« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月29日 (日)

味噌!

2020_20200329132601

決行は土曜日!と決めていました。

味噌を作る日を。

土曜日は雨の予報でした。

雨が降るんだったら家にこもるしかない・・・、そうだ味噌を作ろう!

ほんとうは2月ぐらいに作るのがいいのだけれども、「作らなきゃ~」と思いながらも仕事を優先して後回し。

「我が家の味噌を、きらすわけにはいかない」と、使命感で重い腰を「よいしょ」とあげてはじめた雨の日の味噌作り。

でも、なんだかいつもより丁寧な作業になりました。

大豆を茹でていると、浮いてくる皮。

すくい始めるとだんだん面白くなって、ヘラでくるくるっとかき回しては浮いてきた皮をすくい、またかき回してはすくい・・・。

ほぼ全部の大豆の皮がとれたかも♪

大豆が煮あがれば、あとは潰して、麹と塩に混ぜて、ジップロックにつめれば完成。

雨の日の過ごし方、味噌作りお勧めです♪

 

|

2020年3月28日 (土)

伝授!

オットに伝授しました。
わたしのフェアアイルの洗濯方法を。

「このフェアアイル、ちょっと小さくなったようなんだけど」と、ある朝、言ってきました。

「このセーター」とは、20年前の作品の『prologue』のオリジナル。
個展のあと、オットにプレゼントしました。

『prologue』は、『story book』シーリーズの一つ。
『story book』、『prologue』、『chapter 1』、『chapter 2』、『chapter 3』の5連作品。
懐かしいですね・・・。

もともとハイゲージで編んでいたし、20年も着ている古いセーターなので、縮みが出ても仕方ないかなぁ~。。

「洗濯をして、仕上げにヘアーコンディショナーに浸すと伸びるよ」と教えてあげました。

「ふ~ん。やってみる」
「やって」と言わないだけ偉い。

我が家の洗濯機は、古風な二層式。
衣類をいろいろと分けて洗いやすいし、運動あとの汗が付いた衣類も、さっと短時間で少ない水で洗えます。
そしてやっぱり、フェアアイルを洗うのにコントロールがしやすいのが、二層式の洗濯機を手放せない理由。
・・・といいますか、私の人生で全自動洗濯機を使ったことはありません。。。

「はい!まずはセーターを平らに置いて、ここと、ここと、ここの長さを測って記録しておく」
それからセーターをネットに入れて、水はこの線くらいまで入れて、洗剤はこのくらいで~、3分洗いをして脱水、すすぎをして脱水してね~~と。
「それから、タライに水を入れてヘアーコンディショナーを薄くとかして、3分ほどつけてね~」「そのあとすすぎと脱水~」と。
・・・う~ん、わたしが洗えば、細かく説明をする時間で、もう洗い終わったかも。。
しかし、「フェアアイルを洗うって、いつもの洗濯と変わんないね。次のお天気のときは『月影』洗おう!」
しめしめ、伝授成功♪

脱水をしたばかりの半乾きのセーター、
オットはネルシャツの上に着て身体に合わせて成型。
けっきょく・・・、着干しをしました。
「ウールは半乾きでも冷たくないね~。だって昔の南極探検隊や、ヒマラヤ登山隊でもウールが~・・」とはじまりました。
なににしろ、セーターが伸びてよかったね。。。

 

|

2020年3月23日 (月)

鳥の巣?

2020_20200321110702

 

あの・・・、

鳥の巣にするために、飾っているのではないんですけど・・このフライングリース。(と言うらしいです)

大好きな花屋さんに気分転換で覗いたところ、お店の天井にぶら下がっていました。

風に揺れて、きれい。

10分ほど考え、即決購入!(・・・この時間、「即決!」とは言わないのかな。。。)

家に帰り、ここかな?いや、あそこに吊るす方がいいかなぁ?天井を見上げて家中うろうろ。

やっとここ!と言うところが見つかり飾ることができて、気分がいい~♪ さぁ、仕事仕事♪

「ちょっとコーヒーでも淹れようかなぁ」と通りかかったところ、鳥の巣になっていました・・。

こんなことをするのは、我が家には一人しかいません。

とりあえず写真だけを撮って、声も出さずにスルー。

しばらく経ってみると、鳥さんは飛び立っていました・・・。

この鳥、と言うか鴨、オットの手作り。

暇なわけではなく(・・ほんとうは、ヒマなのか?)、家の前の川にいる鴨の観察実験に使うんだそうで、こそこそと作ってました。

まぁ、なかなか良くできてはいるのだけれども。

この鴨の観察実験は、webサイトのアウトドア―カルチャーのニュースサイト「Akimama」に掲載するようです。

まだ、実験は上手くいっていませんが・・・。

 

2020_20200321110701

 

 

|

2020年3月21日 (土)

ten old 流♪

このところ、ぽつぽつと、
「ハナユキ のネックウォーマー」が完成しました!と、
ワークショップ in 東京に参加された方からメールが届きます。
うれしいですね♪

ビギナーさんのネックウォーマーに、もう一つの工程が加わった、ちょっとだけ難しい作品。

でも、ワークショップでしっかりと説明をお聞きいただき、またご自身でも理解しようと努力もされたようで、とっても素敵なネックウォーマーが仕上がっていました。

完成された作品の写真と一緒に、楽しんでお編みいただけたご様子も知ることができ、ホッと安心♪

ten old のワークショップは、フェアアイルの基本の技法をお伝えするのはもちろんのことですが、長年フェアアイルを創り続けてきて得た、わたしなりのコツもお伝えしています。

技法というものは、いろんな資料を見ていけば知ることができます。
でも「コツ」というのは、一朝一夕では会得することはできなもの。

わたしは夢中にフェアアイルを創り続けているなかで、いろんな工程の中で必要な「コツ」を見つけていったようです。

言ってみれば、皆様にお伝えしているフェアアイルは「ten old 流」。
・・・シェトランドのニッターさんも、それぞれの家でお母さんやおばあさんから伝えられた、その家の創意工夫を受け継いだ編み方。
そんな「ten old 流」ですが、皆さまが楽しくフェアアイルを編むためのお役にたてられていれば、うれしいですね。

「ten old 流」、わたしの中でどんどん深めていきたいと強く思います。

皆さん♪
『ハナユキ のネックウォーマー』、フェアアイルを楽しみながら完成に向けて頑張ってくださいね♪

 

 

|

2020年3月19日 (木)

3月の“フェアアイル日和”終了♪

先週からなんだかバタバタと、なんだかいろんなタイミングがちょっとちょっとずれてしまっています・・・。

と、先日の土曜・日曜と、“フェアアイル日和”たのしく開催いたしました。

目に見えないものと戦わなければいけないこのごろ、人の手が触れるところをしっかりと除菌して会場の準備。
参加いただける方も、ご自身やご家族の体調、そしてとくに気を付けなければいけないお仕事に就かれている方など、皆様それぞれ冷静に判断されお越しいただきました。

しかし、流石!

公共交通機関でお越しになった方は、来るなりご持参の除菌シートでふき取り、もしかしたら道中で接触したかもしれないウィルスを持ち込まないように気を付けていらっしゃいました。
ほんとうにありがとうございます。

でも、フェアアイルのレッスンはいつも通り、楽しい“フェアアイル日和”になりましたね♪

今、教室に参加されている皆様の中で、ちょっとしたブームがあります。
それは、『palette』や『grandmother』の変形のプルーバーの製作。

丸首のプルオーバーを着たいけど、もうちょっとおしゃれに着たいなぁ~と思っていた方々に、「うん?この変形プルオーバー、かわいいかも♪」となり、一人、また一人と、いつの間にか多くの方が編んでいる状況に。

完成した方がセーターを着てくるとさらに盛り上がり、「わたしも頑張ろう!」と。

でも皆様の作られている様子は、製図や説明書を見ながら編み進めていくものの、実際の編地の状況は「?」となるようですね。
ですが、身頃を編み終わり肩はぎをして、少々の不安のなか衿ぐりのスティークを切ると「わー!!」と感動されます。
わたしもその驚かれる様子を見て、「やったー!」とうれしくなります。

シェトランドシープヤーンだからこそできる技法の「スティーク」。
しかし、そのスティークにより、どうしても形のデザインの制約がでてきてしまいます。

でも、そんな制約はあるものの、新しい形を生み出したいですよね。
そうして、スティークがあることもふまえ四苦八苦してデザインをしたのが、変形のプルオーバー。
わたしも皆さんと同じ、衿ぐりのスティークを切るとき緊張しました。
なんども、「これでいいよね・・」と確認をして。

出来上がった時の感動は、皆さまと同じです!
なので、よろこぶお顔が見れて、ほんとうにうれしいのです♪

これから温かくなる季節ですが、次の冬、コーディネートの一つのアイテムとして、おしゃれを楽しんでくださいね♪

 

|

2020年3月13日 (金)

キットと一緒に

Photo_20200312103101

 

2月の東京でのワークショップのとき、この白の袋に『ハナユキ のネックウォーマー』のキットを入れてお渡しをいたしました。

オットの母が縫ってくれた、手さげ袋です。

長年、紳士ズボンの仕立てをしていたので、それはそれは丁寧な縫製。

ロックミシンなどは使用せず、縫い代は袋縫い。
持ち手の端は、袋の口の見返しと一緒になかに折り込んで縫いつけています。
ただの長方形の手さげ袋と思いきや、随所に職人の手仕事がつまっているのです。
さすが母!!

そして、わたしがした仕事は、やっぱりハンコを押すだけ・・・

ワークショップのとき、この袋にキットを入れて皆様にお渡しすると、とっても喜んでいただきました♪

ただ、試作と念のためにと多く作ってくれたので、手元に5枚残ってしまいました。
母の頑張ってくれた手さげ袋を無駄にしたくない、ということで・・・、『ハナユキ のネックウォーマー』のキットを発送するときにこっそりプレゼント作戦を実行中。。。

キットと一緒に手さげ袋が届いた方、・・ということで同封させていただきました。

 

 

|

2020年3月12日 (木)

編みましょう♪

2020_20200312102301

 

さぁ、編みましょう♪

小物づくりのときは、編み図をしっかり書いてから。

ぼうしと、それから手袋も。

かわいくできあがるか、お楽しみ♪

このバスケットの中の毛糸の色を見て、どの作品か分かれば、なかなかのten old 通!

 

 

 

 

|

2020年3月10日 (火)

『ハナユキ のネックウォーマー』キット販売

N1774_20200310105101

2月に開催した“ワークショップ in 東京”の教材として作った、『ハナユキ のネックウォーマー』。

ホームページやブログで発表をすると、ほんとうに多くに皆様から好評の声が届き、わたし自身びっくりしました。
・・・なにぶん、「これでいいのかなぁ・・」と、たくさん迷い、少々苦しみ(笑)ながら考えた作品だったもので。

ワークショップ後も、この作品を編みたいとのお声もたくさんいただきました。

ということで、キットとして通常販売をすることにしました!

キットの価格や詳細は、ホームページをご覧ください。

※ワークショップの作り方見本を仕上げた、完成品もあります。

 

|

2020年3月 4日 (水)

アトリエでのレッスン♪

2月に開催しました東京でのワークショップで、「いつかアトリエの教室に行きたいです!」とたくさんの方からのお声がありました。

はい!旅行もかねて、ぜひぜひお越しください!

ten old の教室は、お月謝を払って通う教室ではないので、「わからないところがある方」や、「今日は皆さんと一緒に編み物がしたい気分♪」という方など、一人一人のご要望や質問にお応えしていく、ゆったりとした教室です。 

