« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月31日 (木)

気がつけば、月末・・

たしか・・カレンダーは見ていたはずなのですが、この4~5日、すかりと日にち感覚が抜けていたようです。

今日が何月何日か・・・と改めて気づき、本気でびっくりしました。

10月31日なのです!

この数日、修繕依頼のセーターをどのようにお直しをしようか・・と悩んでいました。

実際にいろいろな方法を試したものの、自分にとって納得がいかなく、ずーっと考え中。

苦しくなると、頭の奥底にある「もう、いろいろ考えずに、ズバッとやるしかない」という声に従いそうになるものの、

それは最終手段としてとっておいて、もっといい方法はないものか・・・と。

でも、その「ズバッ!」とが、けっきょく一番いい方法なのかな・・・

と夢中になっていたら、31日ではないですか!

明日は11月1日でホームページの更新と、12月の教室の受付。

そして明後日の2日(土)は、午前9:00から“ワークショップ in 東京 2019 秋”の受付開始です!

東京のワークショップはもう何度も開催しているものの、毎回ドキドキとしますね。

参加をお考えの方も、そうでしょうか?

皆様が楽しんでワークショップをご参加いただけるよう、しっかりと準備を進めていきますね。

|

2019年10月25日 (金)

仕上げ

2019_20191025095801

完成間近となるまでちょっと時間がかかってしまった、オーダーの『ハナフル』。

さあ!仕上げです。

ボタンを付けて、“ten old ”のタグも縫い付けて・・・と、

最後のおめかしができれば、いよいよお渡しです。

ながく、ながく、10 old と愛用していただけることを願いながら。

 

|

2019年10月22日 (火)

10月の“フェアアイル日和”終了!

フェアアイルは、とってもユニークな編み物です。
いえば、フリースタイル🎵?

そんな独特な技法を使う編み物ですが、教室でレッスンをしているとときどき、
一般的ではないテクニックなのに、スーッと水が沁みるように理解される方がいます。

そのような方に会うと、わたしは尋ねてみたくなるのです。
「編み物はどのように習得されましたか?」と。

すると、「教室で習ったことはなく恥ずかしいのですが、お母さんから編み物を教わりました。」
なかには、小さな頃におばあさんから習って、ずーっと好きで編んできたという方も。

なんとなくですが、なぜこのおもしろいテクニックがすぐに馴染むのかが、わかったような気がしました。

そしてフェアアイルが脈々とつながってきた様子と同じだなぁ・・と思うのです。

むかしシェトランドのニッターさんに、「フェアアイルの技法は?」と尋ねたことがありました。
すると、それぞれの人が、それぞれの編み方をいうので「いったいどれが伝統の編み方なの?」と戸惑ったことを覚えています。

でもよーく考えていくと、それもそのはずですよね。
フェアアイルは、その家々で編み方が伝えられてきたのですから。

生まれたときから傍らで編み物をしているお母さんやおばあさんを見て、そして年頃になると隣に並んで教わりながら編み物をする。
その教えられる編み方のなかには、もしかするときれいに早く編む、おばあさんのとっておきの魔法のテクニックもあったかもしれません🎵

「あー、彼女たちがフェアアイルの伝統というものなんだ・・・」

創意工夫をしながら編み継がれてきたことで、こんなに創造力にあふれたニットになったんだとわかりました。

そして最近、ふと思うのです。
“フェアアイル日和”でわたしも、フェア島やシェトランドのおばあさんのように皆さんに伝えられたらいいなぁ~と🎵

う~ん・・、そうなるにはまだまだ精進かな。
頑張らなくては!

|

2019年10月16日 (水)

10月の“フェアアイル日和”が近づいてきました!

あっ!という間に3時間半のレッスンが終わった、アトリエでのフェアアイル教室。

わたし自身「この見馴れた風景のなかでの教室・・・どんな感じになるのかなぁ~」
と、ほんの少しだけれども不安な感覚もありました。

そんな頭の端っこにいた思いも覗くこともなく、ほんとうに楽しい教室になりました🎵

なんて言っていると、今度は岡山のフェアアイル教室が近づいてきました。

今年は「夏はいつまで続くの~」と、10月になっても半袖を着なくては暑いくらいの毎日。
今一つ、ウールの編み物モードには、なりきれなかったですよね。

と言っていたら、昨日あたりから空気が一変。
気温も湿度も低く、秋らしくなりました。

すると途端に、なんだか「編み物をしている自分」っていうのがうれしくって🎵
そんな感覚になりませんか?

そして教室に参加される皆さま、
ウールの編み物モードになりましたか?
順調に編み進められていますか?

最近はご自身で「次の教室までに、この部分まで編んで来よう!」と、
頑張られている方も多くいらっしゃいます。
目標や計画をもって製作していくと、フェアアイルを編む上で大切なポイントを気づくことができ、理解も深まりますよね。
そうするとフェアアイルのおもしろさもがわかってきて、もっともっと楽しくなってきますよ。

小さなトラブルはありながらも、がんばって解決し、そして楽しみながら編まれていて
ほんとうに素晴らしいと思います。
頑張られているので、寒くなる冬には完成でき、着ることができる方も多いのでは。

それまで、あと一頑張り、二頑張り!
ご一緒にがんばりましょうね。

この週末も、ちょっと雨模様・・・。
でも、皆様の熱気で雨雲も消えてしまうかも🎵

秋のフェアアイル日和を、皆さまとご一緒に楽しみましょうね!

 

 

|

2019年10月11日 (金)

アトリエを整えて

2019_20191011102601

 

台風・・・こればっかりは仕方のないことだけれども、

どうにか勢力も弱くなって早く過ぎていってくれることを祈るばかり・・。

そしてアトリエでの教室の準備。

これをいい機会に掃除をして・・・、

お茶セットの用意も。

|

2019年10月 8日 (火)

“フェアアイル日和 in アトリエ”が近づきました

2019_20191008090601

いよいよ、アトリエでの教室が近づいてきました!

と・・・この週末は、台風ですね・・・。

四国地方はどうなのでしょう・・。

参加いただく皆さんも、ちょっと不安なことと思います。

台風の進路もまだはっきりしていないので、教室の日が近づきましたら個別にメールをさせていただきますね。

私の方は、予定通りお越しいただくようにと、しっかりと準備をしておきます🎵

ということで、アトリエ近くの風景写真を載せますね。

家の前には「財田川(さいたがわ)」という名前の川が流れているのですが、
上流に向くと「三架橋(さんかばし)」という橋がみえます。(上写真)

河口方面を見ると、「新琴弾橋(しんことひきばし)」があります。(下写真)

(三架橋と新琴弾橋の間には、歩行者のみが通れる「れんが橋」があります。2枚の写真は、れんが橋から撮影をしました。)

川の向う側は、琴弾山(ことひきやま)です。

この琴弾山には「琴弾八幡宮」があるのですが、ご神体はお琴で、技術・芸術の神様なんですよ🎵

 

2019_20191008090602

 

|

2019年10月 7日 (月)

『野の の輪針ケース』フェアアイル教材キット

Nol1745imgp6858

 

“ワークショップ in 東京 2019 秋”の教材キットは、『野の の輪針ケース』です🎵

毎回ですが、教材キットのアイデアを考えるとき、とっても悩みます。

まず、色柄模様のデザインはどの作品にするか・・・と並行してレッスンのテーマは?

その2点をじっくり考えながら、教材キットをデザインしていきます。

そして大切なことは、楽しく編んで、完成したものも日々の中で愛用できること。

今回もいろいろと考えました。

そして、やっぱりベストで発表した『野の』でしょう!と。

かたちは、2009年に岡山でワークショップを開催したときに考えた、輪針ケースで🎵
(そのときは『begin 』の輪針ケースでした。)

『野の』の柄模様、簡単そうですが意外と美しく編むポイントが詰まっています。

この色柄模様の作品で、楽しくレッスンができればと思います。

そして、フェアアイルビギナーさんは、編みやすい目数のバックでレッスンをすることもできます。

教材キットには、輪針ケースの編み図、そしてバックの編み図をセットいたします。

当日は、お好きな方を選んでいただき、お編みくださいね。

あっ!そしてこのワークショップでは、お手持ちのten old のキットでわからない部分もお答えいたしますよ。

講習時間の頃合いを見て・・ということになりますが、何でもお聞きくださいね🎵

ワークショップはまだ先ですが、今からとっても楽しみです!

 

174

 

 

|

2019年10月 6日 (日)

“ワークショップ in 東京 2019 秋”

・日時 … 2019年11月23日(土)・24日(日)・25日(月)

・会場 … 「銀座ルノアール 四谷店」4F会議室
  東京都新宿区四谷1-3-22(JR四谷駅四谷口より徒歩2分しんみち通り入口すぐ左)

・時間…11:00~15:00
・定員…各日 10名
・参加受付開始日…2019年11月2日(土) 午前9:00~

☆詳細につきましては、ホームページをご覧ください。

※東京でのワークショップのため、開催期間を含む11月21日(木)午後~26日(火)の間のten old の業務はお休みします。
その間にいただきましたメール・ファックスの返信は、業務が再開する27日(水)以降となります。
また、荷物の発送につきましても、27日(水)以降からとなります。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承お願いいたします。

 

|

2019年10月 5日 (土)

“ワークショップ in 東京 2019 秋”開催します!

Nol174101nimgp6613s

 

―“ワークショップ in 東京 2019 秋”―

今年の秋も、“ワークショップ in 東京”を開催します!

今回のワークショップの教材キットは、『野の』のデザインで作った輪針ケースです。

「フェアアイル模様を美しく編む練習と、そのコツ」がレッスンできる教材ですが、
頑張って完成できれば輪針ケースとして愛用するのがとっても楽しみ🎵
そんな可愛らしい作品です。

そして、「輪針ケースのように目数が少ないものを編むのは難しい」という、フェアアイルビギナーさんは、
編みやすい目数で編める「野の のバック」を作ることもできます。

「号数で分けて輪針を仕舞えるように、輪針ケースを2個作る方がいいな♪」
「編み込みはまだ慣れていないから、バックを作ろうかな♪」
と、お好きな作品を選んで、レッスンをしていきましょう!

