2020年3月23日 (月)

鳥の巣?

2020_20200321110702

 

あの・・・、

鳥の巣にするために、飾っているのではないんですけど・・このフライングリース。(と言うらしいです)

大好きな花屋さんに気分転換で覗いたところ、お店の天井にぶら下がっていました。

風に揺れて、きれい。

10分ほど考え、即決購入!(・・・この時間、「即決!」とは言わないのかな。。。)

家に帰り、ここかな?いや、あそこに吊るす方がいいかなぁ?天井を見上げて家中うろうろ。

やっとここ!と言うところが見つかり飾ることができて、気分がいい~♪ さぁ、仕事仕事♪

「ちょっとコーヒーでも淹れようかなぁ」と通りかかったところ、鳥の巣になっていました・・。

こんなことをするのは、我が家には一人しかいません。

とりあえず写真だけを撮って、声も出さずにスルー。

しばらく経ってみると、鳥さんは飛び立っていました・・・。

この鳥、と言うか鴨、オットの手作り。

暇なわけではなく(・・ほんとうは、ヒマなのか?)、家の前の川にいる鴨の観察実験に使うんだそうで、こそこそと作ってました。

まぁ、なかなか良くできてはいるのだけれども。

この鴨の観察実験は、webサイトのアウトドア―カルチャーのニュースサイト「Akimama」に掲載するようです。

まだ、実験は上手くいっていませんが・・・。

 

2020_20200321110701

 

 

|

2020年2月27日 (木)

いただいてしまいました♪

2020_20200227125601

またまた、いただいてしまいました。

手作り石けん♪

とってもうれしいです!

きれいにラッピングされ、シェトランドシープヤーンで結ばれています。

どの糸も、色番号を言えますよ♪

こんどは、美白の漢方が入っているとのこと!

美白を心がける・・・というのをすっかり忘れていた日常・・だったので、

このような贈り物は女子?としてとってもうれしいですね🎶

ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございました!

毎日の洗顔、大切に使っていきますね。

 

 

 

|

2019年8月23日 (金)

topiv の茶筒

Topiv_20190823120401

折りにふれ、お世話になっているtopivさん。

毎年開催している高知での個展が終わり、福井への帰り道に観音寺の我が家に遊びに来てくれました。

そして「お土産!」と、topivの茶筒と、高知市の豆蔵のコーヒー豆をもらいました。

かっこいー!茶筒と、世界一美味しい(我が家では)豆蔵のコーヒー!めちゃくちゃうれし~

そして近況のことや、仕事のことなどなど、久しぶりに会うので話したいことや聞きたいことが山ほど。

同じようにもの創りをして生活をしているのでね~、話し出すといろいろおしゃべりが尽きないですね。

そして、よい刺激に。

今年は高知での個展に行けず残念だったけど、来年は絶対に!

なんだかむくむくと、さぁ~頑張るぞ!

|

2019年4月28日 (日)

SILVER へ

2019amibaribagimgp9334

尾道へ行く一番の用事は、「SILVER」へ行くこと!

帆布でバックを作っている工房件ショップなのですが、どうしても一度バックを手にとって見たかったのです。

ふとしたことから「SILVER」を知り、ホームページにUPしている商品を「カッコいいバックをつくる工房だなぁ~」と眺めていました。
デザイン性、ナチュラル感、ハードな雰囲気と、抜け感と、いろいろな要素のバランスがとってもいいのです。
そして写真で見る限りでも、作りもしっかりとしていて、こだわった物創りをしてそう・・・。
う~ん・・・、誰かを思い出す・・・感じの人が作っているのだろうな~と。

そうして、もうこうなったら行くしかない!と尾道へ。

千光寺へのロープウェー乗り場近くにショップ兼工房がありました。
入ると、「あっやっぱりこの雰囲気・・・topivと同じだなぁ・・・」と。
黙々と作業をする作家さんの雰囲気も、工房の雰囲気も、そして、男の子が一人工房で遊んでいるのも一緒🎵
作っているものを見るだけで、不思議とわかるものですね・・・。

