2019年4月18日 (木)

カメラ

2019_9

新しいカメラがやってきました。
新しいといっても、中古です🎵ややこしいですね・・
カメラが使いこなせないわたしにとっては、中古で十分。

リコーのGRを10年ほど使っていたのですが、液晶画面がとうとう真っ暗になってしまいました。
長年使ってきたカメラは、オットが「GRがいいんでない」なんて言うので選んだんですが、
そして今回も「いい中古がでてるよー」と見つけてくれました。
しかも状態が良い割には格安!

ということで、富士のX10に!

物を買うとき心に問いかけることは、「もってて、ワクワクするか?」です。
機械の性能が一番なのでしょうが、それだけではさみしいです。
このカメラはなんだか可愛らしく、電源の入れ方からカッコよく、とっても気に入りました。
一番大切な写真の写りは・・・。
オット曰く「前のよりは断然きれいに映るよ」とのことなので、きっといいのでしょう。

前のカメラは、福ちゃんばかり撮っていました。
福ちゃんはもういないから、新しいカメラでは何をとろうかなぁ~。
とりあえず、さっそくカメラをもって出かけたいなぁ~
あっ、明後日から“フェアアイル日和”だった🎵

 

|

2019年4月12日 (金)

手作り石けん

2019_8

「やっと使える~🎵」とワクワクしながら、
シェットランドシープヤーンのくさり編みの紐をほどき、ワックスペーパーの包みを広げました。
すると、ラベンダーのいい香り🎶

3ヶ月ほど前に、手作り石けんをいただきました。
でも、1週間前に洗顔フォームを使い始めたばかり・・・。
今すぐにでも手作り石けんを使いたい気持ちを抑えて、この日が来るのを待っていました!
使い心地は?
もう最高です!
洗い後のきしむ感じもなく、かといって保湿系の洗顔フォームのようにぬめり感もなく、肌もつるっとしてとってもやさしいです。

「手作り」って心がワクワクしたり、じんわりと温かになったり、使っている間ず~っとうれしさがつづきますね。

ten old のキットでも、プレゼントに編みます🎵というお話を多くいただきます。
きっとフェアアイルを贈られた方も、着ている間ず~っと幸せなのでしょうね。
そうですよね、編んでいる間の長い時間を贈る方のよろこぶ顔を想像し、幸せを思うのですから。

いただいた2個の石けんたちのために、新しくソープディッシュを買いました。
石けんが解けないように、無印良品で水切りの発泡ウレタンも。
大切に使いますね🎵

|

2016年4月 5日 (火)

のり子ちゃんのブローチ

Photo

 
となり町に住むいとこののり子ちゃんから封筒が届きました。
もこもこと膨らんでいる封筒。
「なんだろなぁ・・・」
封を切って、
中に入っているものを手のひらに滑らせると、フェルト細工が♪
 
羊には「ten old 」のロゴが入り、口には毛糸玉をくわえています。
もう一つは、赤や生成りや茶色の毛糸玉が入ったバスケット。
 
話を聞いてみると、最近作品作りを始めたとのこと。
そして多度津町や宇多津町のカフェにもおいてもらっているとのこと。
 
「ゆかちゃんのお友達でも、欲しい人がいたら作らせてもらうよ♪」と。
皆に教えてあげなくては!
 
小さな頃からユニークな発想で、絵を描いたり、表現をしてきた彼女。
それが本業となって、たくさんのうれしい評価もいただいたり。
フェルト細工でも、きっと豊かな発想で温かなもの創りをするんだろうなぁ。
う~ん!楽しみだなぁ!  
 
可愛らしいブローチたち
ほんとうにありがとう。
大切にするね♪   

|

2015年9月16日 (水)

虫よけスプレー

Photo

 
オットが山取材の帰りに、手作りのハーブの虫よけスプレーをいただいてきてくれました。
 
あまりのいい香りに、虫もいないのに腕にかけたり、カーテンにかけたり。
 
さわやかでスッーとする、ほんとうにいい香り。
 
ありがとうございました。
 
 

|

2015年4月25日 (土)

編み針その後

2015

 
ちょっと早い誕生日のプレゼントにもらった愛用のメーカーの編み針。
たしか・・・、8月のお盆過ぎにブログで紹介しました。
この針で5ヵ月間にわたり、2015年新作フェアアイルの全14作品を編みました。
そして、その後の編み針です。
 
左4本が、怒涛の作品作りの毎日を共に過ごした友(編み針)です。
右の1本は、ケースから出したばかりの新品。
テーパーがかかる前の肩を揃えて置いてみました。
鋭かった針先は丸くちびています。
 
写真ではいまいち分かりにくいのですが、この丸さなかなかなものなのです。
作品創りの後半はすでにちびていて、ずいぶんと編みにくくなっていました。
でもここまで一緒に編んできたのだからと、この針たちに頑張ってもらいました。
もう、友です。
今はケースの中で休んでもらっています。
 
1年で何セットの針を新しくするのでしょう・・・?
思えば数えたことがありません。
針先が丸くなって使えなくなったものは、その針たちが休む箱にしまいます。
ずいぶんと重くたまりました。
・・・もう一度テーパーをつけて使えないものかと・・・本気で考えてみたり---。
 
ほんとうに、道具たちには感謝ばかり。
これからも、大切に愛用していかなくてはいけませんね。
 
♪♪さん、♥♥さん、針のプレゼントありがとうございました。
新作フェアアイルづくりをいっしょに頑張ってくれましたよ。

|

2014年8月18日 (月)

たんじょうんびプレゼント

Photo

 
7月に、5カ月早い誕生日プレゼントをいただきました。
 
愛用している、メーカーの針です。
 
むかしむかし、シェットランド諸島を巡る旅をしたとき、ラーウィックの毛糸屋さんで進められてからこのメーカーの針一筋に使い続けています。
 
お裁縫柄とギンガムチェックの布で、可愛らしくラッピングされた針。
 
一つ一つから温かな心と、応援していただけていることが伝わってきます。
 
今回の新作は、この針で作ることにしました。
 
握る手の中の針が、これから続く作品創りに勇気をくれるでしょう。
 
本当にありがとうございました。
 
針のケースには、お2人のお名前を書きました。
 
同じ針がたくさんあるので、間違えたらいけませんものね。
 
そして今、その針を使ってメンズのプルオーバーセーターを編んでいます。
 
脇下まで編んだところです。
 
ここまで編んで・・・、むちゃくちゃ可愛いのです!
 
メンズで「可愛い」のもおかしいですが。
 
あ~、完成が楽しみ。
 
楽しみすぎて、またまた指が割れるほどのスピードで編む日々です。
 
 
 

|

2012年4月13日 (金)

わたしの道具

Photo

いきなりの煮豚用のタコ糸の写真?

なんだろうって思われますよね。

フェアアイルを編む上での、愛用のものなのです。

わたしはフェアアイルを編むとき、身頃の編み始めはゴム編みから編まず、別糸で鎖を編み、そして目を拾って編み込み模様を編み始めます。

ということで、身頃のゴム編みは、一番最後に作ることとなります。

さまざまな理由で、そのような方法で作っています。

そのとき必要になるのが、このタコ糸!

タコ糸が一番いいのです。

鎖を編んでから1段目の目数を拾うとき、タコ糸は適度な張りがあるので、目がひろいやすいんです。

それになんといっても、お値段が安いですしね♪

とっ、なんでこのようなネタを書くかといいますと・・・。

先日、来週になりました教室に参加される方々に案内状をお送りした。

その中の“持ってきていただきたい道具”の中に“タコ糸”と記述したのですが、タコ糸でもどんなものがよいか迷われていたらいけないと思い、タコ糸について書いておこうと思いました。

私が使っているのは、上の写真のものになります。

これは、スパーマーケットのキッチン道具売り場(竹串や、バランなどなどがあるところ)で、置いてあったものです。

もちろん同じものでなくてもいいですよ。

ただ、糸の細めのものをお選びください。

百円均一のタコ糸を買ったことがあるのですが、これは糸が太く、撚りも甘いので糸が割れて使い勝手が悪かったです。

キッチン道具売り場のものは100円では買えないのですが、でも私が使っているタコ糸ぐらいの細さのものがよく置かれています。

タコ糸の用意を考えていらっしゃる方は、スーパーやホームセンターのキッチン道具売り場をのぞいてみてください。

とっタコ糸について書きましたが、お手元に作り目用の紐をお持ちでしたら、もちろんそれをお持ちいただいてもいいのですよ。

作り目の数は100目足らずとなりますので、その100目ほどが作れる長さでしたら、お手持ちのものを持ってきてくださいね。

4月の教室の参加募集をしたときは、「あー・・・“フェアアイル日和”まで、まだ一ヵ月半もあるな・・・」と待ち遠しく思っていたのですが、もう来週となりました!

この「あと一週間!」も、待ち遠しくって!

楽しみですね♪

皆様とご一緒にフェアアイルを編めますことを、とっても楽しみにいたしております♪



| | コメント (0)

2011年7月 5日 (火)

プレゼント

Photo

いとこ姉妹から、手作りのかわいい切り絵のモールをもらしました。

わたしをイメージして、デザインしてくれたのでしょうね。

ひつじと、毛糸と、セーターです。

よーく見ると、ひつじとセーターが同じ柄!

とってもうれしいプレゼントです。

でも、このモールを持ってきてくれた日は、彼女たちが前日 大歩危で激流ラフティングで楽しんだ次の日。

1時間半かけて、車で持ってきてくれました。

やっぱり若い!

元気ですね!

ま~ったりとしたのんびり姉妹ですが、ラフティングにチャレンジする好奇心と、このように可愛らしいものを手作りする繊細な心。

歳のはなれたいとこ姉妹、いつのまにか好奇心いっぱいに毎日を楽しめる女性になっていたようですね。

でもこのモール、つるして写真をとりかったなー。

ゆれて、上手に撮れませんでした。

写真って、難しい・・・。

風にゆれると、まるいわっかの中で、ひつじと、セーターと、毛糸がくるくると回って、ほんとうにかわいらしい・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

サミ子さんのバッグ

2009_2

“サミ子バッグ”、素敵でしょ!

写真は少し黄色かぶりをしてしまい・・・、実物はもっともっと可愛いのですよ!

このバッグは、禁酒會舘の1階にある“ラヴィアン カフェ”のマスターのお母さん、サミ子さんが作りました。

カフェのお給仕をする傍ら、一目一目丁寧に編み上げられたバッグです。

このバッグ、色の組み合わせがなんとも楽しいのです!

“サミ子バッグ”を一目見た次の瞬間にはもう、サミ子さんにバッグのオーダーをしていました。

サミ子さんにしかできないこの色使い・・・、傍らにあるだけで楽しい気分になるのです。

この“サミ子バッグ”に出会ったのは、昨年の12月の“Due hands”のときでした。

カフェの一角にあるギャラリーなので、カフェの様子もよくわかります。

そうすると、カフェのお客様が一段落し静かになると、今までお給仕をしていた女性がカギ針で編み物をはじめました。

音楽の流れていないカフェで、ゆっくりと、ゆっくりと針を編み進めています。

その空気がなんとも優しく、・・・懐かしく・・・、ただ ただ見ていました・・・。

そして、おもむろに伺ってみると、バッグを編んでそれを皆さんにお分けしているとのこと。

わたしがギャラリーを借りたその前の週は、そこで作品展をしたんです・・・とも話してくれました。

“Due hands”の1週間、サミ子さんの編んでいる手を見るのが、わたしの楽しみの一つになりました。

物を作っている人の手って、なんとも美しい・・・。

この“サミ子バッグ”がわたしのところに来てからは、カメラバッグとしていつも肩から掛けて出かけています。

そう、ワクワクとウキウキと心を弾ませながら!

| | コメント (0)

2008年8月 1日 (金)

わが家の昭和

1

実家をごそごそとしていたら、昭和を感じるグラスたちが出てきました。

意外と物覚えがいいわたしなのですが、小さな頃にも見た記憶がないものたちでした。

きっと母の母、つまり祖母の愛子はん(舞子はぁん、といったイントネーションです)のものだったのではないかと・・・。

愛子はん は京女で、ハイカラ好きでした。

言葉使いや身なりは京女の風情が漂っているのですが、持つものはどこか可愛らしく、ハイカラなものが多かったように思います。

食べるものもクラムチャウダーに、バケット、といった洋食を好んでいました。

今生きていれば、95歳になるのかしら・・・。

なんだか血は脈々と受け継がれているようで、母もわたしもこういった物が大好きなのです。

ひょんなところから出てきた、わが家の昭和。

これからは、わが家で楽しませてもらおうと思います。

2

3

| | コメント (2)

より以前の記事一覧