2019年7月26日 (金)

旅で出会った動物たち♪

旅の途中で、動物に出会うととってもうれしいものです。
ときには、積極的に観察へと向かいます。
今回のシェトランド旅でも、いろんな動物に会うことができました。

2019_20190726113901
シェトランドポニー🎵
好奇心旺盛な、ちょっとやんちゃな男の子。

2019_20190726113902
クロフトハウスミュージアムのマスコット羊🎵
むかしの暮らしを語る渋い道具を展示しているなか、
この可愛さが異彩を放っていました。

2019_20190726122001
どうしても、もう一度行きたかったNossへ!!
ここは、カツオドリやウトウ(オロロンチョウ)などの海鳥の聖地。
あっ、トウゾクカモメもか。
でもこの島に行ったら、アザラシとだるまさんが転んだをしないと。
草むらからひょっこりのぞいたらアザラシは頭を低くし、また草むらに隠れるとどこへ行ったの~と首を伸ばす。
遠くなのに、よく見えるね~
アザラシ、どこにいるかわかりますか?

2019_20190726114001
シェトランドメインランドの中北部の町、Voeに行ったときに出会ったワンコです。
おとなしいく、フレンドリーで、とっても可愛らしい、良い子です🎵
ボエはスカンジナビアンな景観で、ノルウェーの街並みに似ているといわれる古くからの港町。
むかしは捕鯨基地だったそうです。

2019_20190726114002
Aith という小さな港町で。
ゴージャスなニワトリがいたので、ちょっと話しかけてみました。
でもシャイなのか、目の端でちら見・・・。
写真を一枚撮らさせてもらって、バイバイ。

2019_20190726114003
砂州でつながったニーニャ島へトレッキングに行きたいのに、真っ黒な雲が近づいてくる・・・。
この雲をやり過ごそうとぼんやりしていたら、牛たちがにぎやかにやってきました。
子牛もたくさん。
走って、跳ねて、楽しそう🎵
・・・結局、ニーニャへは行かれず💔

2019_20190726114004
夜7時半、サンバラヘッドで漁に出たパフィンの帰宅待ち。
写真では穏やかそうに見えるものの、この日の気温は5℃ほど・・・。
しかも海からの強風が吹きつける。
体感温度はおそらく・・1℃。
そんな中、うさぎの存在が癒しです。
さて、うさぎはどこにいるでしょう🎵

2019_20190726114005
今回の旅は、フィンエアーを利用。
イギリスまでの直行便ではなかったので、フィンランドで乗り換え。
ということで、帰りはちょっとフィンランド観光をしました。
せっかくなので🎵
わたしが住む観音寺にも渡ってくる「ユリカモメ」。
フィンランドでは、ガッツある暮らしをしているなぁ~
オニオンリングを盗んで、走って逃走するカモメちゃん🎵

2019_20190726114006
フィンランドでも、やっぱり自然を求めて歩き回る毎日。
橋でつながった小さな島に散歩に行き、そこで出会ったリス。
もう、ずーっと見てられます。

2019_20190726114007
そして、ここにもやっぱりユリカモメ。
もしもし~、そのお腹のたるみはなんですか~
オニオンリングの食べ過ぎですか~

そんなこんなで今回の旅で出会った、ひつじ以外の動物でした。

|

2019年7月 2日 (火)

8月の教室はお休み

毎月1日は、ホームページの更新日。
そして、翌月の教室の参加予約の受け付けと、
近くに迫る今月の教室の案内状のハガキの製作。
これが、月はじめの1日の仕事。

でも、8月の教室はお休みになるので、予約メールの返信はなし。
案内ハガキは、しっかりと作りました。

と、昨日の1日は、いつもとちょっとだけ違いました。

そして、愛用の赤いソファーに座って編み物。
すると、ふと思い返してきます。
シェトランドの日々を・・・。

シェトランドは22年ぶりでした。
また行きたいな…と思いつつも、我が家には福ちゃん(犬)がいたので、
長期で出かけることをしませんでした。
でも去年、17歳間近で福ちゃんが空へと旅立ってしまったので、
これをひとくぎりとして私たちも旅の計画を立てはじめました。

久しぶりのシェトランド。
でもあのころのような熱い思い・・ではなく、
シェトランドの風やゆっくりと流れる時間が恋しくて・・恋しくて・・・
今回はそんな思いから始まった、旅でした。

2019_20190702112002

でも、シェトランドの冷たい風をうけながら風景を見ていると、
どこからともなく思うのはやっぱりフェアアイルのこと。
こんな美しくも厳しい島で、フェアアイルは生まれたのだなぁ・・・と。

2019_20190702112001

旅のことを懐かしく、断片的に思い出しながら、編み物をしていました。
そうしたら、ふと思いました。
フェアアイルを手編みする、意味の大切さ。

フェアアイルは自由な編み物です。
でも「自由」という言葉の裏には、
その技術が、お母さんや、おばあちゃんから伝えられた
その家々のものだったからでしょう。
しかし今のシェトランドでは、手編みを伝えるのも難しくなりつつある・・・と島の人が話されていました。

・・・・フェアアイル日和。
皆さんが集まって、フェアアイルを手編みしながら賑やかに楽しく過ごせる、
ということは、
とっても贅沢で、大切な意味があることだと感じました。

2019_20190702114001

8月の“フェアアイル日和”はお休みです。
次は9月です。
9月の教室の日程の発表、予約受付開始は、8月1日のホームページ更新時となります。

|

2019年6月26日 (水)

シェトランドシープ♪

シェトランドの旅の写真をまとめ、記事を書く時間が今はなく・・・

まずはちょっとだけ、シェトランドの空気を感じてくださいね🎵

 

|

2019年6月12日 (水)

6月の“フェアアイル日和”

2019_19

5月のフェアアイル教室“フェアアイル日和”を終え、その足でシェトランドへ旅立ち、そして帰ってきたら今週末には6月の“フェアアイル日和”。

なんだか不思議な気分です。

毎月の1日ごろ、その月にご参加の皆様に案内状を出しています。
これは、“フェアアイル日和”が始まって、ずっと続けていること。
たとえ旅に出ていたからといって、お休みをするわけにはいきません。

ということで、6月の案内状はちょっと特別に🎵

シェトランドで購入したポストカードに案内状の文面を書き、
シェトランド諸島の最北にある「アンスト島」の、そしてイギリス最北端の郵便ポストに投函しました。

・・・思えば前回は、おじいちゃんと、おばあちゃんに、このポストからハガキを出したなぁ・・・。

すると、届いたという方からメールが。
「パフィンの絵柄の消印が押されたハガキをありがとうございます」と。

???

シェトランド本島の消印は普通なのですが、どうもその最北端の郵便局ではスペシャルな消印が押されるようです。
あー、知っていれば自分にもハガキを出すんだった!なんて。

(教室によくお越しになる皆さまにもハガキを出したかったのですが、どの方まで出せばいいのか判断がつかず・・・心を鬼にして「6月のご参加の方だけ」としました。申し訳ございません・・・。)

さぁ今週末は、フェアアイル日和です!

シェトランドで見聞きしたこともお伝えしながら、楽しくフェアアイルのレッスンをしていきましょう!
そして、がんばって編み進めていきましょうね🎵

 

|