ゴッゴッゴッ・・と工業用ミシンの音がする中、ゆっくりと商品を見させていただきました。

写真ででも感じていたのですが、実物もやっぱりしっかりとした作り。
どのバックも、素敵なデザイン。

一番のお目当てのショルダーのバックを「やっぱりこれがいい!」と決めながらも、その隣に気になるバックが・・・。
高さというか深さは10cmちょっと、でも横幅は40㎝以上もあるなぁ~・・。
何に使うバックかとお店の方に尋ねたところ、
「テントのペグを入れるバックです。オーダーで作ったのですが、そのまま商品にしました。」と。

その横長のバックの雰囲気も可愛らしくって、気になって眺めていたら、
「あっ!40㎝の針が入る!」「ニッティングベルトも一緒に入るかも!」と思いつきました。

こうなったらどうしても欲しくなり、この横長のバックも購入を決断!
そして、ショルダーバックと横長のバックのオーダーをお願いしました。
(在庫数が多くないので、基本的には注文後の製作になるようです。)

そうして、そうして、楽しみにしていたバック2点が届きました。

針などの道具入れにと考えていたバックに、さっそく40㎝の棒針とニッティングベルトを入れてみて🎵
もう想像どおり!
全てがきれいに、ぴったりと納まりました!
感動!

厚手の帆布なうえに、さらに底部分は2重の仕立て。
針をしっかりと守ってくれそうです。
ニッティングベルトも、ここが私の居場所と言わんばかりに収まります。

物とは出会いだと常日頃感じています。
探しても見つかりません。
しかし、ふとした拍子に出会うのです。
でも、直感も大切です。

素敵なバックたちと巡り合えて、ほんとうに幸せです。

 

|

2019年4月18日 (木)

カメラ

2019_9

新しいカメラがやってきました。
新しいといっても、中古です🎵ややこしいですね・・
カメラが使いこなせないわたしにとっては、中古で十分。

リコーのGRを10年ほど使っていたのですが、液晶画面がとうとう真っ暗になってしまいました。
長年使ってきたカメラは、オットが「GRがいいんでない」なんて言うので選んだんですが、
そして今回も「いい中古がでてるよー」と見つけてくれました。
しかも状態が良い割には格安!

ということで、富士のX10に!

物を買うとき心に問いかけることは、「もってて、ワクワクするか?」です。
機械の性能が一番なのでしょうが、それだけではさみしいです。
このカメラはなんだか可愛らしく、電源の入れ方からカッコよく、とっても気に入りました。
一番大切な写真の写りは・・・。
オット曰く「前のよりは断然きれいに映るよ」とのことなので、きっといいのでしょう。

前のカメラは、福ちゃんばかり撮っていました。
福ちゃんはもういないから、新しいカメラでは何をとろうかなぁ~。
とりあえず、さっそくカメラをもって出かけたいなぁ~
あっ、明後日から“フェアアイル日和”だった🎵

 

|

2019年4月12日 (金)

手作り石けん

2019_8

「やっと使える~🎵」とワクワクしながら、
シェットランドシープヤーンのくさり編みの紐をほどき、ワックスペーパーの包みを広げました。
すると、ラベンダーのいい香り🎶

3ヶ月ほど前に、手作り石けんをいただきました。
でも、1週間前に洗顔フォームを使い始めたばかり・・・。
今すぐにでも手作り石けんを使いたい気持ちを抑えて、この日が来るのを待っていました!
使い心地は?
もう最高です!
洗い後のきしむ感じもなく、かといって保湿系の洗顔フォームのようにぬめり感もなく、肌もつるっとしてとってもやさしいです。

「手作り」って心がワクワクしたり、じんわりと温かになったり、使っている間ず~っとうれしさがつづきますね。

ten old のキットでも、プレゼントに編みます🎵というお話を多くいただきます。
きっとフェアアイルを贈られた方も、着ている間ず~っと幸せなのでしょうね。
そうですよね、編んでいる間の長い時間を贈る方のよろこぶ顔を想像し、幸せを思うのですから。

いただいた2個の石けんたちのために、新しくソープディッシュを買いました。
石けんが解けないように、無印良品で水切りの発泡ウレタンも。
大切に使いますね🎵

|

2016年4月 5日 (火)

のり子ちゃんのブローチ

Photo

 
となり町に住むいとこののり子ちゃんから封筒が届きました。
もこもこと膨らんでいる封筒。
「なんだろなぁ・・・」
封を切って、
中に入っているものを手のひらに滑らせると、フェルト細工が♪
 
羊には「ten old 」のロゴが入り、口には毛糸玉をくわえています。
もう一つは、赤や生成りや茶色の毛糸玉が入ったバスケット。
 
話を聞いてみると、最近作品作りを始めたとのこと。
そして多度津町や宇多津町のカフェにもおいてもらっているとのこと。
 
「ゆかちゃんのお友達でも、欲しい人がいたら作らせてもらうよ♪」と。
皆に教えてあげなくては!
 
小さな頃からユニークな発想で、絵を描いたり、表現をしてきた彼女。
それが本業となって、たくさんのうれしい評価もいただいたり。
フェルト細工でも、きっと豊かな発想で温かなもの創りをするんだろうなぁ。
う~ん!楽しみだなぁ!  
 
可愛らしいブローチたち
ほんとうにありがとう。
大切にするね♪   

|

2015年9月16日 (水)

虫よけスプレー

Photo

 
オットが山取材の帰りに、手作りのハーブの虫よけスプレーをいただいてきてくれました。
 
あまりのいい香りに、虫もいないのに腕にかけたり、カーテンにかけたり。
 
さわやかでスッーとする、ほんとうにいい香り。
 
ありがとうございました。
 
 

|

2015年4月25日 (土)

編み針その後

2015

 
ちょっと早い誕生日のプレゼントにもらった愛用のメーカーの編み針。
たしか・・・、8月のお盆過ぎにブログで紹介しました。
この針で5ヵ月間にわたり、2015年新作フェアアイルの全14作品を編みました。
そして、その後の編み針です。
 
左4本が、怒涛の作品作りの毎日を共に過ごした友(編み針)です。
右の1本は、ケースから出したばかりの新品。
テーパーがかかる前の肩を揃えて置いてみました。
鋭かった針先は丸くちびています。
 
写真ではいまいち分かりにくいのですが、この丸さなかなかなものなのです。
作品創りの後半はすでにちびていて、ずいぶんと編みにくくなっていました。
でもここまで一緒に編んできたのだからと、この針たちに頑張ってもらいました。
もう、友です。
今はケースの中で休んでもらっています。
 
1年で何セットの針を新しくするのでしょう・・・?
思えば数えたことがありません。
針先が丸くなって使えなくなったものは、その針たちが休む箱にしまいます。
ずいぶんと重くたまりました。
・・・もう一度テーパーをつけて使えないものかと・・・本気で考えてみたり---。
 
ほんとうに、道具たちには感謝ばかり。
これからも、大切に愛用していかなくてはいけませんね。
 
♪♪さん、♥♥さん、針のプレゼントありがとうございました。
新作フェアアイルづくりをいっしょに頑張ってくれましたよ。

|

2014年8月18日 (月)

たんじょうんびプレゼント

Photo

 
7月に、5カ月早い誕生日プレゼントをいただきました。
 
愛用している、メーカーの針です。
 
むかしむかし、シェットランド諸島を巡る旅をしたとき、ラーウィックの毛糸屋さんで進められてからこのメーカーの針一筋に使い続けています。
 
お裁縫柄とギンガムチェックの布で、可愛らしくラッピングされた針。
 
一つ一つから温かな心と、応援していただけていることが伝わってきます。
 
今回の新作は、この針で作ることにしました。
 
握る手の中の針が、これから続く作品創りに勇気をくれるでしょう。
 
本当にありがとうございました。
 
針のケースには、お2人のお名前を書きました。
 
同じ針がたくさんあるので、間違えたらいけませんものね。
 
そして今、その針を使ってメンズのプルオーバーセーターを編んでいます。
 
脇下まで編んだところです。
 
ここまで編んで・・・、むちゃくちゃ可愛いのです!
 
メンズで「可愛い」のもおかしいですが。
 
あ~、完成が楽しみ。
 
楽しみすぎて、またまた指が割れるほどのスピードで編む日々です。
 
 
 

|

より以前の記事一覧