« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月28日 (土)

作品撮影♪

年の瀬というのに、全く変わらない毎日。

やっぱりten old の仕事の毎日です。

そして、今日を待ってました!

太陽がでると予報していた今日!

それというのも、来年の2月末の“ワークショップ in 東京”の教材となる作品の、
撮影がまだだったのです。

太陽がなく曇りの光がない時に撮ると、色が青かぶりをしてしまいます。

そして、なんといっても可愛く撮れない・・・。

でも今朝は、ほんとうに丁度いい撮影日和。

そして・・・、とっても可愛く撮れました🎵

ついでに、つい先日編みあがったばかりのミトンも撮影。

こっちも、もうバッチリ可愛い~

はやくホームページやブログで公開したいです~

楽しみにしていてくださいね!

 

|

2019年12月27日 (金)

1月のホームページの更新日と、キットのご注文につきまして。

1月のホームページの更新は、6日(月)になります。

この更新では、今月のフェアアイル作品、2月の岡山・アトリエのフェアアイル教室の日程と受付開始、そして2月末の“ワークショップ in 東京”のお知らせをいたします。

また、年末年始はとくにお休みということはないのですが、いただきましたメールの返信に1~2日のお時間をいただくこともあるかもしれません。
ご了承お願いいたします。

 

◎毛糸屋さんが、12月24日~1月6日まで冬期休暇に入ります。

それにともない、

12月19日(木)までのキットのご注文は、年内に毛糸の発注をいたします。

しかし、12月20日以降のキットのご注文は、
毛糸屋さんの休みが明ける来年の1月7日になってから毛糸を発注するようになるので、キットのお届けが通常より時間がかかります。

キットの購入をお考えの方は、ご注意ください。
また、早めにご注文をいただければ、ありがたく存じます。

尚、本のご注文はいつでも承っております。
そして、小物キットで手元に毛糸があれば、すぐにご購入いただけます。お問い合わせください。

以上、よろしくお願いいたします。

 

|

2019年12月23日 (月)

2019年最後の“フェアアイル日和”終了!

土曜、日曜と、それぞれ楽しく、2019年最後の12月の教室が終了しました。

このたびの教室は、なんだかファッションショーのような展開に🎵

12月の教室に間に合わせたい!と、頑張って仕上げられた方もいらっしゃったりと、
多くの皆様がご自身で編まれたフェアアイルを着てお越しになりました。

そうすると、それは、それは、賑やか!

「わー、素敵~🎵」
「とってもかわいい~!」
フェアアイルを着てきた皆様の姿を見て、いろんなところで賑やかな声が飛び交います。

とっても楽しく、うれしい光景でした。

ほんと、幸せです。

でも、肝心のレッスンは・・・、
土曜日は特に参加された方が多かったので、しっかりとお伝えできたか・・・というと、
十分ではなかった方もいらっしゃると思います。
申し訳ございませんでした。

4時間も時間があるのに、足りませんでしたね。

でもそれだけいっぱいフェアアイルを楽しもうと、しっかりと準備をされて教室にお越しになられたということですものね。
とっても素晴らしいことだと思います。

今、いつものようにどんな質問をいただいたか・・・と思いだそうとしても、「う~ん・・・」とだいぶん頭が混乱・・。

もう、今までのレッスン内容をすべて集めて凝縮したような、
“フェアアイル日和”史上一番の濃い~教室だったと思います!

今年一年も、たくさんの方々にご参加いただきました。
フェアアイルを編むことで、ささやかでも幸せな心地に・・、
そんなお手伝いができていたのならば、心よりうれしいです。

皆さま、ほんとうにありがとうございました!

そして来年も“フェアアイル日和”で、楽しい時間を過ごしましょう!

 

 

|

2019年12月19日 (木)

肩が・・

左肩が痛くなって完治するまで一年半・・。 ← このとき四十肩

そして数年後・・・

今度は右肩が痛くなってしまいました・・。 ← これ、五十肩

肩が痛いとはいえ、可動域ができるだけせばまらないように、
「イテテテテ・・・・・・・」といいながら軽くストレッチ。

でも気温が冷えていくのと同じくして、肩から肘までの筋までも痛くなってしまいました・・・。
そうすると今度は、肘の関節の下あたりのこんもりとした筋肉が痛くなり・・。

この筋肉、わたしにとってフェアアイルを編むときにとっても大切な筋肉。

ニッティングベルトのクッションに編み針を差し、右手の指に2本の糸を掛けて編むのですが、
人差し指と中指にかけた糸のテンションをコントロールしているのが、どうもこの筋肉なのです。

手袋を編んでいたのがいけなかった・・・。
小さなものを編むときは、知らず知らずのうちに余計な力が入っているのでしょうね。
そうすると負担がかかり、弱っているところに炎症がおきてしまう・・。

そんなこんなで、1週間。
編み物は禁止で、違う作業をしていました。

あー!でもそろそろ編みたいなぁ!手袋の続きが編みたい!
ぜったいに可愛いのが出来上がるから、早く完成を見たい!

右手の細かな作業をしない日々を1週間過ごしたら、ひじの下の筋肉の痛みも治まり、肩から肘までの筋の痛さも消えました。
相変わらず、腕を動かすと肩には激痛が走るのですが。

ま~左肩もふとした時から急速に直ったのだから、右肩もそうなる日を待ちながら。

しかし、五十肩恐るべし・・

|

2019年12月17日 (火)

12月の“フェアアイル日和”です。

先週の土曜日にアトリエでのフェアアイル教室が終了し、そして今年最後の“フェアアイル日和”が今週末と近づいてきました!

アトリエでの教室は少人数ですが、女子?が数人集まればそれは賑やか🎵
教室といいますか、サークルのような雰囲気になりますね。

「あっ!いけない!しっかりとお伝えしなくては!」と自分の立場を思いだし、
おしゃべりの間に編んでいる様子から気がついたことや、このあと大切になってくるところをお伝えしたり。

そして楽しい時間は、あっという間に過ぎていきました。

次は、岡山の教室です!
2019年を締めくくる“フェアアイル日和”!

ということで、土曜・日曜日ともに、ちょっと多いご参加人数となります。

そうですよね、「お正月休みは編み物三昧🎵」とお考えの方も多いでしょうから、
わからないところや次の進め方をしっかりと理解し、ゆっくりと編み物三昧を楽しめるようにしておかなくてはいけませんよね。

と思いましたので、ちょっと定員数を超えてしまいましたが、ご参加いただくことにいたしました。
ご説明に行くまで少しお待ちいただくこともあると思いますが、ご了承くださいませ。
でも、お一人お一人、しっかりとお伝えをさせていただきます!

2019年の締めとして、皆さまとご一緒に笑顔の楽しい“フェアアイル日和”にいたしましょう!

|

2019年12月15日 (日)

年末年始のキットのご注文につきまして。

◎毛糸屋さんが、12月24日~1月6日まで冬期休暇に入ります。

それにともない、

12月19日(木)までのキットのご注文は、年内に毛糸の発注をいたします。

しかし、12月20日以降のキットのご注文は、
毛糸屋さんの休みが明ける来年の1月7日になってから毛糸を発注するようになるので、キットのお届けが通常より時間がかかります。

キットの購入をお考えの方は、ご注意ください。
また、早めにご注文をいただければ、ありがたく存じます。

尚、本のご注文はいつでも承っております。
そして、小物キットで手元に毛糸があれば、すぐにご購入いただけます。お問い合わせください。

以上、よろしくお願いいたします。

|

2019年12月 8日 (日)

夕空

2019_20191208085201

 

昨日の夕空。

きのうの、観音寺の夕方はこんなかんじでした。

空も、海も、ピンクに染まっていました。

一週間後のアトリエでの教室が終わったあと、こんな夕空になればいいのになぁ・・・

みなさんにも、見ていただきたいなぁ。

 

 

 

|

2019年12月 5日 (木)

フェアアイルセーターの修繕

さぁ!
今回はどんな工夫をしましょうか🎵
今までの経験と、今の腕が試される(大袈裟)修繕です。

Img_5182

『赤のフェア島』のセーターは、後ろ身頃の肩辺りに穴が。
このくらい小さな穴であれば、刺繍をするように穴をふさぎましょう。
2本のとじ針それぞれに、赤の毛糸と、グレーの毛糸を通し、柄を復元しながら🎵

そして、衿ぐりのゴム編みを編み直しましょう。

Skipper

『skipper』は、胸元まで開きがあるスリット仕立て。
その前立てのゴム編みの、ボタンホール部分の糸が切れていました。
これはもうゴム編みを外し、編み直すのが一番早いです。
胸元は一番目立つところなので、この部分のゴム編みが新しくなると、また立派なフェアアイルセーターに🎵

そして、裾のゴム編み、袖口のゴム編みを編み直して・・・

最後に、今回の修繕の一番の難関!
前身頃の腹部分の穴・・・といいますか、
穴だけだったらいいのですが、よーく見ると左右の広範囲の編地が薄くなっています。
このような状態では、『赤のフェア島』のようにいま開いているところの穴だけをとじても、すぐにまた付近のいろんな箇所で穴が開くでしょう・・・。

ということで・・・

Skipper_20191205100301

いろいろと考え抜いた末、このような修繕方法にしました。

編地が薄くなっている部分を大きく長方形に抜き取り、その部分の下部の段から目をひろって、模様を編み込みながら新しい編地にする。
そして、両端にある房状の糸端を始末し、長方形の穴の上部と、新しく編んだ編地をはぎ合わせる。

文章に書くと2行・・・。
でも、作業している間ずっと「上手くいくかなぁ・・・~」と緊張が続きました。
だって!もう大きな長方形の穴をあけてしまっているのですから。

Skipper_20191205100401

今回とった方法は、修繕の箇所をさわると、傷跡がはっきとわかります。
編み直した編地の左右の、糸端を始末をしたところが、ちょっと厚くゴロゴロとしていて、
箇所によっては引き攣っているように感じたりもします。

修繕方法を考えているとき、編む分量は多いけど、一番すっきりときれいに出来上がる方法も思いついていました。
その方法で修繕をすると、きっと、まるで新品のようになるでしょう・・・。

でも深く考えていくごとに、「それでいいのかな・・」という思いがしてきました。

「新品のように修繕をしてしまうと、このセーターが、持ち主の方と過ごした歴史がみえなくなってしまうのでは・・」と。

ちょっと不格好な修繕跡も、愛おしいものです。・・・と、わたしは感じているのですが・・・
そして、セーターと持ち主の方との思い出となります。

ということで、

Skipper_20191205100402

『skipper』は、このように直りました🎵

それではまた、持ち主の方のところへいってらっしゃい!

 

 

|

2019年12月 4日 (水)

今シーズン、2回目を開催します!

東京でのワークショップが終わって、10日ばかりが経ちました。
ご参加いただいた皆様、『野の』の輪針ケースやバックは、順調に編み進んでいますか🎵

そしてなのですが・・、先日のワークショップで参加いただいた皆様にはちょっとだけお伝えしていたのですが・・・

今シーズン2回目となる“ワークショップ in 東京”を、2月に開催します!

開催日は、2月22日(土)・23日(日)・24日(月)です。

秋の講習より、ちょっとステップアップした内容の教材キットをお持ちいたします。

ちょっとステップアップ・・・難しいのかな・・・。
そんなことはありません🎵

ウェアーを作るときにとっても大切なことを、わかりやすく練習することができる教材です。
そして、実用性があって、何より可愛い!
楽しみにしていてくださいね🎵

教材キットの作品や、参加予約の日程(参加予約日は1月末ごろになると思います)や、ワークショップの詳細については、1月の頭のホームページ更新時にお知らせをいたしますね。

皆さまに教材キットをお気に召していただけるかな・・・、2月末は何かと忙しい頃なのでご参加いただけるかなぁ・・・、
などと今からドキドキしてしまいますね。
でもまだまだ、準備をしなくてはいけないことがたくさん。
しっかりと準備をして、皆さまが楽しく勉強していただけるワークショップにしなくては!

まずはほんのちょっとだけ、“ワークショップ in 東京 2020 春”のお知らせでした🎵



|

2019年12月 1日 (日)

2020年1月の“フェアアイル日和”の受け付けが始まりました。

Nol174105imgp8649

 

2019年も残すところ・・・といいますか、まだ一ヶ月もあります。
なのに、2020年1月の岡山とアトリエの教室の予約受け付けをするって、ちょっと不思議な気持ちもしますが・・・
始まりました!

そして、『野の の輪針ケース』のキットのスペシャルセットの受け付けも!です。

『野の の輪針ケース』のキットは、先日開催した東京でのワークショップの教材となりました。
そしてワークショップでは、トートバックに入ったスペシャルセットとしてお配りしました。

このトートバックのキットセット、いつもいつもではないのです。
今回が初めて!
なので、ワークショップに何回か参加されている方からは、バックを見て「わー!可愛い!」と驚きのお声も🎵

このトートバック、
じつは義母が縫ってくれました。
「キットをトートバックに入れると、皆さんお喜びになるかなぁ~」なんてつぶやいたら、
「そんなの簡単、縫うよ~」
なんて言ってくれたものですから、今回甘えてお願いしました。

紳士服の仕立て職人だった義母。
トートバックとは言え、手抜きはありません!

調子よくミシンを踏んだ義母は、ついつい多めに作ってしまいました(笑)。

『野の の輪針ケース』は、よい練習ができ、とっても勉強になる教材です。
なので、もともと4月から、岡山やアトリエでの教室の教材にしようと考えていました。

そこで一足先に、岡山とアトリエの教室「フェアアイル日和」へ参加される方に、このスペシャルセットを数量限定で販売したいと思います。
詳しくは、ホームページをご覧ください。

今製作中のフェアアイル、そしてこの『野の の輪針ケース』の教材を編みながら、楽しくレッスンをいたしましょう!
皆様のご参加、お待ちしております。

 

|

『 nord 』のフェアアイルカーディガン

163nord_20191201114601

 

- nord -

雪でおおわれた北の大地。

凛とした大気のなかでたたずむ森を、フェアアイルに写しとりました。

以前発表したnord(男性用ハイネックジャケット)から再考し、

丸首のカーディガンとして新たなデザインをおこしています。

女性の皆さまに楽しんでいただける作品になったかな♪

 

 

|

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »