2020年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます!

2020

2020年が始まりました!
いつもと変わらない朝なのに、1月1日は真っ新なノートを開いたときのような気持になります。

お雑煮を食べ、琴弾八幡さんへ初詣に行き、いつもの海を見ました。

見馴れた景色だけれども、海からの風をうけながら立っていると、
何気ない日常を大切にしながら今年も楽しく頑張るぞ!という気持ちに。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

🎵写真の砂絵は、観音寺の名所の「銭形」です。
銭形を見ると、一生お金に不自由しないとか・・・。
今のところ恩恵はうけていないように感じるのだけれど・・・、
携帯の待ち受けにでもした方がいいのかなぁ。

|

2019年12月19日 (木)

肩が・・

左肩が痛くなって完治するまで一年半・・。 ← このとき四十肩

そして数年後・・・

今度は右肩が痛くなってしまいました・・。 ← これ、五十肩

肩が痛いとはいえ、可動域ができるだけせばまらないように、
「イテテテテ・・・・・・・」といいながら軽くストレッチ。

でも気温が冷えていくのと同じくして、肩から肘までの筋までも痛くなってしまいました・・・。
そうすると今度は、肘の関節の下あたりのこんもりとした筋肉が痛くなり・・。

この筋肉、わたしにとってフェアアイルを編むときにとっても大切な筋肉。

ニッティングベルトのクッションに編み針を差し、右手の指に2本の糸を掛けて編むのですが、
人差し指と中指にかけた糸のテンションをコントロールしているのが、どうもこの筋肉なのです。

手袋を編んでいたのがいけなかった・・・。
小さなものを編むときは、知らず知らずのうちに余計な力が入っているのでしょうね。
そうすると負担がかかり、弱っているところに炎症がおきてしまう・・。

そんなこんなで、1週間。
編み物は禁止で、違う作業をしていました。

あー!でもそろそろ編みたいなぁ!手袋の続きが編みたい!
ぜったいに可愛いのが出来上がるから、早く完成を見たい!

右手の細かな作業をしない日々を1週間過ごしたら、ひじの下の筋肉の痛みも治まり、肩から肘までの筋の痛さも消えました。
相変わらず、腕を動かすと肩には激痛が走るのですが。

ま~左肩もふとした時から急速に直ったのだから、右肩もそうなる日を待ちながら。

しかし、五十肩恐るべし・・

|

2019年12月 8日 (日)

夕空

2019_20191208085201

 

昨日の夕空。

きのうの、観音寺の夕方はこんなかんじでした。

空も、海も、ピンクに染まっていました。

一週間後のアトリエでの教室が終わったあと、こんな夕空になればいいのになぁ・・・

みなさんにも、見ていただきたいなぁ。

 

 

 

|

2019年11月13日 (水)

よるしるべ

2019_20191113091101

 

なんだかバタバタとしていて、ブログが追い付かないこのごろ・・・

11月のアトリエの教室も、楽しくあっという間に終わりました。

少人数制なので、もうマンツーマン状態!
難関の肩下がりの説明も、丁寧にお伝えをすることができました。
お父さんと、お母さんへのクリスマスプレゼントのベストが間に合いそうですね🎵

あとこれまた、ちょっとややこしいところ・・
お袖の製図・目数の出し方と、身頃からのひろい目もお勉強。
こちらの方も、お母さんへ編まれているフェアアイル。
皆さん、素敵に仕上がるといいですね🎵

そしてアトリエでの教室を開催することでうれしいのが、観音寺も楽しんでいただけていること。

観音寺は昔からの港町。
そして、商人の街でもありました。

街は財田川の南側が中心部となり栄え、わたしが住む地域も昔ながらの風情が残っています。

路地裏に入ると並ぶ昭和の家の合間合間に、
えびせんべいの手焼き工房があり、かまぼこ工場からは平天を揚げたいい香りがしてきたり、お寺が点在していたりと、
ぽくぽくと街歩きをするのが楽しいところです。