ワークショップ in 東京 2019 秋”の教材キットについて、参加申し込み日、申し込み方法などなどの詳細は、ホームページをご覧ください。

 

Nol174103nimgp6678

Nol174104nimgp6744

|

2019年10月 3日 (木)

栗とすだち

2019_20191003085001

月頭の1日の大切な仕事、

10月のフェアアイル教室の案内状をパソコンに向かって仕事をしていたら、

徳島に住むお友達夫婦が訪ねてきてくれました。

「海に魚を突きに来て~」「寄ってみました~」

久しぶりに会うお二人。

真っ黒で元気そうで何より。

夫婦そろって真っ黒なのは、徳島のつるぎ町で「Trip」というアウトドア―のツアー会社を経営しているから。

川に山にとガイドをしているので、日焼けはがんばって仕事をした証拠。

「うちの山で実った、栗と、すだちです~」と、うれしいお土産!

大きく立派な栗はつやつやで、すだちにちょっと傷があるのは、成るがままに無農薬で育った証し。

さぁ、栗!

どうしましょう?

栗ごはん?それとも塩ゆでしてスプーンですくっておやつで食べる?

その他、どんな料理があるのかな?

でもなんだかんだと考えても、この秋最初の栗は、栗ごはんでしょ!

昼ご飯を食べたあと、きっと眠くなるから、目ざましに栗でも剥きましょう🎵

ということで、岡山、アトリエの教室の案内状は昨日の2日に発送しました。

今日、お手元に届くと思います🎵

|

2019年10月 2日 (水)

『暮らしに写真を』始めます!

Imgp6529ss

ten old 作品の全ての写真を撮っている大村(オット)が、フォトギャラリーを開きました。

まずは、ちょっと本人の紹介を・・

大村は、team ten old の一員(二人しかいませんが・・)。

でも本職は、旅行、アウトドア―、農業関係の、雑誌やウェブで仕事をするカメラマン兼ライターです。

そしてこのたび、『暮らしに写真を』という、フォトギャラリーのホームページを作りました。

そのフォトギャラリーで、写真の販売を始めます。

なにもなかった壁に写真を掛けると、美しい風景とつながる窓がそっと開いた・・・

暮らしの中にやさしく彩を添え、心がふわりとなる風景写真です。

ぜひ、『暮らしに写真を』のフォトギャラリーをご覧ください!

 

*ten old のホームページからも、『暮らしに写真を』のフォトギャラリーに入れます。

*直接『暮らしに写真を』のフォトギャラリーにも入れます。

 

Imgp6225s

 

|

11月の岡山・アトリエの“フェアアイル日和”の受け付けが始まりました!

秋は・・・なにか新しく始める季節。

このように思うのは、私だけでしょうか?

活動限界、頭も思考停止になるほどの猛暑の夏を乗り切り、秋の空気を吸い込むと、
息を吹き返したように
「こんなことをしたい!」「あんな所にも出かけてみたい!」
と、もうウズウズ♪

「さぁ、フェアアイル頑張るぞー!」
と、突然フェアアイルモードに入るのも、秋モードなのでしょうね。

そして「このニットシーズンこそは、憧れのフェアアイルを編みたい!」という方もいらっしゃるのでは🎵

そのようなビギナーさんも、ぜひご参加ください。
フェアアイルニッティングについて知れば知るほど、「なんだか難しそう・・・」と感じてしまうこともあるのでは。

でも、そんなことはないのです。
編み物の基本のテクニックの応用で、コツとポイントがわかれば、とっても楽しい編み物です。
魅力に捕まってしまうと、フェアアイルニッティングが一生の友になるかも。

“フェアアイル日和”では、そのようなお手伝いをさせていただきます!
楽しく、フェアアイルのレッスンをしていきましょう🎵

*岡山の“フェアアイル日和”の詳細は、こちら

*アトリエの“フェアアイル日和”の詳細は、こちら

 

 

|

2019年10月 1日 (火)

お知らせ

11月23日・24日・25日と開催する“ワークショップ in 東京 2019 秋”の詳細は、
10月5日(土)にお知らせします。

1日の更新日は、通常のお伝えすることが多く、ちょっと渋滞気味に・・・。

またその他の準備もバタバタしていることもあって、5日(土)にいたしました。

この10月5日(土)は、“ワークショップ in 東京 2019 秋”の詳細のおしらせで、
参加申し込みは別日の11月2日です。

それでは!あと少しお待ちくださいませ。

 

 

|

『左に』のフェアアイルセーター

66

―『 左に 』―

この『左に』は、ちょっと変わった名前。

実は…、ずいぶん昔のオリジナル作品には、左肩がボタン仕立てになっていました。

そして、その様子のまま、この作品名は『左に』。

兄弟の『右に』もいました。

もちろん『右に』は右肩に・・・♪

新しくなった『左に』。

肩にボタンはありませんが、

これぞフェアアイルというクラシックで上品な柄模様を求めた作品です。

 

 

|

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »