« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月31日 (金)

“ワークショップ in 東京 2020 春”受付が明日になりました!

早いもので、明日は2月1日。

“ワークショップ in 東京 2020 春”の参加受付日となりました。

わたしも明日に備え、受付表を準備し、
そして・・朝からパソコンの動作を安定させるため準備をして待機をしなければいけないので、明日の分も掃除をして。
・・・といっても、毎日たいした掃除はしていないのですが💦
掃除をするのはもっぱらオット・・ありがたいことです。

そうそう!そして明日は1日なので、通常のホームページの更新、そして岡山、アトリエの教室の受付日にもなります。
それらの準備もしっかりと!

なにはともあれ、いよいよ明日です!

いつも皆様には時計の針が「9:00」を指すのをしっかりと見て、メールをいただいています。

朝の貴重な時間に、時計を見てお過ごしいただくこととなり、ほんとうに申し訳なく、
そしてご誠実な対応を頂戴し心より感謝しております。
ありがとうございます。

そして、皆さま方にお気をつけていただきたいのが、
携帯から予約メールを送信する方で、折り返しのパソコンメールからの着信ができるかの、確認をお願いいたします。
ときに、受信拒否で返信できないことがあります。
この場合は、大変申し訳ございませんが、参加予約完了となりません。

携帯からメールされる方は、「パソコンからのメールの受信拒否」を解除か、ten old のメールアドレスを受信可にしてください。
この確認、作業は、携帯電話会社のお客様サポートの方からできると思います。
よろしくお願いいたします。

もし不安な方は、ファックスがあれば番号をお書き添えください。

また、いただきましたすべてのメールに、一件、一件、返信をしていくのでたいへん時間がかかります。
申し訳ございませんが、お待ちくださいませ。

さぁ、明日の朝はパソコンを付けて、メールソフトを起こして・・・。
そうそう!忘れずにスレッドをオフにして、メールが届いた順から並ぶようにして、
9:00を待ちましょう。

皆さまからの参加予約、お待ちしております!!

|

ten old のワークショップについて。

“ワークショップ in 東京 2020 春”の予約開始日が、明日となりました。
その日が近づいたこの2~3日、「参加してみたいけど・・・、でも今のわたしの経験で大丈夫かな。ちょっと不安」
という方から、数件メールをいただきました。
受付前日となってしまいましたが、以前に掲載したQ&Aをリライトして、説明をさせていただきますね。
 
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 
Q. 多色使いの編み込みはしたことがないのですが、フェアアイルを編むことはできますか?
A. 「編み込み」と一口に言っても、いろいろな種類の編み方があります。
ですが、そのなかでもフェアアイルの編み込みは一番簡単だと思います。
手に持って編む糸は常に2本(2色)だけで、ぐるぐると輪に表目だけで編みます。
基本的には、平編みで往復に編むこともなく、裏編みもありません。
 
Q. マフラーや帽子は編んだことがあるのですが、大丈夫ですか?
A. 棒針で表編みができれば、楽しみながら編んでいただけると思います。
 
Q. フェアアイルはあの長い棒針で編まなければいけないのですか?
A. わたしはニッティングベルトを使用するので、棒針3本で編みます。
ですが日ごろ棒針を使っている方でも、ぐるぐると輪に編むことに慣れていない方は、4本針がいいでしょう。
またフェアアイルを編まれる方の中には、輪針で編まれている方も多くいらっしゃいます。
輪針を使い慣れている方は、輪針で編んでください。
針の素材は、竹製でも、アルミ、スチール製など、編みやすいものをお使いください。
 
Q. 編み込みをする場合の糸の持ち方の決まりがあるのでしょうか?
A. ちなみにわたしはニッティングベルトを使って編むので、右手の指に2本の糸をかけて編みます。
ですが、他にもいろいろと糸の持ち方があります。
右手と左手に2本の糸を振り分けて編む方、また左手に2本の糸をかけて編む方と、人によって編みやすい糸の持ち方はそれぞれです。
というように、糸の持ち方に決まりというものはありません。
初めての方は、このワークショップでご自身のやりやすい糸の持ち方を見つけていきましょう。
またそのお手伝いをさせていただきます。
 
Q. なんだか初めてお会いする皆様の前で編むのが緊張します・・・。
A. そうですよね。
でもそれは皆様も同じ気持ちのようですよ。
緊張されて頭が真っ白になって家ではできていることができなかったりと、そのような光景をよくお見受けします。
でも大丈夫です。
岡山での教室もそうですが、ten old のワークショップはお一人お一人の進むペースを大切にしています。
たとえ同じご質問も何度でもお教えいたしますので、安心してください。
 
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 
岡山でも教室を開催し皆様にフェアアイルをお教えするようになってから、より大切にしている言葉があります。
それは、「楽しむ!」こと。
20年以上前にフェアアイルのことが知りたく、シェットランド諸島の島々を巡り、いろいろなニッターさんに話を伺いに行きました。
「これで合っているのか。正解か」と質問をするわたしに彼女たちは言いました。
「あなたが言っている方法も正解よ。
でも作り方はなんだっていいのよ。あなたにあう方法だったら。」
「そんなことより楽しみましょうよ。だってフェアアイルを編んでいるのよ。こんな楽しいニットは他にはないわ。」
 
その言葉を胸に長年フェアアイルを編んできました。
そんな日々の中で、彼女たちが言う「楽しむ」は、ただ楽しいという単純な意味だけではないことを知りました。
もちろん、色とりどりの毛糸を使って編み込んでいくフェアアイルは楽しいものです。
でもそこに至るまでに古のシェットランレディーが、考え、工夫をしてきた苦労も感じるのです。
工夫も、苦労も、「楽しむ」。
フェアアイルには心をギュッとつかむ魅力があります。
 
教室などでお教えする機会が増えた今、基本テクニックをお伝えするだけでなく、心がけていることがあります。
正解は一つだけでなく、「その方に合う方法を一緒に見つける」ということです。
彼女たちの言葉をかりれば、フェアアイルというこんなに楽しい編み物をしているのだから、ストレスなく存分に感じてほしいのです。   
東京でのワークショップでも、そのお手伝いをさせていただきます。
 
さぁ、ten old とご一緒にフェアアイルを勉強してみませんか?
皆様のご参加、お待ちいたしております。
そして、楽しい“フェアアイル日和”にいたしましょう。   

|

2020年1月27日 (月)

試行錯誤の『ハナユキ』のネックウォーマー

N1774_20200127093302

2月末に開催する“ワークショップ in 東京 2020 春”。
そのワークショップの教材として作ったのが、『ハナユキ のネックウォーマー』です。

新しく教材を作るとき、いくつかのことを大切にしながら考えます。

まず一番大切なのは、教材を編むことで知識が深まり、フェアアイルのおもしろさを知っていただけること。

編み込みのテクニックを正しく知ると、美しい編地に編める近道になります。
そして、フェアアイル独特の技法やちょっとしたコツを知ることで、このユニークな編み物をもっとストレスなく楽しめますよね。

教材キットのなかに勉強できることをどのように盛り込むか・・、いつも苦慮している点です。

そして教材キットを作るとき、もう一つ大切にしているのが、最後まで楽しく編んでいただける色柄模様にすること。

この『ハナユキ』のデザインは、ショールで発表していました。
デザインをしたわたし自身がびっくりしたのですが・・、たくさん好評をいただきました。

そこで「“ワークショップ in 東京 2020 春”は、『ハナユキ』で行こう!」と思い、
まずは教材としてどのような形の作品にするか・・?というところからスタートしました。

ワークショップなので、ショールのような大きなものはダメ・・。
ということは・・・ネックウォーマー・・か?
でも、ショールを小さくしただけのネックウォーマーだと、『ボタンのバック』の教材とあまり変わらないし・・。

なんて考えていると、「そうだ!『snow snd tree 』や『雪日和』のショールの形にすればいいんだ!」とひらめきました。

そこからが、試行錯誤の毎日・・。

『ハナユキ』は一柄が大きいので、小さな面積のなかにどのように入れ込むか・・。
『ハナユキ』と組み合わせる柄模様はどうしよう・・、むずかしい柄模様だと大変になるから・・・・。
雪片と森の模様が決まったら、この世界観を表現するにはどんな色にすればいいのか。
そして、ネックウォーマーは顔の近くに来るし、色味が増えるとコーディネートがしにくくなるから、ゴム編みの色も再考しなければ・・・。
・・ま、考えすぎるのはいつものことなんですが💦

でも「頭の中だけで考えていても、けっきょくダメ」と経験上いやになるほどわかっているので、とにかく編んで、編んで、編みました。

そうして、どうにかこうにか出来上がった『ハナユキ のネックウォーマー』。
いろいろと試行錯誤をし過ぎてなんだかわからなくなって、
自分の中で「これでいいのかなぁ・・・」とちょっぴり思いつつ作品を発表しました。

でも先日の岡山の教室の時に、皆様から思いもかけない花まるの好評価。
もう、心底ホッとしました。

2月のワークショップの参加をお考えいただいている皆様は、いかがでしょうか?

この『ハナユキ のネックウォーマー』で、楽しく、そしてしっかりとフェアアイルのレッスンをしていきましょう!
わたしも、皆さまに編んでいただけるのが楽しみです!

N1774_20200127093301

 

|

2020年1月24日 (金)

ワークショップの準備。

2020_20200124103701

雨の日はキライではないです。

でもね~雨が降りそうで降らない・・・、空に蓋をする灰色の雲に覆われた毎日が続くと、いやですね。

窓から見える空があまりにもつまらない色だから、「青くなれ!」なんて言っててもしかたのないこと。

さぁ~仕事仕事と、

“ワークショップ in 東京 2020 春”の『ハナユキ のネックウォーマー』の見本を、せっせと編んでいます。

完成に至るまでの各段階のサンプルがあれば、皆さまも分かりやすいですよね。

説明をするわたしも、お伝えしやすいですしね。

・・あと何パターン作るんだっけ・・?

がんばろう!

 

|

2020年1月21日 (火)

1月の“フェアアイル日和”終了!

今年最初のフェアアイル教室、
「明けましておめでとうございます!」「今年もよろしくお願いします!」の声とともに始まりました。

そして、「はじめまして🎵」という方と、「ずいぶんとご無沙汰してました!」という方も参加いただきました。
わいわいと賑やかに、でも手元はしっかりと編み進めながら、頑張られていましたね。

フェアアイルを知り、そして憧れ、自分も編みたい!と思い、新しい編み物の世界を知っていく皆さま。

編み込みがスムーズに編めるようになると、それはもう楽しく、時間も忘れて夢中になってしまいますよね。

でも、不意にやって来る「上手くいかない・・・、むずかしい・・・」という壁。
そうなんですよね、ほんとうに足元をすくわれるように、不意にやって来るんですよね・・・。
さっきまで面白く順調に進んでいたのに、次の工程に入ると、途端に難しく感じられることが。

どの物創りもそうだと思うのですが、出来あがりに近づくほど細かな作業が連続して、ようやく完成となります。

そしてさらに、美しく完成するためには、ちょっとしたコツと、経験からの感、というのも必要になることも。

フェアアイルも身頃の本体が編み終われば、袖の目をひろい編んで、そしてゴム編みの適正目数の計算をし、ゴム編みを編み、スティークの始末をし・・・などなど、細かな作業が連続していきます。

でも皆様は、恐れずに、くじけずに頑張られている姿、ほんとうにすごいことだといつも思っています。

そんな前向きな思いに支えられているからこそ、教室を楽しく続けられているのだなぁ・・・と。

そんなことを思った、2020年最初の“フェアアイル日和”でした。

さぁ、今年もはじまりました!
みなさま、今年もどうぞよろしくお願いいたします!
ご家族のため、ご自身のためにフェアアイルを編んで、楽しい時間をご一緒に過ごしましょう!
もちろん、初めてのご参加の方もお待ちしております!

 

 

|

2020年1月15日 (水)

2020年最初の“フェアアイル日和”!

日常の何気ないことも「新年最初」と思うと、清々しく、新しい気持ちになって「頑張ろう!」と思いますよね。

そして、また新たにスタートする ten old のフェアアイルな日々♪
次のシーズンへ向けての個展の準備、
そしておもしろいことにもチャレンジしたりと、
いろんなことを楽む一年にしたいと思います!

そして、2020年最初の教室を、先日アトリエで開催しました。

皆さまも、今編んでいる作品をしっかりと進めていきたいと、とっても熱心に取り組まれていましたね。
もちろん、おしゃべりも楽しく🎵
あっ!というまの3時間半でした。

次は今週末の、今年最初の岡山の教室ですね!
1月の教室だけでなく、
本年も皆さまとご一緒に、
“フェアアイル日和”を楽しく過ごすことができればうれしいです!
どうぞよろしくお願いいたします。

それでは!岡山の会場で、皆様のお越しをお待ちしております!

 

※岡山の教室を開催している18日(土)・19日(日)と、その前後の日をプラスした期間は、メールの返信が遅くなります。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承お願いいたします。

 

 

|

2020年1月10日 (金)

『野の の手袋』新作フェアアイル小物。

G17450

 

『野の の手袋』も完成しました🎵

春らしい、可愛い色を、5本の指それぞれに編み込みました。

『野の のミトン』と一緒に、お楽しみください🎵

 

|

2020年1月 8日 (水)

“ワークショップ in 東京 2020 春”

・日時 … 2020年2月22日(土)・23日(日)・24日(月)

・会場 … 「銀座ルノアール 四谷店」4F会議室
  東京都新宿区四谷1-3-22(JR四谷駅四谷口より徒歩2分しんみち通り入口すぐ左)

・時間…11:00~15:00
・定員…各日 10名
・参加受付開始日…2020年2月1日(土) 午前9:00~

☆詳細につきましては、ホームページをご覧ください。

※ 3日間ともに定員となりました。お申込みありがとうございました。(2月1日)

※ 東京のワークショップに出向くため、20日(木)の夕方~25日(火)の間のten old の業務はお休みになります。
その間にいただきました、メール・ファックスの返信、また商品の発送は、業務再開の
26日(水)以降からとなります。ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承お願いいたします。

|

“ワークショップ in 東京 2020 春” 開催します!

N1774

 

“ワークショップ in 東京 2020 春”

今シーズンは2回目となる、“ワークショップ in 東京 2020 春”を開催します。
日にちは、2月22日(土)・23日(日)・24日(月)です。

今回の教材は『ハナユキ のネックウォーマー』。

「フェアアイル独特の技法〈スティーク〉の作り方」がテーマになります。
さらに、セーターの袖を作るときにポイントとなる「柄の配置の基本」も勉強することができます。

“ワークショップ in 東京 2020 春”の教材について、参加申し込み日、申し込み方法などの詳細は、ホームページをご覧ください。

 

N1774_20200108104701

 

|

2020年1月 7日 (火)

2月の“フェアアイル日和”の受け付けが始まりました。

今年は、よいお天気のお正月でした。
穏やかで、のんびりとした雰囲気のなか、久しぶりに休めたように感じます。

なんてまったりとしていたら、1月のホームページの更新日が近づいていることに気づき、バタバタと仕事始めになりました。

今回の正月休みはカレンダーの並びもよく、長いお休みの方が多かったのでは。
お休みが長いと、お出かけの日以外にも、お家でゆっくりとした時間もとることができたのではないでしょうか。
とすると、やっぱり編み物でもしましょう🎵となりますよね。
幸せな時間🎵

そして!すでにご予約をいただいている1月の“フェアアイル日和”が近づいてくるとともに、
2月の岡山・アトリエのフェアアイル教室の参加受付が始まりました!

まだまだウールの編み物シーズンの真っ只中です!
わからないところを解決しながら、皆さまとご一緒に楽しい“フェアアイル日和”を過ごしましょう🎵
ご予約お待ちしております!
もちろん、ビギナーさんもぜひご参加くださいね。

|

2020年1月 6日 (月)

『野の のミトン』新作フェアアイル小物。

G17449

 

― 野の のミトン ―

野の花、野の風、野のかおり……
そんな〈春の野〉から贈られるイメージを編み込んだ『野の』。
 
ベストとして誕生しましたが、
〈春の野〉を小さな世界で表現できないかと、ミトンとして編みあげました♪

 
ミトンをはめた両手を、白い息もれる口元にそえると、野のかおりを感じるような・・・、
凍える頬にあてると、ポカポカとお日様のようなぬくもりが・・・。


きりりと冷えた朝に小さな春を届けてくれる、そんなミトンになったかな?

 

 

|

2020年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます!

2020

2020年が始まりました!
いつもと変わらない朝なのに、1月1日は真っ新なノートを開いたときのような気持になります。

お雑煮を食べ、琴弾八幡さんへ初詣に行き、いつもの海を見ました。

見馴れた景色だけれども、海からの風をうけながら立っていると、
何気ない日常を大切にしながら今年も楽しく頑張るぞ!という気持ちに。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

🎵写真の砂絵は、観音寺の名所の「銭形」です。
銭形を見ると、一生お金に不自由しないとか・・・。
今のところ恩恵はうけていないように感じるのだけれど・・・、
携帯の待ち受けにでもした方がいいのかなぁ。

|

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »