« 3月の“フェアアイル日和”の受付が始まってます♪ | トップページ | 2月の“フェアアイル日和”♪ »

2020年2月 5日 (水)

バイカオウレン

2020_20200205103301

「バイカオウレン」、牧野富太郎博士が愛した花。

春の訪れを告げる妖精・・といわれるとおり、立春の日に見頃となったバイカオウレンを見に、高知県の日高村へ行っていきました。

といいますか、オットの仕事にくっついてです。

花の直径は1.5cmほど。(白い花びらのようなのは萼片)

まっすぐに伸びた茎の先で、可憐に咲いています。

杉林の足元で群生し、木々の間を抜ける風に、軽く会釈をするように揺れていました。

小さな小さな花なので、地面に顔を近づけて観察します。

すると、土のにおいが心地いい・・。

木々の間から太陽の光が届くと、バイカオウレンの白い萼片が乳白色に透け、蜜腺に退化した黄色の花弁がキラキラと輝きだします。

牧野富太郎博士の原風景で、時が経つのを忘れて観察を続けた花。

バイカオウレン、美しかったです。

 

 

|

« 3月の“フェアアイル日和”の受付が始まってます♪ | トップページ | 2月の“フェアアイル日和”♪ »