« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月30日 (金)

つなげる

2020_20201030102301

「いま忙しいと思うけど、お願いしてもかまんの~」

父からわたされたものは、おばあちゃんのために編んだベストでした。
季節が終わったあとの半年間、衣装箱にしまってあったようで、たたみじわがついています。

ボタンが取れていて、ボタンホールも切れていました。
「修繕ね~」と受けとったベスト。

懐かしいベスト。。。
・・・この柄模様は『冬霞』、2001年にメンズベストとして発表した作品。

確か・・そのちょっとあとに、おばあちゃんに頼まれて作ったから、もう17年?18年?前に作ったかな。
「首があったかい方がいいんよ~。そんで、肩もかくれといたほうがいいんやけど、できる~?」とリクエスト。

・・・思えば、今の『old memory』や『Butterfly』の原型になる形を作っていたのですね。

「首を温かく」は、ずいぶんと悩んだなぁ~
「ハイネックはイヤ」といわれたので、ちょっとおしゃれなへちまカラーに。

でも2色で編む二目ゴム編みで前立てを編んで、首元で襟を返したら、裏の渡りが表に出てくるのできれいじゃ~ないし。。。
そこで考え、手元にあった肌触りの優しいアルパカの毛糸で編むことにしたんだった・・・。

このベストは、今は父の愛用品。
「打ち合わせが女前だけど」といってみたのだけど、「かまん、かまん。そんなん、どっちでもいいやろ~」と。

つながる・・・ではなく、つなげるフェアアイル。
修繕をしながら、つなげましょう・・次へ。

・・・たしかおじいちゃんには、おばあちゃんとおそろいの『冬霞』で、手袋を編んだんだった。
その手袋は、おじいちゃんが空の上に持っていきました♪

 

 

|

2020年10月27日 (火)

新作?製作!!

2020_20201027113001

いま製作中の毛糸たち♪

でも、、、編み始めるとすぐに手が止まり、やっぱりもう一度考えよう・・・と。

結局かごの中の数色は使わずに。

探して、これならという色が見つかりました。

そう、むかしむかしの作品を、また編んでいます。

少し新しい雰囲気をと考えたのですが、この作品は・・デザインが生まれたときに完成されていたのです。

さわってはいけない、色と柄。

できるだけオリジナルに近づけようと思いました。

20年以上前の作品なので、数色が廃番になっています。

そんな理由もあり、お休みをしてもらっていました。

今、23年ぶりに編んでいます。

あの頃を思い出す・・・というか、

思い出したくってこの作品を編むことにしました。

 

 

|

2020年10月24日 (土)

バジルを収穫

2020_20201024120401

今年のバジルは葉もやわらかく、長い間たのしむことができました。
種を蒔いたタイミング?育てた場所?

いつもは夏の暑さのせいなのか、葉がかたくちりちりになって、サラダにのせても口触りがいまいち・・・

でも今シーズンは、とっても優良♪
やわらかく、香りも良く、サラダにパスタにといろんな料理に使っていました。

でも、もうそろそろ終わりかな。。

ということで、残っているきれいなバジルの葉をぜーんぶ収穫!
より分けながら葉をちぎり、さっと水洗いをして、水気を切って・・・
保存袋に入れて、冷凍!
これで、冬の間も使えます。

むかしはバジルペーストにしていた時もあるのだけれども、使える料理が限られて。。。
葉をそのまま冷凍にしていると、オイルもニンニクも使っていないので、ほんとうに便利に使えます。
・・ただ一度凍っているので、解凍になった葉はくちゃくちゃですが。。

でも、いいんです♪
サラダに使ったり、トマト煮込みに入れたり、ピザを焼くときにトッピングしたり♪
香りはしっかりとあるので、料理が手軽にグレードアップ。

我が家の、夏が終わったあとの一仕事です。

 

 

|

2020年10月22日 (木)

ten old “家”のフェアアイル

“フェアアイル日和 in 東京 2020 秋”の告知をして、皆様から興味をお持ちいただいている声を頂戴し、本当にうれしい限りです。

ten old のキットを編んでいて、
「ちょっとわからないところがあって、それからずーっと手が止まっているんです。。。」というお声も聴くことも。
キットをお買い上げいただいたのに、完成することができないでいると聴くと、どうにかお手伝いができないものか…と気になって気になって。。。

ということで今回は、教材キットを使ってのワークショップではなく、
毎月岡山やten old のアトリエでの“フェアアイル日和”のかたちで開催するために、東京へ行きます!