それは、岡山も、アトリエも♪

そのゆっくり感がより漂うのが、アトリエの教室

今までお越しになられた方々は、四国にお住まいの方はもちろん、岡山の教室にお越しの方もアトリエまでたくさんいらっしゃいました。

岡山の教室に通われている方がアトリエに参加される場合、多くは難しいところをじっくりとレッスンを受けたい、という皆様が多かったですね。
少人数なので、ほぼマンツーマン状態でお教えできます。

そしてわたしも自分の仕事場ということで油断(?)をしているのか、感覚的によりリラックスをしてレッスンをしているように思います。
なので、フェアアイルから脱線をして、女子トーク(?)に花が咲いたり・・・(困)

ついでに言えば、もう一緒に編み物をしたいくらいです。

といいますか、今週末の土曜日のアトリエの教室は、ほんとうにご一緒に編み物をしようかな♪と、何を編もうかな?とまでふと考えています♪

 

 

|

クリスマスローズ

2020_20200303113301

今朝、産直市でクリスマスローズを買ってきました。
この倍の束で100円♪

家に花があるって、やっぱりいですね。
ざわざわと心が落ち着かないこのごろですが、少し気持ちを楽にしてくれます。

家のトイレットペーパーが残り2個となり、我が家的に危機的状況のなか、どこへ行っても売り切れ・・・・

4件目のスーパーで4個入り360円「白檀の香り付き」をようやく見つけ!たものの、
オットと買う買わないの小競り合い。
「高い!」そうなんだけれども~我が家の危機・・
「サンタのを使えば」それもそうなんだけれども、プレゼントにもらったトイレットペーパー。
1玉がかわいらしくラッピングされていて、ペーパーのプリントもとっても素敵なのです。
次のクリスマスシーズンに使おう♪なんて楽しみに置いてあるんだけど・・

とりあえずはサンタの1個はいざというときに置いておき、白檀買いました。
しかし、ほんといい香り♪

まー、白檀使いきっても手に入らなかったら、サンタのだろうが普通に使うんですけどね♪

こんな超高級なトイレットペーパーは、おそらくもう二度と買えないだろうから、大切に使いましょう♪
オット君!

 

|

2020年3月 2日 (月)

4月の岡山・アトリエのフェアアイル教室“フェアアイル日和”の受け付けが始まりました!

「うん。。?この冬は教室ばかりしていたような・・・」
気のせいではなく、スケジュール帳をみるとほんとう・・でした。

アトリエ、岡山、東京と、ひと月のうちの土曜・日曜日の1週はのぞいて、ほぼいずれかの教室を開催。

思い出せば、どの回の教室も充実した濃い内容でした。
なので、その余韻が残るままに次の教室、さらに余韻が膨らみながら次の教室。

もう少しこう伝えればよかったかなぁ~、こっちからのアプローチで説明した方がコツが伝えやすいかなぁ~・・などと考えたことも多く、
「教える・伝える」ということをさらに勉強できたように思えます。
ほんとうに、感謝ばかりです!

そして!!4月の岡山とアトリエの教室の受け付けが始まりました。

4月というと、もうそろそろウールの毛糸もお休みかな~という感じかもしれませんが、
いえいえ!まだまだフェアアイルニッティングが楽しい季節は続きますよ♪

また、皆さまと楽しくフェアアイルのレッスンをいたしましょう!

 

|

2020年3月 1日 (日)

『 the sky 』のフェアアイル♪

87the-sky

『 the sky 』

比較的初期の頃にプルーバーとして発表した「the sky」。

私の夫は、それをカーディガンにアレンジしたものを愛用しているのですが、
多くの方にほめられること幾年月。
というわけで、新たなデザインでカーディガン版の新「the sky」を編んでみました。

 
シェトランド羊の毛色そのものである無染色の毛糸を主にして、
少しの青系をアクセントに。
濃淡の色合わせは、静かなグラデーションで。

見頃から袖への、柄模様のつながりは、私のささやかなこだわりです。
 
総柄模様のなかに木や雪模様を編み込み、
見上げたときに広がる大きな空を表現しました。

 

|

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »