2019年12月 5日 (木)

フェアアイルセーターの修繕

さぁ!
今回はどんな工夫をしましょうか🎵
今までの経験と、今の腕が試される(大袈裟)修繕です。

Img_5182

『赤のフェア島』のセーターは、後ろ身頃の肩辺りに穴が。
このくらい小さな穴であれば、刺繍をするように穴をふさぎましょう。
2本のとじ針それぞれに、赤の毛糸と、グレーの毛糸を通し、柄を復元しながら🎵

そして、衿ぐりのゴム編みを編み直しましょう。

Skipper

『skipper』は、胸元まで開きがあるスリット仕立て。
その前立てのゴム編みの、ボタンホール部分の糸が切れていました。
これはもうゴム編みを外し、編み直すのが一番早いです。
胸元は一番目立つところなので、この部分のゴム編みが新しくなると、また立派なフェアアイルセーターに🎵

そして、裾のゴム編み、袖口のゴム編みを編み直して・・・

最後に、今回の修繕の一番の難関!
前身頃の腹部分の穴・・・といいますか、
穴だけだったらいいのですが、よーく見ると左右の広範囲の編地が薄くなっています。
このような状態では、『赤のフェア島』のようにいま開いているところの穴だけをとじても、すぐにまた付近のいろんな箇所で穴が開くでしょう・・・。

ということで・・・

Skipper_20191205100301

いろいろと考え抜いた末、このような修繕方法にしました。

編地が薄くなっている部分を大きく長方形に抜き取り、その部分の下部の段から目をひろって、模様を編み込みながら新しい編地にする。
そして、両端にある房状の糸端を始末し、長方形の穴の上部と、新しく編んだ編地をはぎ合わせる。

文章に書くと2行・・・。
でも、作業している間ずっと「上手くいくかなぁ・・・~」と緊張が続きました。
だって!もう大きな長方形の穴をあけてしまっているのですから。

Skipper_20191205100401

今回とった方法は、修繕の箇所をさわると、傷跡がはっきとわかります。
編み直した編地の左右の、糸端を始末をしたところが、ちょっと厚くゴロゴロとしていて、
箇所によっては引き攣っているように感じたりもします。

修繕方法を考えているとき、編む分量は多いけど、一番すっきりときれいに出来上がる方法も思いついていました。
その方法で修繕をすると、きっと、まるで新品のようになるでしょう・・・。

でも深く考えていくごとに、「それでいいのかな・・」という思いがしてきました。

「新品のように修繕をしてしまうと、このセーターが、持ち主の方と過ごした歴史がみえなくなってしまうのでは・・」と。

ちょっと不格好な修繕跡も、愛おしいものです。・・・と、わたしは感じているのですが・・・
そして、セーターと持ち主の方との思い出となります。

ということで、

Skipper_20191205100402

『skipper』は、このように直りました🎵

それではまた、持ち主の方のところへいってらっしゃい!

 

 

|

2019年12月 4日 (水)

今シーズン、2回目を開催します!

東京でのワークショップが終わって、10日ばかりが経ちました。
ご参加いただいた皆様、『野の』の輪針ケースやバックは、順調に編み進んでいますか🎵

そしてなのですが・・、先日のワークショップで参加いただいた皆様にはちょっとだけお伝えしていたのですが・・・

今シーズン2回目となる“ワークショップ in 東京”を、2月に開催します!

開催日は、2月22日(土)・23日(日)・24日(月)です。

秋の講習より、ちょっとステップアップした内容の教材キットをお持ちいたします。

ちょっとステップアップ・・・難しいのかな・・・。
そんなことはありません🎵

ウェアーを作るときにとっても大切なことを、わかりやすく練習することができる教材です。
そして、実用性があって、何より可愛い!
楽しみにしていてくださいね🎵

教材キットの作品や、参加予約の日程(参加予約日は1月末ごろになると思います)や、ワークショップの詳細については、1月の頭のホームページ更新時にお知らせをいたしますね。

皆さまに教材キットをお気に召していただけるかな・・・、2月末は何かと忙しい頃なのでご参加いただけるかなぁ・・・、
などと今からドキドキしてしまいますね。
でもまだまだ、準備をしなくてはいけないことがたくさん。
しっかりと準備をして、皆さまが楽しく勉強していただけるワークショップにしなくては!

まずはほんのちょっとだけ、“ワークショップ in 東京 2020 春”のお知らせでした🎵



|

2019年12月 1日 (日)

『 nord 』のフェアアイルカーディガン

163nord_20191201114601

 

- nord -

雪でおおわれた北の大地。

凛とした大気のなかでたたずむ森を、フェアアイルに写しとりました。

以前発表したnord(男性用ハイネックジャケット)から再考し、

丸首のカーディガンとして新たなデザインをおこしています。

女性の皆さまに楽しんでいただける作品になったかな♪

 

 

|

2019年11月28日 (木)

“ワークショップ in 東京 2019 秋”終了!

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!

慣れない場所での編み物、お疲れになられたのでは。

しかし、楽しかった~!

土曜日、日曜日、月曜日と、それぞれに楽しく、おもしろく、ちょっとちょっと表情の違う思い出深いワークショップになりました🎵

今回は『野の』デザインで、輪針ケースやバックを編みながら編み込みの練習をし、さらにウェアーにつながるテクニックの説明や、ちょっと深いところまでもお伝えしました。

もしかすると、ビギナーさんのなかには「?」となられた方もいらっしゃったかもしれません。

でも、「フェアアイルって面白い!」と感じていただけたのでしたらうれしいです。

しかし・・お話したことは、フェアアイルのおもしろい部分のほんの一端なのです。

まだまだこれからも、新しく知ること、経験できることが待っているって、ワクワクしますよね。

そして素敵なことです。

まずは、『野の』の輪針ケース、そしてバックを完成させてくださいね🎵

完成したら、愛用する喜びを味わってください。

そして、次へとステップアップですね!

また、そのお手伝いができればうれしいです。

・・・・こっそりとお伝えしましたが、次の教材はステップアップ用です・・・。

と、なにはともあれ、

ほんとうにありがとうございました!

また!お会いいたしましょう!

そして、ten old のワークショップをご経験いただいたことがない方も、次の機会にぜひご参加くださいね。

 

|

2019年11月20日 (水)

“ワークショップ in 東京 2019 秋”へ向けて出発!

Nol174101nimgp6613s_20191120103501

 

さあ!いよいよ近づいてきましたね🎵
ご参加いただける皆様、準備はいかがですか?

数件ですが、針についてのご質問がありました。
内容は、輪針で編まれる方が、コードの長さについてのご質問でした。

作品が小さいので、輪針で編む場合のコード選びが難しいですよね・・。
悩んでいる方は、コードの長さが違っていいので、同じ号数の輪針を2セット持って来てくださいね。

さぁ、わたしも忘れ物がないように準備、そしてチェック!!

まず一番肝心な、『野の の輪針ケース』の教材キットです。
こちらは、曜日ごとに箱に詰めて、準備完了!

そして、皆さまの参考になるようにと、作品も準備しなくては。
手元にあるものだけなので数は多くありませんが、小物も含めて持っていきますね。
編み疲れたらちょっと休憩、と、ご覧ください。

そして、忘れていけないのが、観音寺名物のお菓子🎵
東京でのワークショップのリピーターさんのなかには、このお菓子を楽しみにしていただけている方も🎵

・・・とカレンダーを見て近づくワークショップに、ちょっと緊張されている方もいらっしゃるのでは。
フェアアイルのビギナーさんには、フェアアイルをもっと好きになっていただけるよう、
楽しく編み進められる方法をご一緒に見つけていきましょう。
そして、ステップアップをされたい方には、フェアアイルの奥の深い部分をお話していきましょう。

ten old のワークショップは、とにかく楽しく!です。
皆さまとご一緒に、素敵な“フェアアイル日和”の1日にいたしましょう🎵

それでは、会場でお待ちしております!

 

Nol174103nimgp6678_20191120105701

|

2019年11月18日 (月)

11月の“フェアアイル日和”終了!

11月の“フェアアイル日和”は、皆様のやる気が満ち溢れるなか、熱く!?、楽しいレッスンとなりました!

・・その日の教室が終わるとき、次から進める部分や、大まかなレッスン内容をお伝えします。
そうすると次回の教室では、しっかりと前回お伝えしたところ付近まで編み進み、お越しになられます。
とっても頑張られているので、皆さまのフェアアイルは順調に完成に向けて進んでいますね。
素晴らしいことです。

ご自身のためにと編まれている方、そして、お父様や、お母様、ご主人様への贈り物にと編まれている方。
皆様それぞれ・・。
それぞれに、着ることへの楽しみや、贈る喜びをあじわいつつ、編まれているご様子でした。

さて今回は、どんなご質問をいただいたか思い出してみましょう・・・

・スワッチのゲージから、希望寸法になるように目数・段数の割り出しの仕方。
・そして柄模様をきれいに入れ込む方法と、そのコツ。
・希望寸法をできるだけ叶えつつ、でも柄模様をきれいに入れるために考えなくてはいけない、肩幅、袖丈、脇の休み目の幅の関係性。(ざっと読むと?てなりますよね。でも大切なところなんです)
・スティークの始末の仕方と、大切なコツ。
・5本指の手袋の編み方と、そのコツ。
・二目ゴム編みの中での、ボタンホールの作り方。
・ゴム編みの適正な目数の割り出し方。

ここ数回はビギナーさんがいらっしゃらないので、教室の内容もなんだかハイレベルに。
でもほんと、ややこしいことをお伝えしていますよね~
わたしも説明をしていると、頭の中が時々こんがらがってしまうこともたまに。
・・必死で隠していますけど(笑)
このようなことを書くと高度な教室なのでは、と思われるかもしれませんが、そんなことはないのですよ🎵

のんびり楽しく🎵が“フェアアイル日和”。
そう!一番は、楽しくフェアアイルを編むこと!
皆様全員、その大切なレッスンを実行していただけているので、ほんとうにうれしいです。

完成間近の方も多くいらっしゃった、11月の教室。
あと一歩!楽しく頑張っていきましょうね🎵

そしてわたしは今週末、“ワークショップ in 東京”へ向けて出発します!

|

2019年11月13日 (水)

11月の“フェアアイル日和”です。

“フェアアイル日和”も、今年も残すところあと2回。
・・といっても、今シーズンは個展がないので、1月も2月もフェアアイル教室はありますよ🎵

最近、教室で皆さまの編まれているものを見ると、旦那様のためのフェアアイルセーターや、お父様のためのフェアアイルベストなど、贈り物にと頑張られている方が多いですね。

なので、ちらっと冬の様子も近づいてくるこのごろですから、ちょっと焦りつつ頑張られています。

ということは、とうぜん教室では質問がひゅんひゅんと飛んでくるので、わたしはしっかりとキャッチして頭フル回転でお伝えをしています。

それが楽しんですよね!

でもやっぱり“フェアアイル日和”。
のんびり楽しく、の雰囲気いっぱいです。

皆さまは、どこまで編み進んでいるのでしょう?
さぁ、この週末の教室も、楽しく🎵頑張りましょうね!

|

よるしるべ

2019_20191113091101

 

なんだかバタバタとしていて、ブログが追い付かないこのごろ・・・

11月のアトリエの教室も、楽しくあっという間に終わりました。

少人数制なので、もうマンツーマン状態!
難関の肩下がりの説明も、丁寧にお伝えをすることができました。
お父さんと、お母さんへのクリスマスプレゼントのベストが間に合いそうですね🎵

あとこれまた、ちょっとややこしいところ・・
お袖の製図・目数の出し方と、身頃からのひろい目もお勉強。
こちらの方も、お母さんへ編まれているフェアアイル。
皆さん、素敵に仕上がるといいですね🎵

そしてアトリエでの教室を開催することでうれしいのが、観音寺も楽しんでいただけていること。

観音寺は昔からの港町。
そして、商人の街でもありました。

街は財田川の南側が中心部となり栄え、わたしが住む地域も昔ながらの風情が残っています。

路地裏に入ると並ぶ昭和の家の合間合間に、
えびせんべいの手焼き工房があり、かまぼこ工場からは平天を揚げたいい香りがしてきたり、お寺が点在していたりと、
ぽくぽくと街歩きをするのが楽しいところです。

教室にお越しになる皆さまは、そんな街の雰囲気に気がついていただけたのか、
「次に来たときは、あのお店によってお買い物がしたい🎵」などのお声も。

そして、そんな観音寺の様子が楽しめるイベントが、つい先日開催され、終了しました。

「よるしるべ」です。

観音寺の夜の街を巡るイベント。
昼の様子とはちがい、街中が幻想的な風景となります。
プロジェクションマッピングで投影されたお寺の山門や参道、
点在する映像やあかりなどを道しるべに歩くイベントです。

今年で9回目となる「よるしるべ」。
地元のわたしでも、とっても楽しめるイベントでした。

アトリエでの教室に、そして観音寺散策にと、ぜひお越しくださいね。

 

2019_20191113091102

|

2019年11月 7日 (木)

さあ、どのようにしようかな♪

2019_20191107144201

 

“ワークショップ in 東京”の準備もしながら、依頼を受けたセーターの修繕も頑張らなくては!

「さぁ、傷の具合はどんなかな♪」

ちょっとワクワクしながら、セーターの修繕箇所をチェック。

う~ん、とっても気に入って着ていただけたようで、いろんなところが傷んでいました。

これはやりがいがあるぞ!

一番おおきな傷は、お腹部分の穴あき。

その穴だけだとまだいいのですが、前身頃のおへその位置の高さ10cmの幅で、横にず~っと編地の糸が薄くなっていました。

これだと、今あいている穴だけを閉じても、またいろんなところで同じように穴ができるでしょう・・・。

ということは・・、大掛かりな修繕が必要。

あ~でもない、こうでもないと工夫を考えた結果・・・

ふふっ、人が見たら「ひえー!」というだろうな🎵という修繕方法でチャレンジ中。

この箇所が終わったら、胸元のスリット開きのゴム編みを編み直して🎵と。

2019_20191107144202

 

|

2019年11月 5日 (火)

12月の岡山・アトリエの“フェアアイル日和”の受け付けが始まりました!

そうなのです!
東京でのワークショップだけでなく、岡山アトリエでの12月のフェアアイル教室“フェアアイル日和”の受け付けも始まりました!

月はじめにいろいろなことが集中したので、わたしの頭の中でも「?」となり、ブログでのお知らせが遅れてしまいました。
などと言っていましたら、12月21日(土)の岡山の教室は定員になりました。
ですが、22日(日)とアトリエは余裕があります。

岡山の教室は、編みたいものを持って来てレッスンをしていくスタイル。
ベストを編んでいる方や、カーディガン、手袋や、くつしたなどなど、編まれているものは様々。
なので参加されている方は、隣で編んでいる人の様子を見ることで、いろんな気づきもあるようですね。

そしてアトリエは、さらにディープ🎵
少人数でのレッスンなので、もうマンツーマン状態(笑)
といいますか、どちらかというとお友達の家で編み物をしている感じ🎵でしょうか。

それぞれの場所で、それぞれの特徴あるレッスンスタイルです。

でもすべてに共通しているのは、フェアアイルを編むことで楽しい時間を過ごしましょう🎵です。

岡山アトリエと、“フェアアイル日和”のご参加ご予約お待ちしております!

|

より以前の記事一覧