教室にお越しになる皆さまは、そんな街の雰囲気に気がついていただけたのか、
「次に来たときは、あのお店によってお買い物がしたい🎵」などのお声も。

そして、そんな観音寺の様子が楽しめるイベントが、つい先日開催され、終了しました。

「よるしるべ」です。

観音寺の夜の街を巡るイベント。
昼の様子とはちがい、街中が幻想的な風景となります。
プロジェクションマッピングで投影されたお寺の山門や参道、
点在する映像やあかりなどを道しるべに歩くイベントです。

今年で9回目となる「よるしるべ」。
地元のわたしでも、とっても楽しめるイベントでした。

アトリエでの教室に、そして観音寺散策にと、ぜひお越しくださいね。

 

2019_20191113091102

|

2019年10月31日 (木)

気がつけば、月末・・

たしか・・カレンダーは見ていたはずなのですが、この4~5日、すかりと日にち感覚が抜けていたようです。

今日が何月何日か・・・と改めて気づき、本気でびっくりしました。

10月31日なのです!

この数日、修繕依頼のセーターをどのようにお直しをしようか・・と悩んでいました。

実際にいろいろな方法を試したものの、自分にとって納得がいかなく、ずーっと考え中。

苦しくなると、頭の奥底にある「もう、いろいろ考えずに、ズバッとやるしかない」という声に従いそうになるものの、

それは最終手段としてとっておいて、もっといい方法はないものか・・・と。

でも、その「ズバッ!」とが、けっきょく一番いい方法なのかな・・・

と夢中になっていたら、31日ではないですか!

明日は11月1日でホームページの更新と、12月の教室の受付。

そして明後日の2日(土)は、午前9:00から“ワークショップ in 東京 2019 秋”の受付開始です!

東京のワークショップはもう何度も開催しているものの、毎回ドキドキとしますね。

参加をお考えの方も、そうでしょうか?

皆様が楽しんでワークショップをご参加いただけるよう、しっかりと準備を進めていきますね。

|

2019年10月 3日 (木)

栗とすだち

2019_20191003085001

月頭の1日の大切な仕事、

10月のフェアアイル教室の案内状をパソコンに向かって仕事をしていたら、

徳島に住むお友達夫婦が訪ねてきてくれました。

「海に魚を突きに来て~」「寄ってみました~」

久しぶりに会うお二人。

真っ黒で元気そうで何より。

夫婦そろって真っ黒なのは、徳島のつるぎ町で「Trip」というアウトドア―のツアー会社を経営しているから。

川に山にとガイドをしているので、日焼けはがんばって仕事をした証拠。

「うちの山で実った、栗と、すだちです~」と、うれしいお土産!

大きく立派な栗はつやつやで、すだちにちょっと傷があるのは、成るがままに無農薬で育った証し。

さぁ、栗!

どうしましょう?

栗ごはん?それとも塩ゆでしてスプーンですくっておやつで食べる?

その他、どんな料理があるのかな?

でもなんだかんだと考えても、この秋最初の栗は、栗ごはんでしょ!

昼ご飯を食べたあと、きっと眠くなるから、目ざましに栗でも剥きましょう🎵

ということで、岡山、アトリエの教室の案内状は昨日の2日に発送しました。

今日、お手元に届くと思います🎵

|

2019年9月11日 (水)

フェアアイルをデザインするように♪

2019_20190911113901

いやーほんと、植物はダメですね・・。

ダメといっても「キライ」というのではなく、名前もよく覚えられないし、育てるのも下手だし・・・なのです。

でもグリーンや花は好きなので、我が家にも幾種類かのハーブや花を植えています。

ハーブは料理にも使うので名前はわかるのですが、植えた花の名前をすぐに忘れてしまうという・・。

でも、失敗しながらでも、どうにかこうにか頑張って育てています。

そんなかんじですが植物を選ぶとき、どうしても気になるのが「葉の色と形と、花の色」。

小さな花壇ですが、植えたときに葉の色と形が同じような植物が隣り合わないようにと、いつも「あーでもない、こーでもない」とずっと考え続け、なかなか配置が決まりません。

まるで、フェアアイルのデザインをしているときと同じ。

でもフェアアイルと違うのは、その後植物たちが自分たちでデザインを変えていくこと。

その植物がどこまで大きな株になるか分かっていないので、間隔をあけたつもりでもいつもぎゅうぎゅうに。

フェアアイルをデザインするようにはいきませんね・・。

お勉強しなくては・・。

 

|

2019年8月29日 (木)

三升漬け

2019_20190829132601

待ちに待った青唐辛子が手に入ったので、さっそく三升漬けを作りました。

三升漬けは、我が家になくてはならない調味料。

しゃぶしゃぶなどのお鍋の薬味や、冷奴、マヨネーズに入れてディップソースなど、一年中大活躍。

青唐辛子と、米麹と、お醤油、この三つを同割で瓶につめれば完成と、とってもお手軽に作れます。

青唐一升、米麹一升、醤油一升、合わせて三升。

これが三升漬けの名前の由来だとか。

前回作ったのは2年前。

そのとき、青唐辛子を包丁で刻むのを素手でやってしまったものだから、そのあと手が焼けるようにヒリヒリと大変なことになりました。

今回はしっかりと手袋を準備して、100本ほどの青唐をがんばって刻みました。

もちろん、換気扇も回しながら。

一日一回かき混ぜて、もう少しのあいだ常温で馴染ませてから冷蔵庫に入れましょう。

しかし今年食べるのは、・・だいぶん辛いかな。

でも、青青しい青唐辛子の香と辛さも、これはこれでいいものです。

|

2019年7月15日 (月)

銭形まつり

2019_20190715120702

何年ぶりでしょう?

銭形まつりの花火を見るのは。

この夏祭りのときは、たいていは岡山での教室と重なります。

花火はいつも土曜日なので、見ることができず・・・

でも今年は、たまたま曜日の並びから岡山の教室とは重なりませんでした。

しかし、この土日は雨模様・・・

土曜日の花火は中止になってしまい、日曜日も朝から雨が降ったりやんだり。

もうだめかなぁ~と思ていたら、予定時間の1時間前にやみました。

小さなころから変わらない、打ち上げの間がちょっと長い花火大会。

「あれ、おわったのかなぁ・・・」と思って帰り始めると、背中越しに次のが打ちあがる💦

そんな様子でも、わたしたちにとっては、とっても楽しみにしている花火です。

この花火を見終えると、夏が始まったのか・・・もう時期終わるのか・・・、ちょっと不思議な気持ちになります。

2019_20190715120703

|

2019年3月13日 (水)

ちょっと休憩に

2019

 
髪型が素敵な、ウミアイサの夫婦。
妻を見つめる夫の目がちょっと怖い・・・
 
家の前が川で、それも河口に近いので、いろんな種類の水どりがやってきます。
仕事の合間に「ふ~う・・・」と一息、二階の窓から鳥観察が良い気分転換に。
 
カルガモ、オカヨシガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、の鴨チーム。
 
ユリカモメ、ウミネコ、セグロカモメ、のかもめーチーム。
 
ときどきやって来ては、ダイブして魚を取るミサゴ。
 
そして、この冬のお気に入りが、このウミアイサの夫婦2組。
冬は川の水も澄んでいるので、ウミアイサが潜って魚を追うのも見えます。
 
どちらの夫婦もなかなかの恐妻家で、鳥を見てわが身を正す・・・。
鳥もようも様々・・・。
 
あー・・・、鳥ばかり見ていないで仕事に戻ろう!
 
鳥好きの○○さんと、○○さーん、ちょっとだけ楽しんでいただけましたか。
個展でフェアアイルそっちのけで盛り上がった鳥のお話、楽しかったです♪
 

|

より以前の記事一覧