまでほどいてひろった方が楽ですよ🎵」ということです。
それが、よく目立つ色の差し色の段でもいいすね。

ひろうのに苦労するのであれば、数段余分に編むことになっても一層ひろうのが楽な段までほどき編み直した方が、トラブルもなく早いこともあります。

皆さんは、どのように工夫されているのでしょうね🎵
まぁ~、編み間違わないのが一番いいのですが(^_^;)

|

2019年4月12日 (金)

手作り石けん

2019_8

「やっと使える~🎵」とワクワクしながら、
シェットランドシープヤーンのくさり編みの紐をほどき、ワックスペーパーの包みを広げました。
すると、ラベンダーのいい香り🎶

3ヶ月ほど前に、手作り石けんをいただきました。
でも、1週間前に洗顔フォームを使い始めたばかり・・・。
今すぐにでも手作り石けんを使いたい気持ちを抑えて、この日が来るのを待っていました!
使い心地は?
もう最高です!
洗い後のきしむ感じもなく、かといって保湿系の洗顔フォームのようにぬめり感もなく、肌もつるっとしてとってもやさしいです。

「手作り」って心がワクワクしたり、じんわりと温かになったり、使っている間ず~っとうれしさがつづきますね。

ten old のキットでも、プレゼントに編みます🎵というお話を多くいただきます。
きっとフェアアイルを贈られた方も、着ている間ず~っと幸せなのでしょうね。
そうですよね、編んでいる間の長い時間を贈る方のよろこぶ顔を想像し、幸せを思うのですから。

いただいた2個の石けんたちのために、新しくソープディッシュを買いました。
石けんが解けないように、無印良品で水切りの発泡ウレタンも。
大切に使いますね🎵

|

2019年4月 9日 (火)

ほどきます・・・

2019_7

まちがいに気がついてしまった・・・。
差し色の1段の模様の入れ方をまちがっていた・・・。
とりあえず一瞬だけ忘れようと、写真を撮ったりして・・・。
さぁ、ほどこう。
たった20段ばかりのこと(涙・・)

この作品気がつかれました🎵
個展会場で編んでいた作品です。
毛糸の到着待ちなどで時間が開いたので、その隙にとせっせと編みはじめました。
するといきなりの間違い。
間が空くといけませんね~・・

|

2019年4月 6日 (土)

10年ぶんのはんぶん

2019_6

修繕用糸のストック。

ten old スタートから約10年間は、1作品を編むと使用糸全色を小さな玉に巻き取り作品ごとに袋に入れて保存をしていました。
なので、籠に入っている一袋一袋が1作品ずつ。
じつは、この籠がもう一つあります。
どちらも、籠からあふれ出しています・・・。
もうこれ以上のストックはムリだなぁ・・・ということで、各作品ごとに糸を残すのはやめました。

このようにあらためてみると、たった10年間でもよく編んだなぁ~と。
小さな袋の数だけのフェアアイルセーターを編んだ、ということになるのですから・・・しみじみ。

でもあのままこのストックを続けていたら、どうなっていたのでしょう?
22年・・・・・。
確実に、この籠がさらに3コはふえていた?

|

2019年4月 4日 (木)

こんぴらさんへ

2019_5

さぁ、朝のちょっとした掃除も終わった。
仕事をしようとまずはパソコンの前に座ってメールの返信を・・・と。
ふと窓からの青空を見ていたら、「今日でかけないでどうする!」と久しぶりの休日に変更して急きょ出かけることに。
でもどこ行こう・・・?
そんなときは、こんぴらさんへ!

福ちゃんが老犬となってから行っていなかったので、何年ぶりでしょう?
5年ぶり?
福ちゃんが元気な頃は、一緒に本殿までの石段を上っていたなぁ・・・とどこへ行ってもしみじみ。
ちなみに、金毘羅さんは犬連の参拝OKです🎵
犬の代参があったくらいですから🎵

こんぴらさんへ着くと、のぼりがいっぱいあがっていました。
「あっ!こんぴら歌舞伎だ!」
そうなんです、明後日の土曜日から始まるのです。
ということは、明日はお練り行列!
勘九郎に、七之助に、中車!
こんぴらさんに行く日を、一日間違えた!!
といいながら、
「こんぴらさんの石段こんなにきつかったっけ・・・?」なんてことも言いながら、本殿へ。

やっと本殿についたと思いきや、今日は行くとは考えていなかったのになぜか奥社方向へ足が向き、行くことに。

2019_4

本殿から約30分の石段が続く道のり。
参道の登り始めからいうと1時間、もう軽登山ですね。
奥社には、天狗と鳥天狗がまつられています。
この写真では分かりにくいのですが、左の大きな白っぽい岩に朱で字が書かれています。
その下に、天狗の面と鳥天狗の面がかかっているのです。
本殿の雰囲気とは違う、荘厳な空気。
天狗が走っているのでしょうか?
風が強く優しく走っていきます。
なんだか今日ここへ来て、とってもよかった。

20193

桜の時期のこんぴらさんは久しぶりだったけど、やっぱりいいなぁ、こんぴらさん🎵

|

2019年4月 2日 (火)

5月の“フェアアイル日和”の受付が始まりました。

4月になりました。
桜も咲き始め、あの芽吹き時の甘い香りが漂っています。

さぁ!あたらしくスタート!
そんな気持ちになる4月1日。
いつもとは違わないのに、なぜだか真っ新な気がします。

そしてten old のホームページも更新。
5月のフェアアイル教室“フェアアイル日和”の受け付けが始まりました。

フェアアイルに憧れているけれど・・・、というビギナーさんもぜひご参加くださいね🎵
初めてのことがあるって、素敵なことですよね。
そして初めて一歩踏む出した時の、ドキドキ、ワクワクは、その時にしか味わえないかけがえのない感覚。
20年以上前に確かに味わいそこから今のten oldがあるのだけれど、もう遠く昔のこと。
なんだか、うらやましいです🎵

皆様のご参加、お待ちしております!

 

|

2019年4月 1日 (月)

『コケモモ』新作フェアアイル

172

『コケモモ』

深い森の中で、そっとかがやく小さな赤い実。

小さなころから憧れていた、ベリー摘み。

まだ空想しかできていないのですが、
その情景をデザインしていきました。

できあがりは、どこかノスタルジックな印象に🎵

 

|

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »