« キットと一緒に | トップページ | ten old 流♪ »

2020年3月19日 (木)

3月の“フェアアイル日和”終了♪

先週からなんだかバタバタと、なんだかいろんなタイミングがちょっとちょっとずれてしまっています・・・。

と、先日の土曜・日曜と、“フェアアイル日和”たのしく開催いたしました。

目に見えないものと戦わなければいけないこのごろ、人の手が触れるところをしっかりと除菌して会場の準備。
参加いただける方も、ご自身やご家族の体調、そしてとくに気を付けなければいけないお仕事に就かれている方など、皆様それぞれ冷静に判断されお越しいただきました。

しかし、流石!

公共交通機関でお越しになった方は、来るなりご持参の除菌シートでふき取り、もしかしたら道中で接触したかもしれないウィルスを持ち込まないように気を付けていらっしゃいました。
ほんとうにありがとうございます。

でも、フェアアイルのレッスンはいつも通り、楽しい“フェアアイル日和”になりましたね♪

今、教室に参加されている皆様の中で、ちょっとしたブームがあります。
それは、『palette』や『grandmother』の変形のプルーバーの製作。

丸首のプルオーバーを着たいけど、もうちょっとおしゃれに着たいなぁ~と思っていた方々に、「うん?この変形プルオーバー、かわいいかも♪」となり、一人、また一人と、いつの間にか多くの方が編んでいる状況に。

完成した方がセーターを着てくるとさらに盛り上がり、「わたしも頑張ろう!」と。

でも皆様の作られている様子は、製図や説明書を見ながら編み進めていくものの、実際の編地の状況は「?」となるようですね。
ですが、身頃を編み終わり肩はぎをして、少々の不安のなか衿ぐりのスティークを切ると「わー!!」と感動されます。
わたしもその驚かれる様子を見て、「やったー!」とうれしくなります。

シェトランドシープヤーンだからこそできる技法の「スティーク」。
しかし、そのスティークにより、どうしても形のデザインの制約がでてきてしまいます。

でも、そんな制約はあるものの、新しい形を生み出したいですよね。
そうして、スティークがあることもふまえ四苦八苦してデザインをしたのが、変形のプルオーバー。
わたしも皆さんと同じ、衿ぐりのスティークを切るとき緊張しました。
なんども、「これでいいよね・・」と確認をして。

出来上がった時の感動は、皆さまと同じです!
なので、よろこぶお顔が見れて、ほんとうにうれしいのです♪

これから温かくなる季節ですが、次の冬、コーディネートの一つのアイテムとして、おしゃれを楽しんでくださいね♪

 

|

« キットと一緒に | トップページ | ten old 流♪ »