・ちょっとわからなくなって手が止まっている方
・フェアアイルをより美しく編みたいとステップアップをしたい方
・「プルオーバーセーターをカーディガンに」「ジャストサイズで編みたい」などアレンジをしたい方
・そしてもちろん!憧れのフェアアイルにチャレンジしたいというビギナーさん

お手持ちのキットで(教材キットで)、一人一人の要望や質問にお答えをしていくワークショップです。

 

フェアアイルは、その家、その家の創造力や工夫から編み継がれてきた、自由な編み物です。
現在のシェトランドのニッターさんも、様々な編み方をされていました。
そんなフェアアイルを知りたく、現地でたくさんのフェアアイルを見てそして聞き。。。
その後の20年以上の長い年月の中、ほんとうにたくさん編むことで習得したのが、
ten old のフェアアイル。

“フェアアイル日和”でお伝えすることは、言えば「ten old “家”のフェアアイル」。

皆様がご自身のため、ご家族のため、大切な方へと編まれるフェアアイルが、
楽しく編んだ記憶とともに素敵な一品になるお手伝いができればうれしいです。

 

 

|

2020年10月21日 (水)

10月の“フェアアイル日和”終了いたしました!

“フェアアイル日和”には珍しく、土曜日は雨でした。
雨のせいで肌寒く、、、でしたが、やっぱり“フェアアイル日和”は盛り上がり、心も編む手も暖かに♪

この2日間、ほんとうにたくさんのご質問をいただきましたね。
教室に向けて準備もしっかりとしてご参加になられていたので、4時間ノンストップ!

さて、どんなご質問をいただいたか、ちょっと思い出してみましょう。。。

・ショールの二目ゴム編みの、適正目数のだし方をご説明しましたね。
・スティークの始末の仕方と、そのコツ。
・柄を編みこみながらの肩下がりの作り方と、大切なポイントもお伝えしました。
・スワッチからゲージをとり、出来上がり希望寸法の目数に柄模様を入れていく方法。
・前開きカーディガンにファスナーをつけたいという方には、お裁縫を。(洋裁、和裁、得意です♪)
・あっ!二目ゴム編み止めのスパルタレッスン(笑)
・初めてご参加の方には、編み込みの基本や、渡り糸が長い時の糸の絡め方。

もっとほかにもあったような。。。
などなど、たくさんの内容をレッスンしていきました!

“フェアアイル日和 in 東京 2020 秋”のご参加を検討されている皆さん、岡山での教室ではこんな感じでレッスンをしています。
ご参考くださいね。

どうですか皆さん、順調に編み進められて、この冬から着られそうですか?
でも、焦らなくてもいいですよ。
じっくりとフェアアイルニッティングを理解しながら、楽しみましょうね♪

次の11月の教室も、楽しみです!
そうそう!11月にもなると、ご自身で編まれたフェアアイルを着てお越しになられる方もたくさん。
教室の中はもう、ファッションショーといいますか、
「素敵ですね~」「この作品、実物はこんな雰囲気なのですね~いいな~」などなど、もう盛り上がる盛り上がる♪
これも、冬の“フェアアイル日和”の醍醐味。

また、楽しみましょうね♪

 

 

|

2020年10月14日 (水)

10月の“フェアアイル日和”が近づきました。

金木犀のにおいが、風に乗ってやってき始めました。
もうじきすると、町中が・・もっと濃い金木犀の香りのなかとなります。
遠くから、今年はないけどお祭りのちょうさ太鼓の音が聞こえてきそう。。。

こんな秋の空気に包まれると、もう編み物好きな私たちはウズウズとしますよね。
毛糸屋さんへ行って、毛糸の棚を眺めるだけでワクワク。
本を見て、このシーズンは何を編もうかと考え。
そして、夏は暑くって手につかなかったフェアアイルを取り出してきて、いきなりニッティングモードになったり♪

さぁ、編み物が楽しい季節がやってきました。

10月の教室では、フェアアイルのどんなことをレッスンしていきましょう。

初めてのご参加の方には、フェアアイルの基本を。
あっ、本体が完成して2色で編む二目ゴム編みの適正目数の計算を、という方もいらっしゃいますよね。
そして、スティークの始末の仕方などの仕上げ。
もしかすると、ゲージをとるためのスワッチが出来上がり、いよいよ編み始めるための製図と編み図の設計をする方もいらっしゃるのでは。

わからないところ、うまくいかないところなど、たくさんご質問をくださいね。
わたしも、次の手順や、見ていて気が付いた点など、お伝えをさせていただきます。

それでは!秋の楽しい“フェアアイル日和”にいたしましょう!

 

 

 

 

|

2020年10月13日 (火)

ミサゴ

「ten old 野鳥部、わたし部員です!」といっていただける方がいらっしゃいました!

うれしいです~。

というわたしは、皆さんほど詳しくなく、家の前にやってくる水鳥や、近所の公園の林で可愛らしく鳴く小鳥を観察するぐらいなのですが。

でも鳥って、かわいくって、かっこよくって、見ていてあきませんね。

勝手に言いだした野鳥部に、部員の方がいらっしゃること知ったオットが「この写真、ブログに掲載して~」というので、きのう激写したミサゴの狩りの様子を掲載します!

 

2020-01imgp9994

魚めがけてダイブした時は、こんなに水につかっているんですよね!

そして!

2020-02imgp0010

足はしっかりとボラを捕らえています。

2020-03imgp0016

ボラ・・、40㎝はあるのかなぁ・・・なかなかの大きさ。

でもこのボラ、このあと空を飛ぶとは思わなかったでしょうね。

 

|

2020年10月 9日 (金)

10月9日の製作ひとりごと

今編んでいる男性サイズのプルオーバー、とってもかわいい♪
こんな感じのフェアアイルが、いちばん好きだなぁ。

でもこの作品を編み始める前、サイズで「どうしよう~・・」と悩んで悩んで。。。

フェアアイルは柄模様が入るのだけれど、一柄模様の倍数が身頃の出来上がり寸法というのが基本。
でも一柄模様の目数が異なる何種類かの柄模様を組み合わせてデザインをするので、あの手この手で頑張って希望寸法に近づく目数を探し、各柄模様の調節をしていく、、、まーこの作業もフェアアイルの醍醐味なのだけれども。

今編んでいるフェアアイルの柄模様はきれいに割り切れるいい子で、しかもゆったりめ、タイトめと、ツーサイズを選べる状況に。
これが悩んで、悩んでの始まり。

教室でご主人さんのセーターを編まれる方も多いのですが、出来上がり希望寸法を伺うと「タイトめがいいっ、て言うんです」との答えも多く。
わたしのオーダーの経験からも、そのような希望が多いですね。

フェア島やシェトランドの昔の写真を見てみると、フェアアイルは体に沿うタイトな感じに着ていることが多かったようです。
これも、フェアアイルが働く人のセーターだったからでしょう。

今はファッションとして、サイズ感の好みがあるようです。

でも・・・ほんとうによくある「教室あるある」なのですが、「タイトな感じがいい」というからそのように製図をして編み始めたのに、編んでいる途中でご主人のサイズが変化して、「ピチピチなんです~・・どうしたらいいんでしょう・・・・」と。
奥様~、「タイトに、タイトに」は気をつけましょうね(笑)

と話が違う方向へ。。。

ということで、今編んでいるフェアアイルはゆっくりしたサイズに。
悩んでいるときに頭を一度フラットにして、「・・・人の好みは、もう考えないようにして・・・」と、この柄模様をジーっと見ながら聞いてみると、、、
すーっと完成したイメージが浮かび「ざっくりだ!ざっくりがかわいい!」

そして次の悩みは、丸首にするか、Ⅴネックにするか。。。
もう少し編み進めれば、またきっと教えてくれるでしょう。

 



 

|

2020年10月 7日 (水)

まだまだ続く、そして次を編む♪

2020_20201007103701

このあいだ編み終わった女性用ベスト、とっても可愛い~。

スワッチのときはいまいちピンときていなかったけど、形になると今までにない雰囲気でいい感じ。

あ~いけないクセがでそう。。。

「この色柄模様、あの形でもすごく可愛くなる!」と、違うデザインでも編みたくなる衝動をグッと押さえて、そして次!

次はメンズのセーター。

丸首にしようかな、Ⅴネックにしようかな?

編み進めていったら、この子が教えてくれるでしょう。

そして決め手となるのはゴム編みの色。

構想はあるものの、上手くいくかな・・・?

あー、楽しみ♪

 

 

 

|

2020年10月 5日 (月)

11月のフェアアイル教室“フェアアイル日和”の受付も始まってます。

ここ最近、東京でのワークショップについてばかりになっていましたが、岡山も11月の“フェアアイル日和”の受付が始まりましたよ!

しかし~、早いですね~。
もう11月の教室の話をしています。

11月の次は、12月!
焦ります~・・・
いろいろと・・・

最近の教室では、完成間近の大詰めの方、そして、新しく編み始めた方と、両極の状況が多いような気がします。

完成まであと一歩!という方は、ゴム編みや仕上げを頑張られています。
そして新しく編み始められた方は、9月の教室ではスワッチからゲージをとり希望寸法に仕上がるように製図をしていきましたよね。

この冬のシーズンの教室は、今月の10月を入れると残り3回です。
しっかりと計画を立てながら、編み進めていきましょうね。

11月の教室“フェアアイル日和”のご参加予約、お待ちしております!

 

 

|

2020年10月 3日 (土)

コウノトリ!

ten old野鳥部の皆様へ、緊急なお知らせです。
・・・野鳥部って、あったかしら。。。

我が家の前の河原に、コウノトリがやってきました。

2020930

9月末日の夕方5時前、そろそろ夕飯の買い物にでも行こうかな~と窓際に立ち、伸びをしながらいつものように川を見たら「うん?あのお尻の黒い大きな子はだれ?」

頭の中に「コウノトリ?」とよぎったものの、「まさかね~」と思いつつ、
オットに「大きな鳥がいるけど、あれって~・・」というと、

「コウノトリや~ん!!!」

この日は朝から雨。

いつもの夕方だとウォーキングにと歩く人も多いのですが、だれ一人歩いていません。
きっと、気が付いたのは、わたしとオットだけだったでしょう。

雨が降る中、ゆっくりと歩くコウノトリ。
真っ赤な足で歩くその一歩が大きい。。。
そして、優雅。
暮れゆく中、見とれていました。

しかし、川は満ちはじめ河原も消えつつあります。(川の河口なので、海のように満ち引きがあります)
そしてとうとう暗くなり、確認がしにくくなりました。

次の日の朝、いなくなっていました。
たった、2、3時間だけの滞在だったみたいです。

撮った写真を確認すると、足環がありました。
調べていくと、兵庫県コウノトリの郷公園が放鳥したコウノトリとわかりました。
目撃情報を、写真と一緒に報告。
折り返しメールがあり、ちょうど一年前に兵庫県養父市で放鳥した1歳になるツガイの雄とのこと。
この夏から目撃情報がぱったりと途絶え、心配をしていたそうです。
でも・・・、女の子のコウノトリはどこでいるのでしょう。。。心配。

以前、香川県でも目撃情報があったので、冗談で「うちの前の河原にコウノトリ来ないかな~」なんて言っていたら、本当にやってきてくれました。
幸せです。

でもあの子、あの後どこへ。。

 

 

|

2020年10月 2日 (金)

“フェアアイル日和 in 東京 2020 秋”です!

2020-in


岡山の教室“フェアアイル日和”のスタイルで行う、東京でのワークショップは2年ぶりとなります。

キットを持っているものの、ちょっとくじけてしまって・・手が止まっている。。。
わからないところがあるのだけれど、岡山まで行くのは大変。。。

という方もいらっしゃるのでは?

そんな、キットを持っていながらお困りになられている皆さんのお手伝いができれば、ということで開催する“フェアアイル日和 in 東京”。

ということは・・・、いつもの東京でのワークショップのようにたくさんの定員では、お一人お一人に丁寧な説明ができなくなります。
なので、定員は各日8名様にしました。
・・・このコロナ禍、もともと会場の広さに対して密となる定員はだめなのですが。。。

あっ、もちろん!憧れのフェアアイルにチャレンジしたいという、フェアアイルビギナーさんもぜひご参加ください。
フェアアイルの基本と、楽しさを、しっかりとお伝えをさせていただきます。
『野の の輪針ケース』の教材キットでのレッスンもできますし、ご希望の方は現行品小物キットのネックウォーマーなどでのレッスンも可能です。

『野の の輪針ケース』の教材キットは、ワークショップ当日のお渡しになるのですが、ネックウォーマーでのレッスンをご希望の方は、先にお買い上げいただきお届けすることもできます。
キットに同封してある作り方説明書等をご覧になって、ワークショップ当日までに作り目をするなどの準備をしていただければ、レッスンもスームズに進めることができます。
ネックウォーマーなどの小物キットをご希望の方は、参加申し込みの時におつたえくださ。

 

そして今回も、参加申し込みの時に

・持参するten old フェアアイルキットの名前
・今回のフェアアイル日和で学びたいこと、質問したいこと

などを気楽にお伝えいただければ嬉しいです。

ワークショップは4時間の中でしっかりとお伝えをしていくものの、スタートと同時に「せーのっ!」で8名様の質問を一度にお答えすることは無理なので、事前にお伝えいただくことで、その日のワークショップの進め方の計画を立てたいと思っています。

どうしてもスタート時にお待ちいただく方もいらっしゃることになりますが、それでもできるだけ、そのような時間が短くなるようにしたいと考えています。
ご協力お願いいたします。

 

また、ちょくちょく“フェアアイル日和 in 東京 2020 秋”について、このブログでもお伝えをしていきますね。

 

|

2020年10月 1日 (木)

“フェアアイル日和 in 東京 2020 秋”

“フェアアイル日和 in 東京 2020 秋”開催します!

岡山のレッスンスタイルのワークショップを、東京で!

詳しくは、ホームページをご覧くださいね。

こちらをクリック → “ワークショップ in 東京 2020 秋”詳細

 

●日時 … 2020年11月28日(土)・29日(日)・30日(月)
    ※28日(土)定員となりました。
    ※29日(日)定員となりました。
    ※30日(月)定員となりました。
    各日のキャンセル待ち承ります。
●時間 … 11:00~15:00
●定員 … 各日 8名
●予約申し込み開始日時 … 2020年11月7日(土) 午前9:00~

 

 

|

『静かな朝に』のフェアアイル帽子♪

No16926


ー 『静かな朝に』フェアアイル帽子 ー

 

早起きをした静かな朝に、フェアアイルのぼうしをかぶってお庭に出てみましょう。

頬を冷たくする空気の中で、庭のみどりはすくっと背筋を伸ばしています。

フェアアイルのぼうしから始まる冬の朝、たのしい一日が待っていそう。

 

 

|

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »