« 尾道へ | トップページ | “ハナユキ”のショール »

2019年4月28日 (日)

SILVER へ

2019amibaribagimgp9334

尾道へ行く一番の用事は、「SILVER」へ行くこと!

帆布でバックを作っている工房件ショップなのですが、どうしても一度バックを手にとって見たかったのです。

ふとしたことから「SILVER」を知り、ホームページにUPしている商品を「カッコいいバックをつくる工房だなぁ~」と眺めていました。
デザイン性、ナチュラル感、ハードな雰囲気と、抜け感と、いろいろな要素のバランスがとってもいいのです。
そして写真で見る限りでも、作りもしっかりとしていて、こだわった物創りをしてそう・・・。
う~ん・・・、誰かを思い出す・・・感じの人が作っているのだろうな~と。

そうして、もうこうなったら行くしかない!と尾道へ。

千光寺へのロープウェー乗り場近くにショップ兼工房がありました。
入ると、「あっやっぱりこの雰囲気・・・topivと同じだなぁ・・・」と。
黙々と作業をする作家さんの雰囲気も、工房の雰囲気も、そして、男の子が一人工房で遊んでいるのも一緒🎵
作っているものを見るだけで、不思議とわかるものですね・・・。

ゴッゴッゴッ・・と工業用ミシンの音がする中、ゆっくりと商品を見させていただきました。

写真ででも感じていたのですが、実物もやっぱりしっかりとした作り。
どのバックも、素敵なデザイン。

一番のお目当てのショルダーのバックを「やっぱりこれがいい!」と決めながらも、その隣に気になるバックが・・・。
高さというか深さは10cmちょっと、でも横幅は40㎝以上もあるなぁ~・・。
何に使うバックかとお店の方に尋ねたところ、
「テントのペグを入れるバックです。オーダーで作ったのですが、そのまま商品にしました。」と。

その横長のバックの雰囲気も可愛らしくって、気になって眺めていたら、
「あっ!40㎝の針が入る!」「ニッティングベルトも一緒に入るかも!」と思いつきました。

こうなったらどうしても欲しくなり、この横長のバックも購入を決断!
そして、ショルダーバックと横長のバックのオーダーをお願いしました。
(在庫数が多くないので、基本的には注文後の製作になるようです。)

そうして、そうして、楽しみにしていたバック2点が届きました。

針などの道具入れにと考えていたバックに、さっそく40㎝の棒針とニッティングベルトを入れてみて🎵
もう想像どおり!
全てがきれいに、ぴったりと納まりました!
感動!

厚手の帆布なうえに、さらに底部分は2重の仕立て。
針をしっかりと守ってくれそうです。
ニッティングベルトも、ここが私の居場所と言わんばかりに収まります。

物とは出会いだと常日頃感じています。
探しても見つかりません。
しかし、ふとした拍子に出会うのです。
でも、直感も大切です。

素敵なバックたちと巡り合えて、ほんとうに幸せです。

 

|

« 尾道へ | トップページ | “ハナユキ”のショール »